350 年以上の歴史がある日本三大船祭り
の一つ、神奈川県真鶴町の「貴船祭」は

毎年全国各地から多くの見物客が訪れる
海の男、漁師達による真夏の熱い勇壮な
お祭りです

2017 年に開催される貴船祭の開催時間
や見どころ、混雑状況や花火の打ち上げ
時間等ついて

貴船まつりを楽しむための情報を色々と
お伝えいたしますので、参考になさって
みて下さいね

関連が有るかも知れない記事:
■ 「熊谷うちわ祭 2017 開催日程や駐車場・会場へのアクセス」
■ 「ブルーボトルコーヒー 清澄白河&青山カフェの場所やアクセス・駐車場」
■ 「赤ちゃん&子供&敏感肌OKな虫除けスプレー アロマ&ハーブ」
■ 「熱中症対策 グッズ ランキング! 首へのスプレーやタオル以外も」
良かったら参考になさってみて下さいね


      スポンサードリンク

貴船祭 2017の混雑

まずは混雑状況についてお伝え致します

以前、貴船祭へ参加された方々の混雑に
関する生のお声をネットから拾いまして
幾つかご紹介致します

下記、周辺の車の混雑状況についてです

貴船神社駐車場の収容台数は少ない
ので、駐車場を探しながら貴船神社
周辺を徘徊する車が多いようです
比較的駐車しやすいのは、真鶴駅の
隣の駐車場で料金は1日800円です
夕方近くから徐々に混雑しはじめる
様で特に2日目のほうが混雑します
例年の人出は約20000人だそうです
花火打ち上げの時間帯が一番混雑の
ピークとなりますので、早い時間帯
に現地までの移動をお勧めします
祭期間中の臨時駐車場はありません

真鶴駅周辺の駐車場を利用するのか
出来れば公共交通機関を利用する事
をお勧めいたします

東宿中バス停から日産マリーナまで
は通行止めになります

※上記は昨年までの状況になりますので
 行かれる前には必ずお問い合わせして
 確認してみてくださいね

★問合せ:
 真鶴町観光協会 0465-68-2500


      スポンサードリンク

貴船祭 2017の花火

次に真鶴貴船祭2日目の目玉である花火
の打ち上げについて場所や時間、雰囲気
などをお伝えして行きますね

花火打ち上げ場所は真鶴港(神奈川県)
打ち上げ時間は19:40~20:10です

約1000発打ち上げられるそうですが
雨天時は小雨決行、荒天は中止の様です

屋台も40店ほど出るようで食べながら
花火を見るのは最高ですよね

真鶴貴船祭の花火は船に下げられた提灯
の柔らかな灯り、鮮やかな花火のコラボ
レーションが幻想的で

真鶴の海に打ち上げられる花火を映像で
見ましてもある程度は臨場感が伝わって
きますので

良かったら、下記動画でも確認してみて
下さい

貴船祭の開催時間

では最後に貴船祭の開催時間や詳細など
についてご紹介しておきます

開催日は2017年7月27日28日で、じつは
毎年同日に開催されています

開催時間は1日目7月27日10:00頃から
2日目は7月28日8:30頃からです

例年の開催時間の詳細が載っていました
下記に記載しておきますね

1日目 貴船祭 宵宮

10:30:
西小早船、水浮(進水式)
10:50: 
東小早船、水浮(進水式)
11:20~11:50:
宮本出発(出航~宮前到着)
13:30~13:40:
神輿発與式
14:40~15:10:
宮前出航→神輿海上渡御

2日目 貴船祭 

11:20:
お神輿が町内お練り
13:15~14:10:
真鶴駅にて花山車 
鹿島踊り、神輿が順番に奉納されます
19:40~20:10:
海上渡御 花火 
20:30~21:10:
神社還御

変更の場合がありますが行く際の参考に
してみてください

さて

貴船祭りのシンボルは、豪華絢爛に装飾
された船「小早船」なのだそうですが

屋形を組み立てる際の順序や造花や提灯
などの装飾の方法はとても難易度が高く

一つ一つ口伝により、後継者に承継して
維持されてきている程貴重なモノなので
是非間近かで見てみたいモノですよね!

貴船祭 開催日程 混雑

そして貴船祭最の大クライマックスでは
約50人 の厄年の氏子の男たちによって

船から下ろされた神輿を担ぎ、真鶴港を
見下ろす高台にある、貴船神社境内へと
続く108段の参道の石段を何と一気に
駆け上がるのだそうです

これはかなり見応えが有りますよね~!

と言う訳で、貴船祭(真鶴) 2017年の
開催日程や混雑状況、見どころについて
ご紹介してきましたが

お祭りは、やはり肌で感じたいですよね

国の重要無形民俗文化財にも指定される
豪華絢爛な神輿船が海を走る貴船祭りは
最近では海外の人も多く訪れるそうです

今年の夏は、都会の喧騒をひととき離れ
潮の香りを肌で感じながら

街の人々の温かさに触れ、力強い海の男
漁師たちの勇壮な姿に魅了される・・・

そんな「熱い夏!」を過ごすと言うのも
中々良いのではないでしょうか?☆


      スポンサードリンク