前回・・・最近、少しづつブーツのお手入れ方法について関心が湧いてきて
手入れの仕方やそれに必要なもの・道具等に関して調べたコトを紹介する!
と言う記事を書きました!

出来る事なら自分のブーツは綺麗な状態で長持ちして貰いたいですからね♪

前回の記事:
「ブーツの手入れ方法と必要なもの(道具)/簡単でおすすめの手順」


      スポンサードリンク

但し、ブーツたるものやはりシーズン物である宿命からは逃れられないので
どうしてもある時期は靴箱の中で保管されてたり、下駄箱の中に眠ってたり
全く手入れされない期間が有ります

そしてシーズン前に久し振りにブーツを取り出してみると?

内側・外側を問わずにカビが付いていたり、何らかの臭いが付いていたり
シミ・しわが出来ていたり、型崩れが起きていたり、色落ちしていたり
もう・・・ろくなコトがありません

そこでここでは防臭・消臭を含めたブーツの保管・収納方法等の保管の仕方
保管場所からカビの取り方、カビの除去や防止の方法を紹介致しますね

関連するかも知れない記事:
■ 「ロングカーディガン メンズ・レディース 通販人気ブランド」
■ 「家具調こたつ 長方形・正方形 通販人気商品勢揃い!」
■ 「静電気対策グッズランキング 口コミで効果有りなアイテム7選」
良かったら参考になさって下さいね

まずブーツの保管・収納の仕方、つまり、しまう方法を考える場合、幾つかの
目的別に考える事が出来ると思います

・ブーツの防臭・脱臭(臭い系)
・ブーツのカビ取り、カビの除去&防止(カビ系)
・ブーツの型崩れ・しわ防止(形状保持系)

では順番に見て行く事にしましょう

ブーツの保管・収納/防臭・脱臭(臭い系)

ブーツの臭いを取る、臭い対策として消臭剤を吹き付けると言うのは簡単に
思い付く安易な方法ですが、素材によって消臭剤を吹き付けるのが良くない
場合が有ると思います

そこで、一つのアイディアとしてブーツの防臭・消臭にミョウバンが効果的
なのでご紹介しておきますね♪

ミョウバンはお漬物を作る時の色付に使われたり、自然の食品添加物として
昔から使われていますが、その消臭・防臭効果が意外に有名です

実は世界最古の消臭剤とも言われていて、古代ローマから使用されてる安全
な素材なんです

        ブーツ 保管方法 収納 カビ 臭い しわ 手入れ

ミョウバン液の作成方法

△必要なもの
・500mlのペットボトル(空のモノ)
・焼きミョウバン…15g
 (生ミョウバンの場合は倍量)
・水道水:500ml

△作り方
1.水道水をペットボトルに入れます
2.焼きミョウバンをペットボトルに入れます
3.キャップを閉めてよく振ります
4.そのまま1日~3日放置します
5.液体が透明になったら完成です(簡単!)

※使用する場合は更に10倍に水で薄めてスプレー等に入れると使い易いです

ブーツの防臭・脱臭の方法(手順)

1. まずブーツを脱いだ状態(普通に置いた状態)ではブーツの中のつま先の部分
までは届きません
靴の底を上にして、下からスプレー容器を入れるとつま先までスプレーできます

2. 中敷が外せるならば中敷を外してからスプレーして、中敷にもスプレーすると
乾いた頃には驚くほど臭いが軽減していますので是非お試しください!

3.スプレー後はなるべく風通しの良い除湿された場所で陰干しする様にして下さい
間違ってもすぐに下駄箱にしまったりはしないで下さいね(湿気が飛びにくいです)

余談ですが・・・湿気(除湿)ついでにお話ししておくと

ブーツに限らずの話しですが、とりあえず靴類の保管方法を考える場合、湿気を
取ると言う事は一つの大事な項目なので、ブーツを履いたその日には、帰ってきた
時点でブーツの中にシリカゲルを入れる!と言うのも一つのアイディアです♪

中が湿ったままだと、カビの元になったり臭いの元になると言うのは簡単に想像
出来ると思います

シリカゲルはお菓子などにも入っている小袋入りの岩塩の様な乾燥剤(除湿剤)で
100円ショップ等で売ってるモノでも十分なので、気になった方はお試しください!

コレ、結構効果的なブーツのカビ対策・カビ防止策なんですよ 笑


      スポンサードリンク

ブーツの保管・収納/カビ取り、カビの除去&防止(カビ系)

牛革のカビの取り方の方はごく一般的なので、ここではスエード等、起毛系のブーツ
についてのカビ取り・・・カビの除去に関して解説します

カビ取りの取り方/カビ除去の手順

1. まずカビの部分をきれいにふき取ってから全体をブラッシングしてください

2. スエードシャンプーという専用の洗剤が売られていますので、それを購入
してて頂きブーツを丸洗いしてください

3. 靴が乾いたらスエード用の保湿スプレーを全体に吹きます
スエードのような起毛系の素材であっても一応は革なので、普段から「保湿」
をしないと長持ちさせることは出来ません(但し吹き付け過ぎは厳禁です 笑)

4. スプレーをした後は全体をブラッシングして毛を立ててあげてください

注:2.の丸洗いの場合の注意点として、カビた部分だけでなくブーツ全体を一気に
洗ってしまう!というのが重要です

カビが付いた部分のみ部分洗いしてしまうと、靴が乾いてからそこだけ色抜けして
しまう!という場合があるので注意してください
その後すすぐ必要は無いので、泡だけキレイにふき取って陰干しすればOKです♬

通常はここまでやればOKだと思いますが、先程も書いた様に洗ったことで部分的に
色抜けすることもありますので、その場合は補色用のスエードインクで染め直すしか
ありません

スエードインクは靴屋以外でも東急ハンズ等のショップで手に入りますが、例えば
ベージュの様な色の場合、薄い色から濃い色まで種類が沢山あると思いますので
必ずブーツの実物を持っていき店員さんと相談されて購入される方が無難です

そして、インクを塗って乾いた後もやはりブラッシングが必要になります

この時に使うブラシは出来ればワイヤーブラシの方がより確実なので、使用頻度は
余り無い?かも知れませんが、起毛系のブーツを持つ以上持っておかれた方が良い
と思いますよ♬

ブーツの保管・収納/形状保持(型崩れ・しわ防止)

コレは簡単でして、是非ブーツキーパーをご利用下さい!

革の種類も関係してきますし、裏側が一枚革なのかどうなのかでも伸び方=しわの
出来方が違って来るとは思いますが、形状を維持する(型崩れ防止、しわ防止)で
非常に効果的です

但し、どうせやるなら専用のブーツキーパーを使用する方が良い!と言う意見や、
お値段がちょっと高くて手が出しにくいという事も良く聞きます

手っ取り早くお金を掛けずに実施する場合、雑誌や新聞紙を丸めて立てたとしても
ある程度の効果は認められます(やらないよりかは全然マシです)

但し、雑誌の表紙は通気性が悪いので取り除く様にしておいて下さいね
もしくはイケアのうさん臭い程激安なシューキーパーで代用・・・と言う手も有ります 笑

と言う訳で、今回はブーツのお手入れの方法の中でも特にその保管・収納方法に
関しまして防臭・脱臭等の臭い系、カビ取り方法(カビの除去や防止)、形状保持
(型崩れ・しわ防止)と言う形で紹介してみました

前回も書きましたがどんなブーツでもそうなんですが、大事なのは普段のお手入れ
普段の保管・収納方法への気遣い等、こまめな配慮があなたのブーツを長い期間、
綺麗な状態を維持する為の最も簡単でおすすめの方法となります

もしあなたがそのブーツを気に入ってたり大事に思うのであれば?ここは面倒臭がらず
是非、手間暇かけて保管・収納して頂けたら嬉しいなぁ・・・と思います☆


      スポンサードリンク