タイフェスティバル 大阪 の混雑・観客動員数(入場者の人数)や
アクセス&駐車場、ムエタイなどなど色々とご紹介致します


      スポンサードリンク

ご存じタイフェスティバルとはタイ王国大使館が主催する由緒ある
イベントで、タイ文化や伝統、タイ料理を堪能してもらう事が目的
と言う非常に有難い、嬉しいフェスと言えます

そして更に特徴的なのはいわゆる通常のイベントとは異なりまして
開催場所がココ!開催期間や開催時間がこう!と言う風に固定され
ていないと言う事なんです

ちなみに2016年の昨年は・・・

▲東京(場所:代々木公園)
▲大阪(場所:大阪城公園太陽の広場)
▲名古屋(場所:久屋大通公園久屋広場)

等で開催されましたので、今年2017年も恐らく会場の変更は無いので
最寄りの会場にお出掛けになられるのも良いと思います

ちなみに今年の大阪の開催日程としましては

★日程:
2017年5月13日(土)と2017年5月14日(日)
※雨天決行
★開催時間:両日共に10:00~20:00 

と言う事で今回は、タイフェスティバル 大阪 2017の混雑・動員数
(入場者の人数)やアクセス&駐車場、ムエタイなどなどと、特に
大阪の会場に絞りまして紹介してみようと思っています

関連するかも知れない記事:
■ 「イチゴ狩り 大阪でおすすめの口コミ人気ランキング 美味しい食べ放題」
■ 「天神祭の花火 2017のおすすめスポット&ポイント【7選】」
■ 「夏休みの海外旅行 家族や子連れでおすすめランキング ベスト10」
■ 「淀川花火大会 おすすめ場所・スポット 有料席と無料穴場 2017」
良かったら参考になさって下さいね

     thaifes1

タイフェスティバル 大阪 2017 混雑・観客動員数(入場者の人数)

では最初に、タイフェスティバル 大阪 2017の混雑予想と言う事で
観客動員数(入場者の人数)を見てみようと思うのですが・・・

実はタイフェスティバルの大阪開催での観客動員数(入場者の人数)
の公式記録と言うのは探す事が出来ませんでした

そもそも入場無料のこう言ったイベントでは、主催者側でも正確な
観客動員数(入場者の人数)は把握しきれないのかも知れません

ですが、タイフェスティバルの東京(代々木公園)開催の方は例年
メディアが報じてる漠然とした数字は有りまして、その人数、何と
30万人越えです 汗

開催日は大阪と同じく2日間になりますので、単純計算でも15万人
以上の人達が1日で訪れると言うことになり、その混雑ぶりが想像
出来ますよね・・・

ではどの様にこの混雑を避けるのかと言う話しなんですが、結局の
ところ、イベントやタイ雑貨の物販など勿論魅力は沢山有りますが

何と言っても最大の楽しみ方はタイ料理・タイフード(食べ物)で
有る事に違いは有りません♪

この事から導き出される答えは何か?と言いますと、お察しの通り
皆さん、ランチ(昼食)及び午後のおやつ的 ~ 晩御飯を想定して
来られる方は多いです

そういう点で言いますと、開始時間の10時~11時と言うのが一つの
狙い目
と言えるのですが、昨今は朝イチ組も中々増加傾向に有って
穴場時間帯とも言い難いです

後考えられる手としましては、タイムスケジュールをチェックして
人気イベント時を外すと言うのも一つの考え方になります

こちらも実は余り効果が大きいとは言えないのですが(経験済み)
是非いろいろ試されてみて、もし良いアイディアが有ったら私にも
教えて頂きたいくらいです 笑


      スポンサードリンク

タイフェスティバル 大阪 2017のアクセスや駐車場

では次に、タイフェスティバル 大阪 2017の交通アクセスや駐車場
に関しまして簡単に紹介しておきます

タイフェスティバル 大阪 2017のアクセス

場所は大阪城公園・太陽の広場になりますので様々な公共交通機関
が利用可能だと思われますが、最寄りの駅となるとJR大阪環状線の
大阪城公園駅になります ※徒歩5分の距離

タイフェスティバル 大阪 2017の駐車場

大阪城公園の場合公共交通機関が充実しているので車でのアクセス
よりも電車や地下鉄の利用をおすすめ致しますが

まぁ諸事情により車でいらっしゃると言う方も居られると思います
ので駐車場情報に関しても少し紹介しておきます

★ツイン21パーキング
営業時間:5:00~24:00
収容台数:100台
駐車料金:全日 30分¥300

★松下IMPビルパーキング
営業時間:5:00~24:00
収容台数:145台
駐車料金:
平日 30分¥200 
土日祝 30分¥250

★大阪城森ノ宮駐車場
営業時間:8:00~22:00 24時間営業
収容台数:98台
駐車料金:全日 60分¥350

タイフェスティバル 大阪 2017でムエタイを観る

では最後にタイフェスティバル 大阪 2017でムエタイを観ると言う
事に関しても少し触れておきますね

タイフェスティバル、私は上で「メインは食べ物に有りぃ~!」
声高らかに掲げているんですが 汗

実はタイ料理と並んでタイフェスティバルで人気が有るイベントと
致しまして「ムエタイ」が有ったりします♪

 ※ムエタイはタイの国技に指定されています

タイフェスティバルでは以前はムエタイアマチュアファイトと称し
興業がうたれてたりしてた様なんですが、今年、2017年も恐らくは
ムエタイのデモンストレーションが有るのではと踏んでいます

形式はどの様なイベントになるか不明ですが、いずれにしましても
生ムエタイが見れるのは中々興味深いですよね

例年、他にもタイ舞踊、Tポップコンサート、ムエタイ、タイ古式
マッサージなど盛り沢山なイベントが開催される模様です

後、以前はタイ国際航空で行くタイ往復チケットもプレゼント
されてたりしました~♪

タイフェスティバル 大阪でのムエタイの1シーン

と言う事でして今回は、

タイフェスティバル 大阪 2017の混雑・動員数やアクセス&駐車場
ムエタイなどなど、特に大阪の会場に絞りまして紹介致しました♪

昨今はごくごく普通にこう言った海外のイベントを身近に楽しむ事
が出来るようになって来ていると思うんですが

大小様々な規模のイベントが、日々日本各地で繰り広げられている
とは思うのですが

こう言ったタイ王国大使館が主催すると言う、正統派なイベント
言うのはそんなに多く開催されている訳では有りません

 ※開催されていても誰でもが参加出来るものでは無かったり

このタイフェスティバルのイベントとしての展開は、私個人の感覚
で言いますと、やはりひとえに日本とタイとの国交の有り方に依存
しているのかな~と言うイメージは有りますし

是非引き続き、この良好な関係を末永く続けて欲しいなぁ~なんて
思っていますので

全く関係者でも無い第三者な立場ではあるんですが、お近くに行く
機会がもし有るようでしたら?是非、覗いてみて欲しいなぁなんて
思っている次第です☆


      スポンサードリンク