簡単でおすすめの美味しい牡蠣鍋レシピ(味噌味編)!、我が家の
秘伝を紹介しちゃいま~す♬


        スポンサードリンク

寒くなって来るとどうしても献立・メニューに鍋物が入りがちになって
来ちゃいますが・・・実際美味しいんだからしょうがないですよね 笑

しかもお母さん的立場で言わせて頂くと、普段の料理に比べると?
鍋って調理する手間が結構省けるので、作り方的に?調理法的に?
すごく簡単で楽ちんなんです♪

そんな誰からも愛される鍋ですが、今回はその中でも牡蠣鍋に関して
レシピ、材料と作り方(調理法のコツ)をお伝えしようと思います

まぁ牡蠣鍋を問わず、料理なんてどの材料でどんな風に調理しようと
全く問題が有りませんので、これから書くレシピも一つの参考事例と
して見て欲しいのでどんどんご家庭でアレンジしちゃって下さいね!

ちなみに牡蠣鍋のメイン材料となるこの牡蠣なんですが、まぁ皆さん
既にご存知だとは思うんですが、非常にヘルシーで健康に良いコトで
有名になっている食材の一つです

牡蠣の良い所(特徴)の一例を列挙しておきますと:

▲亜鉛:貧血の改善、激増する「味覚障害」の低減、あらゆる細胞の
 再生に効果的=美肌効果有り
▲グリコーゲン:疲労回復に必要不可欠な成分
▲天然タウリン:胃がんの原因になるピロリ菌が出す有害毒素を除去
 二日酔い・悪酔いしない
▲ミネラル:女性の体の様々なトラブルに効果的

コレ・・・牡蠣鍋しないと損ですよね♪ 笑

関連する記事:
■ 「タラバガニの美味しい食べ方【冷凍・解凍・焼き・鍋・蒸す】」
■ 「薬膳火鍋のレシピ(材料・作り方)、自宅で美肌・美容・ダイエット♪」
■ 「簡単ローストビーフの作り方! 電子レンジでお手軽手作り絶品タレ付き」
良かったら参考になさって下さい

     牡蠣鍋 レシピ 味噌 簡単 美味しい 作り方

簡単美味しい牡蠣鍋(味噌味)レシピ/具材編

ではまず牡蠣鍋(味噌味)を作る前に下準備で用意する具材・材料の
紹介です ※勿論お好みでアレンジ大歓迎です

【牡蠣鍋(味噌味)の具材(4人分)】

■メイン具材
生の牡蠣(生食用):380g
白菜:500g
大根:380g
人参:5mm程度のモノ8枚
春菊:200g
しいたけ:8個
舞茸:2パック
しめじ:2パック
白滝:1パック
長ネギ:2本

■薬味
万能葱:適量

■スープ(出汁)
水:1200ml
白だし:大さじ2
味噌:300g
酒大さじ:6
みりん大さじ:2
しょう油小さじ:2
塩:少々

■牡蠣を洗う用の水
塩水:適量

※味噌が一番意見が分かれる所になります
候補としては、白みそ、赤みそ、信州みそ(白みそと赤みその中間?)
と有りますが、お好みのお味噌でお試しくださいね
(我が家は白みそが多いかな?)

簡単美味しい牡蠣鍋(味噌味)レシピ/作り方(下準備)編

では次に牡蠣鍋の作り方、下準備の説明をして行きますね

【牡蠣鍋(味噌味)の作り方/下準備】

1.白菜を洗って水気を切り、カット売りのものは切り口を少し切り
落として一口大の大きさに切り、芯と葉の部分を分けておきます

2.大根は皮をむいて5mm位の厚さに輪切りにし、4等分に切ります
(いちょう切り)

3.人参も5mm程度の輪切りにします
(お花型に切り込みを入れると見映え良し)

4.春菊は洗って水気を切り食べやすいサイズに切っておきます
又、長ネギも洗って水気を切り斜めに5mm程度に切っておきます

5.キノコ類(しいたけ、舞茸・しめじ)は濡れたキッチンペーパー等で
汚れをサッと拭き取る程度で構いません
(しいたけの傘に「十字切れ込み+斜め包丁」を入れると見映え良し)

※[コツその1.] 洗うと貴重な風味が損なわれてしまいます!

6.舞茸・しめじを食べやすい大きさにほぐし余分な部分を切り取ります

7.白滝を水で洗った後水気をきり、食べ易く切ります

8.ボウルに牡蠣の洗い水を入れ、ザルに入れた牡蠣を洗いながら汚れを
落とし水気を切ります

※[コツその2.] 洗い過ぎると旨みも逃げる様に思うので適度に見切って!

簡単美味しい牡蠣鍋(味噌味)レシピ/作り方(調理方法)編

では最後に牡蠣鍋の作り方、調理方法の説明をして行きますね

【牡蠣鍋(味噌味)の作り方/調理方法】

1.鍋にスープ(出汁)の材料を全て入れて火にかけ塩で味を整えます

2.スープ(出汁)の中に白菜の茎の部分、大根、春菊、長ネギ、しいたけ、
舞茸、しめじを並べる様に入れ、白菜の葉の部分を同じ茎の近くに入れます

3.にんじん、しいたけを入れた後一旦蓋をして煮立たせ、野菜類がしんなり
としてきた時点で真ん中に主役の牡蠣を入れます

※[コツその3.] 牡蠣を鍋に入れた際に牡蠣の表面に膜が出来れば(霜降り)
取り出して冷水で一旦冷ます(臭みを取り旨味を閉じ込めるのに大変有効)

4.牡蠣に火が通ったら完成です(煮過ぎないように)♬

という訳で、今回は牡蠣鍋のレシピ、ヘルシー味噌味編という事でその具材
・材料から作り方(下準備、調理方法)を紹介して来ました

何度も言う様に料理のレシピって千差万別で、コレ!と決まってる事なんて
一つも無いと思ってます

正直、是非一度はこの方法で牡蠣鍋作って欲しいなぁとは思ってますが 笑

是非お好みで、どんどん自由にアレンジしちゃって、あなただけのオリジナル
レシピを開発して欲しいと思ってま~す☆


        スポンサードリンク