「暑さ寒さも彼岸まで・・」とは良く言ったモノで、実際にお彼岸の日の前後
と言うのは気候的には結婚式などの祝い事に適してるんですよね


      スポンサードリンク

とは言うものの・・・はからずも、お彼岸の日に結婚式(披露宴や挙式)を
予定している方々は

「これってやってはいけないことなんじゃないだろうか?」
「慎むべきタブー(マナー違反)なんじゃないだろうか?」
「結婚式の招待状や挨拶で何と言えば良いんだろう?」

と悩んだり、気にしている方も結構いらっしゃるそうです

まぁこのお彼岸の日に・・・と言うのは結婚式のみならず、婚姻届、入籍
結納などなど、祝い事一連を予定されてる方は皆さん悩まれてる感じです

そこで、今回はお彼岸中の結婚式に関して一般的な考え方を紹介するのと
結婚式の招待状や挨拶でどの様に言うべきか?も考えてみたいと思います

関連するかも知れない記事:
■ 「結婚式のプチギフト おすすめ・おしゃれ 人気の5選!」
■ 「結婚式(披露宴・挙式)用のおすすめ邦楽・洋楽・映画音楽ランキング!」
■ 「引っ越し手続き順番は?書類・市役所・車・水道・子ども等リスト一覧」
良かったら参考になさって下さいね

お彼岸の結婚式はタブー?非常識?やってはいけないことなの?

まず最初にそもそもお彼岸の日とはいつなのか?を明確にしておきたいの
ですが、お彼岸とは春分の日及び秋分の日を中日とした7日間のことです
(中日を中心の日とし、前後3日間と言う意味です)

     彼岸,結婚,招待状,挨拶

お彼岸の日にお墓参りを行う事はかなり一般的ですが、他にもお寺や神社
等で法要の儀式が行われることも多いです

ただ春分の日や秋分の日は祝日ですから?結婚式などの祝い事だけでなく
日常のあらゆるイベントが開催されやすい日とも言えます

そもそも春分の日&秋分の日は昼夜が等分になる日なのですから、気候的
にも温暖で何をするにも適している日柄
だと思います

そう言う事を頭に置いておいた上で、まず、お彼岸に結婚式を行う事自体
が問題なのか?に関してですが

お彼岸の日程中に結婚式などの祝い事を行う事は・・・

タブーでも、縁起が悪い事でも、慎む事でも、マナー違反でも全然無いです!
やってはいけないことでも無い、非常識でも無いのです 笑

お彼岸と言うもの自体が特に若い方々に馴染みの無い行事でも有りますし
これから結婚と言う新しい門出を迎えるに当たって、そういう若い方々が
「そう言えばお彼岸だけど大丈夫かな?」と気にされるのも判る気がします

ただそういうルール違反的な話しでは無いので、そういう面で気にする必要
は全く無いのでどうぞご安心下さい _φ( ̄ー ̄ )メモ

但し・・・

ここが肝心なのですが、先にも述べました通り、お彼岸の日と言うものは
そもそもお墓参り等を計画されている方が圧倒的に多い事実があります

これは単にお墓参りと言うだけでは無くて、お寺等であればお彼岸の法要
も行われ、檀家であれば任意では有りますがその法要に参加します

これはお寺のご住職に対して先祖や家族をいつも供養して下さってる事に
対する感謝を表す機会とも捉えられてる様です

そこでココが問題なのですが、そういったある意味高齢の方や、しきたり
を大事にする方、大事な家族を亡くされた方などの尊ぶべき行事と結婚式
などの祝い事が重なる事

・・・そこに問題が生じる “可能性” が有るという事です

ここが一番誤解されやすいのですが、お墓参りやご供養が尊重すべき行事
デリケートな行事である事から、そういう事を行うお彼岸の日程に結婚式を
行う事を「縁起が悪い、不謹慎」などと勘違いしがちなのですが

実際は単なる “ダブルブッキング” になりがち!という事だけの話しなので
そこは誤解しないように認識しておく必要が有るとお思います


      スポンサードリンク

ではお彼岸の結婚式の招待状や挨拶で何と伝えれば良いか?

お彼岸の日程での結婚式は・・・
「単に行事が重なった」「ダブルブッキングになった」だけとは言うものの

こちらもおめでたい人生の門出の結婚式、であると同時に、周りもやはり
お盆や命日と同じ心持ちでお彼岸を考えておられる方もいらっしゃるかも
知れませんよね

そこで、お彼岸の日程で結婚式をご予定されているのでしたらやはりその旨
招待状や、結婚式当日のご挨拶などで触れられても良いと思います

そもそもこう言うコト(お彼岸に結婚式/挙式/披露宴/結納/入籍/婚姻届等
をする事)に対して、少なからず気にされている方と言うのは、ある程度は
お彼岸を外された日程も当初検討はされたことだと思います

けども、当事者本人たちのお仕事の都合、出産など人生設計の都合、御家族
親類縁者の都合や高齢の方の体調等、他にももっと色々有ると思いますが、
様々な理由が元でお彼岸の日に至ったのだと思います

そして勿論、昨今の結婚式場の事情で休日は何処も予約が満杯で他の日には
移せないと言うことも有りますよね

そこで、結婚式の招待状や他にもご挨拶する機会が有る様でしたら
「お彼岸は避けるべきだと分かっていたんですが・・」と前置きをした上で

「この日を選んだ理由」「他にずらせない事情」「他に空きが無かった」等
いずれかを簡単に説明し、お詫びの言葉と共に招待・挨拶すれば、どの様な
方に対しても決して失礼にあたらないと思います

そもそも参加者の方々にとってもその結婚式などの祝い事はおめでたい事
なんですからね

と言う訳で・・・

お彼岸中の結婚式に関しての一般的な考え方と、その結婚式の招待状や挨拶
に関して書いて来ましたが

せっかくのおめでたい行事の結婚式ですので、参加される方々にも気持ち良く
参加して頂きたいですよね♪

こう言う事を書くのは少し不謹慎かも知れませんが・・・

うちの菩提寺の彼岸法要は「秋分の日」にあるので、もし?結婚式と菩提寺の
彼岸法要が重なったら都合が悪い・・・という事になります

とは言っても?もし、実際に重なった場合には、彼岸法要は欠席させ頂いて
別の日に墓参りをして結婚式の方に行かせて頂きます

彼岸法要は年2回(春と秋)、毎年有りますが、結婚式はそういう訳には行き
ませんからね☆


      スポンサードリンク