インフルエンザの診断書の料金や費用に関してと、会社や学校など
(大学・高校・小学校、幼稚園&保育園も)で後日診断書が必要な
場合のもらい方や、インフルエンザの検査結果が陰性であっても?
診断書を書いてもらえるのかなどなど・・・

いわゆるインフルエンザの診断書に関する疑問に関していろいろと
触れておこうと思ってます


      スポンサードリンク

毎年の事では有りますが、インフルエンザが猛威を振るう期間って
本当に嫌な時期ですよね

しかも季節性インフルエンザだけでも大変なのに、その年々で新型
インフルエンザなんかが出てきたりすると

その症状や程度、期間、対策なども含め情報が出回って無かったり
間違って伝わってたりで本当に困ってしまいます

そしてこう言ったインフルエンザで嫌な事は、その症状によって・・・

散々体調面で苦しめられるだけでなく、その後の事務処理的な内容
も面倒だし、料金・費用面でも全然嬉しく無い
と言う事ですよね 泣

これは会社にお勤めの社会人の方でも、学校(大学、高校、小学校)
に通われてる学生さんやそのご両親でも、果てはバイトされてる方々
でも皆さん同じ事だと思うのですが

▲インフルエンザのその治療や診断書、その他一切の
 経費に関わる料金(金額・価格)等の費用的な事も

▲会社にお勤めの方であれば有休(有給休暇)や出勤
 欠勤、職場への復帰・復職に必要だったり、学校へ
 通学の学生さんでしたら公欠・出席日数にも関わる
 診断書や治癒証明書の提出的な事も

ハッキリ言って「煩わしい以外の何物でもない!」ですよね

そこで今回は、インフルエンザの診断書の料金・価格などの費用面
に関してと

会社や学校等(大学、高校、小学校、幼稚園、保育園)で後日必要
な場合のもらい方等を含めまして、インフルエンザ診断書に関わる
あれこれに関しても色々と触れておこうと思います

関連すると思われる記事:
■ 「インフルエンザの社会人は出勤すべき?何日休むかの治癒証明や診断書」
■ 「インフルエンザと風邪の見分け方(赤ちゃん、幼児、子ども、大人)」
■ 「インフルエンザの予防接種 赤ちゃんへの時期・間隔・効果・副作用?」
■ 「花粉症と風邪の症状の違いは? 咳・熱・喉で見極めよう」
良かったら参考になさって下さい

インフルエンザ 診断書 治癒証明書 インフルエンザ診断書

インフルエンザの診断書の料金・金額の費用、相場っていくらぐらい?

ではまず最初にインフルエンザの診断書の料金(金額・価格)の費用
って一体いくらぐらいなのか?と言う事に関してですが

まず基本的な事は、インフルエンザの治療や診療って保健診療では
有りませんので、診断書の金額は病院によって違ってるコトが前提と
なっています

つまり、インフルエンザ診断書の費用は各医療機関で
自由に決める事が出来ます
(各病院で差が有っても違反とかでは有りません 笑)

そうなって来ると、今度はインフルエンザの診断書の料金や費用の
相場的な事
が気になって来るとは思うのですが

残念ながら私もこれに関しては確固たる素性の公開された元データ
と言うモノを持ち合わせてはいないのですが

ざっと調べた所では、1500円~5000円と言う診断書の料金、費用
を取る医療機関が全体としては多く、更に昨今は3000円~5000円
にシフトして行ってる模様です

結構高額ですよね・・・

但し、インフルエンザの診断書って冒頭でも書きました通り、様々な
目的で必要となって来る意味合いを持つものなので、患者の立場と
しましては金額に関わらず書いてもらうしか無いのかも知れません

こういうモノ、会社負担・学校負担だったら良いのに~!と思うのは
私だけでは無いハズですよね 笑

ワンポイント・チェック!

小学校や幼稚園・保育園などの場合、学校指定の書式
やフォーマットで医療機関に提出すると、料金・金額の
費用が安いですよ!と言う情報を小耳に挟んでいます

もしかしたら地域・学校に依るのかも知れないのでが
あなたの学校や地域は?と言う事で、確認する価値は
十分に有ると思います

インフルエンザの診断書 検査結果が陰性でも書いてもらえる?

では次に、インフルエンザの診断書に関連する様々な Tips に関して
少し書いてみようかなと思います

実際、このインフルエンザ診断書や治癒証明書と言うものってとても
厄介な代物でして・・・

※完治証明書とも言うのでしょうか?最近小学校や幼稚園・保育園
では登校許可証・登園許可証などと言う場合の方が多いのかな?

これはインフルエンザに関わらずですが、誰だって病気に掛かってる
渦中においては、肉体的にも精神的にも疲れ切って参っている状況

だと思うんですが

そんな時に頭であれやこれや学校や会社の事なんかを考えることも
非常に困難だと思うのに、もう上で書いた様な様々な事務手続き上
の事で病み上がりからバタバタする必要が生じたりします

しかも体調面を最優先で行動をしていると、インフルエンザの検査の
結果(陽性や陰性)や、治療後の経過、薬の事などは気になっても

どうしても診断書や治癒証明書とか言った、書類や事務的な話しと
言うモノは忘れがち(もらい忘れ)と言うか、後回しで考えちゃうので

得てして後日にハタと気付いて「インフルエンザ診断書が必要~!」
と言う事になったりもしますよね


      スポンサードリンク

まぁ他にも

▲インフルエンザの検査の結果が陰性でも、診断書を
 書いてもらう事が出来るのか?

▲インフルエンザの診断書と言うのは学校指定の書式
 やフォーマットが有るのか?
 又、そういった学校扱いの書式だと、金額・費用が安く
 なったりするのか?

 ※コレは上で書きましたね
  
▲インフルエンザの検査なしで診察だけでは診断書を
 書いてもらえないのか

▲インフルエンザの診断書ってあとから後日貰うその
 もらい方って完治後いつまで大丈夫なのか?
 日数の期限なんかは有るのか?

まぁ挙げて行けばキリが無いのですが、インフルエンザの診断書や
治癒証明書と呼ばれるモノは本当に普段馴染みが無い分判らない
事が多過ぎますよね

其処で今回、参考程度に私個人がざっと見聞きする範囲での情報
と言う事でお伝えしておきますと・・・

まず、インフルエンザの診断書は「いわゆるインフルエンザの検査
結果」には依存せず
に書いて頂けます

つまりインフルエンザの検査結果が例え「陰性!」で有ったとしても
あなたが診療して頂いた医療機関、もしくは医師本人が症状なども
含めて総合的にインフルエンザと判断したなら?

・・・インフルエンザの診断書は間違いなく書いてもらえます♪

なぜなら診断書って、別にインフルエンザの検査報告書ではなくて
あくまでも医師の診断書なので♪ (そのままなんですが・・・)

医師の方も動画で仰ってますね

そうすると今度はインフルエンザ検査の信憑性が問われる
話しになって来ちゃうのですが、まぁ、ここではとりあえず
その話しは置いておく事に・・・ 笑

どっちを信用すれば良いの~!って患者の立場なら勿論言いたい所
なんですが、個人的な意見としてはやはり信用するのは医師です!

そして検査結果は医師が総合的に判断する一つの指標でしか無いと
言う事だと思っていま~す♪

勿論、インフルエンザの検査技術も年々向上はしている様です

インフルエンザの診断書 学校や会社で後日必要な場合のもらい方?

続きましてインフルエンザの診断書を学校や会社で後日必要な場合
のもらい方と言う事なんですが

まず、一つ押さえておいて欲しい内容と致しましては、会社や学校も
そうですし、医療機関もそうなんですが、このインフルエンザの書類
と言う事に関しまして・・・

例えば診断書、治癒証明書(完治証明書?)と言う様な書類の名称や
内容の認識がケースバイケースで違ってるのでは??と言う事です

何故なら私が実際に聞く範囲でも、医療機関で治癒証明書と言う物を
出せないと言う所は有ったりしますので・・・

これは、完全にはインフルエンザが治癒したと言う根拠を
今の医学では?現状のルールでは?完全に証明出来る
術(スベ)、などは無いからなのかな?と想像します

そしてそれとは逆に学校保健法や様々な情報では、発病後に5日間
程で感染力が弱まる事や、解熱後2日経てば出席・出社が可能等の
いわゆるガイドライン的なものも多数存在しますよね

そう言った事の兼ね合いを考えてみますと

まず学校や会社、バイト先が必要としている「証明書」と言うモノは
名前はともかくとしても、内容としてどういったモノが必要なのか?
と言う事を確認する必要が絶対に有ると思います

※名称の事だけで、書いてもらえる、書いてもらえないと言うのでは
 あまりに勿体無い話しなので・・・会社や学校が「こういった内容
 のモノ」が欲しいのであれば、「そういった内容のモノ」を医師に
 依頼する事が最も適切な診断書のもらい方だと思います♪

そして当然ですが医師が診断をして初めての診断書になる訳なので
自分でインフルエンザだと勝手に判断して、後から後日、会社や学校
に提出する手前書いてもらうと言うのは、残念ながら無理です♪ 笑

これはインフルエンザの渦中に有っては、本当にいちいちそんなコト
考えてられない~!と感じると思うのですが

会社や学校が必要としているモノが・・・

▲インフルエンザの検査結果で良いのか?

▲医師の診断書が必要なのか?

▲治癒証明書(完治証明書)の様なモノが必要なのか?

と言う事を見極めながら、少し症状が落ち着いた頃にでも早い内に
その書類が貰える状況にはなっておく必要があると言う事ですね

私自身、診断書や治癒証明書(完治証明書)と言うものが、完治後
いつまでの間発行されるモノなのか?日数の期限は有るのかと言う
情報は持っていません

※恐らく各医療機関で異なると思っています

ですが、医師の診療を受けていない状況では診断書を発行する事は
無理でしょうし、インフルエンザの検査をしていなければ検査の結果
も有りませんよね

会社や学校が所定の内容や書式にこだわるのであれば
尚更、その為の準備が必要です!

なので、後から!や後日!は証明書・書類作成では致命傷になると
思って?是非必要な行動を可能な範囲で早目に取られて下さいね

と言う事で今回は、インフルエンザの診断書の料金・価格等の費用
面に関してのお話しと

インフルエンザの検査結果が例え陰性で有ったとしても?診断書を
書いてもらえるのかや、会社や学校(大学、高校、小学校、幼稚園
保育園)で後日必要な場合のもらい方・・・

などなどを含めまして、インフルエンザの診断書に関わるあれこれに
関しても触れてみました♪

今回長々と書きましたが、基本、やっぱりインフルエンザの診断書等
に関わる手続きや書類上のやり取りに関しましては

あなたが勤務する会社・職場、バイト先やあなたやお子さんが通学
する学校、そして、あなたが診療や検査を受けた医療機関に大きく
依存致します

後々面倒な事にならない為にも?勤務日数や出席日数などに関して
損をしない為にも?「あなたの場合のケース!」を早目に確認されて
きっちりと手を打たれる事を期待しています☆


      スポンサードリンク

[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る