その症状はインフルエンザ?ただの風邪?

赤ちゃん、幼児、子ども、大人に関わらず、念の為にもその症状の
違いを把握しておきませんか?


      スポンサードリンク

高熱が出たり体の節々が痛くなったり様々な自覚症状が出て来ると
自分の場合・・・と言いますか、大人の場合

まずは風邪なのか?インフルエンザなのか?どちらなのか?が結構
気になりますよね

そして、大人の場合には経験や知識である程度判断したりする事も
有ると思うのですが(それが間違っている可能性も多いのですが)

赤ちゃん・幼児などの子どもの場合には中々実際判断しづらい状況
も考えられますよね

そこで、今回はインフルエンザと風邪の見分け方(赤ちゃん、幼児、
子ども、大人)と言う事で、簡単にその症状の違いをまとめてみます
ので是非参考にしてみて下さいね♪

関連する記事:
■ 「インフルエンザの予防接種 赤ちゃんへの時期・間隔・効果・副作用?」
■ 「子供を虫歯にさせない感染予防の知恵」
■ 「インフルエンザの診断書の料金や費用と後日必要な場合のもらい方etc」
■ 「ノロウイルス感染の対策!家庭で消毒(スプレー、キット、手洗い)」
良かったら参考になさって下さい

インフルエンザ 風邪 見分け方

インフルエンザと風邪の見分け方(赤ちゃん、幼児、子ども、大人)

インフルエンザと風邪の見分け方!の症例のお話をする前にですが

▲たまたま土日祝でお医者さんが休診日の為に診て貰えない
▲深夜だけど救急車を呼ぶ程では無い症状と思われる
▲特にお医者さんに掛かって診断して貰うのは面倒なので風邪で
 あれば市販薬を服用して済ませたい
▲インフルエンザで無いなら保育園・幼稚園・小学校含めた学校や
 会社に行きたい、連れて行きたい

などなど、お医者さんに判断して貰う以前にインフルエンザか風邪
なのかを見極めたい!見分けたい!と言うのには色々なきっかけや
理由が有ったりします

但し、まず最初に申しあげておきます

ここでインフルエンザと風邪の見分け方をある程度把握したとしても
ほぼ100%の確率で正確に見極めるのは不可能です!

少し極端な例ですが・・・

突然の発熱(38度前後)を起こし、3日経っても解熱剤もあまり効果が
無く、鼻水等の症状も無く、関節痛や悪寒は有り、喉の腫れと痛みも
感じる・・・と言う

如何にも世間一般ではインフルエンザと言われている症状で有ったと
しても、病院の検査では結局陰性と診断され1週間ほどで回復したと
言う事例も有ります

最終的に風邪かインフルエンザかを判別する方法としては、結局の所
は病院で医師の診察を仰ぎ、検査をして貰って判別して貰う
以外には
正確にインフルエンザと風邪の見分ける方法は無いと御理解下さいね

ちなみに重要な事ですが

インフルエンザの治療薬が効果的である「48時間以内」に検査自体も
早期にしないと意味のないモノになってしまいます

特に赤ちゃんや幼児など自覚症状を訴えにくい場合は出来る限り早目
に病院で検査される方がいずれにせよ安心出来ますよね

あとインフルエンザの検査の内容は綿棒等で鼻や喉の粘液をぬぐって
検査する簡単なもので、非常に短時間で確認出来ます

では以下にインフルエンザと風邪の見分け方と言う事で、その症状の
違いを説明して行きますので場合に依っては判別しにくい部分も有る
と思われますが、参考になさって下さいね

全体的な症状としての、インフルエンザと風邪の見分け方

インフルエンザと風邪の見分け方として、その最も顕著な違いとしては
両者では原因となるウイルスの種類が異なり、風邪の方は喉や鼻に症状
が現れやすいのに対し、インフルエンザの方はかなり急に38度~40度
の高熱が出るのが特徴で、更に筋肉痛・関節痛・倦怠感・疲労感などの
全身症状も強く出てきます

部分的な症状としての、インフルエンザと風邪の見分け方

▲初期症状

○インフルエンザ: 発熱、悪寒、頭痛
○風邪: くしゃみ、鼻水

▲メインの症状

○インフルエンザ: 発熱、筋肉痛、関節痛
○風邪: 鼻水、鼻づまり

▲悪寒

○インフルエンザ: 重度
○風邪: 軽度~重度(短期間)

▲倦怠感・疲労感

○インフルエンザ: 重度
○風邪: 軽度

▲嘔吐・食欲不振

○インフルエンザ: 軽度~重度
○風邪: ほとんどない~軽度

▲発熱

○インフルエンザ: 高熱(38度~40度程)
○風邪: 平熱~微熱

▲筋肉痛・関節痛

○インフルエンザ: 重度
○風邪: ほとんどない

▲咽頭(いんとう)

○インフルエンザ: 咽頭痛、充血
○風邪: 軽度

▲鼻水・鼻づまり

○インフルエンザ: ほとんどない~軽度
○風邪: 重度の場合有り

▲合併症

○インフルエンザ: 気管支炎、肺炎、脳炎、脳症
○風邪: 滅多に無い

と言う事で、

今回はインフルエンザと風邪の見分け方と言う事で、赤ちゃんや幼児、
子ども、大人も含めてその症状の違いを紹介してみました

冒頭でも書きましたが、特に赤ちゃん、幼児の場合は大人が見ても判断
がつきにくい症状も多分に有ると思われます

インフルエンザと風邪はその原因となるウイルスが違う事からも、対処法
治療法は異なり摂取するお薬も当然違って来ますので、その症状の程度
に関わらず早め早めの病院での医者に依る検査が無難です

そして大人の方も・・・
これは風邪の症状だなと安心されずに?色々お忙しいとも思うのですが
出来る限り治療に専念されて、早く改善される事を願ってます☆


      スポンサードリンク

[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る