節分の時期が近づいて来ると、今年の恵方巻きはどの方角を向いて
食べるのか?みたいなことが節分のネタとして話題に上ることも多い
かなと思うんですが

豆まきや恵方巻き程の存在感は無いのかも知れませんが、魔除けや
邪気除けに、柊鰯(ひいらぎいわし)を飾ることも、少しは知られてる
のかなと思います


      スポンサードリンク

但しこの柊鰯(ひいらぎいわし)、何となく見た事は有る、聞いたこと
は有るけども・・・

▲柊鰯(ひいらぎいわし)ってどうやって飾るの、飾り方は?
▲柊鰯(ひいらぎいわし)っていつからいつまで飾るの?
▲柊鰯(ひいらぎいわし)は食べるの?捨てるの?

と言うコトを知らない方も結構いらっしゃいます 笑

そこで今回は簡単になんですが、柊鰯(ひいらぎいわし)の飾り方や
いつからいつまで飾るのか、食べるの?捨てるの?と言う事を紹介
しておこうと思ってます

ちなみに柊鰯とは柊の葉の棘(トゲ)が鬼の目を刺すので門口から
鬼が入れず、また、塩鰯を焼く臭気と煙で鬼が近寄らない・・・と言う
言い伝えなんだそうです

       setsubun

節分の柊鰯(ひいらぎいわし)の飾り方

節分の柊鰯(ひいらぎいわし)に関しては、地方や神社等によって
異なってくるので一概には言えない部分が有るそうです

なのでコレが正解!と言うモノは無いのですが、一応ここでは一つ
の例として節分の柊鰯(ひいらぎいわし)の飾り方を紹介しておき
ますね

●焼いた鰯(イワシ)の頭と葉付の柊の枝を用意します

●柊鰯(ひいらぎいわし)は故事の言われで「鬼の目突き」を表す
 事のようですので、鰯(イワシ)の鰓(えら)から目に向かって
 柊の枝を突き刺します

●家の軒先などに吊ったり括ったりして飾ります

ただし・・・一般的には単にいわしの頭を柊の枝の先に刺している
という光景のほうがよく見ますよね 笑

節分の柊鰯(ひいらぎいわし)っていつからいつまで飾るのか?

これもその地方や神社によって異なる説が有る様なので、一概には
言えませんが

▲柊鰯(ひいらぎいわし)を飾るのは小正月(1月15日)の翌日から
 節分(2月3日)までとし、節分の翌日にあたる立春になったら外す

▲節分の日の夕暮れの時に飾り始め、翌日には外す

▲いつから飾るにしても雨水(2月18日)までに片づければ良い

等いろいろ見聞きしますので、厳密に知りたい方は最寄りの神社に
問い合わせる方が安心かも知れませんが、そこまで拘られなくとも
大丈夫の様な印象を持っています(私はですが 笑)


      スポンサードリンク

節分の柊鰯(ひいらぎいわし)は食べるの?捨てるの?

柊鰯(ひいらぎいわし)の飾り方の所で紹介していますが、節分で
利用する柊鰯(ひいらぎいわし)は、頭の部分だけになりますので
他の部分に関しては食べて頂いて全く問題有りません♪

そして柊鰯(ひいらぎいわし)の飾りにした部分ですが

▲半紙に包んで塩で清めて捨てる

▲神社へ持っていきお焚き上げどんど焼きで焼いて処分

※どんど焼き:日本全国で見られる小正月に行われる火祭りの行事

ちなみにどんど焼きってこんな感じです

などが一般的なようです

家庭で手軽に済ませるなら塩で清めて捨てられるのが最も簡単で
良いと思いますよ

と言う訳でして、今回は節分の柊鰯(ひいらぎいわし)はいつから
いつまで飾るのか?どう飾るのか?(飾り方)食べるのか、捨てる
のか?(処分の仕方)を簡単に紹介しました♪

ご存知だった方にとっては昔からの習慣となってるかも知れないの
ですが、本当に、全くこういう習慣に馴染みが無かった!と言う方
も結構いらっしゃるのではないでしょうか?

こういった縁起モノの行事・習慣は勿論、生活に必須の事では無い
のかも知れないんですが、私個人的には大変良い伝統と言うか文化
だと思ってるので・・・

こう言う事にそれ程馴染みが無くっても?色んな方がその時その時
で思いを馳せて、こう言う事に少しづつ取り組まれて行ったらなぁ~
なんて思ってる次第です☆


      スポンサードリンク

[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る