「母の日」というものがあるおかげで?
普段は恥ずかしくて言えない感謝の言葉
もカーネーションと共に伝えられ、素直
になれる素敵な日があります

そんな素敵な母の日は、知れば知るほど
じつはさらに素敵な日なんです

今回は、母の日にカーネーションを送る
のはなぜ?と言うその由来や花言葉

そしてちょっと忘れがちになってしまう
父の日に関しましても今からご紹介して
いきたく思っている次第です

関連が有るかも知れない記事:
■ 「母の日の家電製品プレゼントランキング 美容やキッチンおすすめ商品♪」
■ 「コーヒーギフト 高級 人気 おすすめ商品ランキング 2017」
■ 「母の日 義母へのメッセージやメール、カードの文例(例文)と相場」
■ 「母の日 義母へのプレゼント・ギフト おすすめ人気ランキング3選」
良かったら参考になさって下さいね


      スポンサードリンク
 

母の日にカーネーションを送る由来 なぜ?

母の日にカーネーションを送るきっかけ
となったのは昔、アメリカに住んでいた
母親思いのアンナという子がとった行動
からでした

アンナの母が亡くなった際に、母が好き
だった白いカーネーションを送りました

追悼式をする際もみんなにアンナは白い
カーネーションを配りました

それをきっかけに次第に母親への感謝の
思いをカーネーションと共に送る風習が
始まっていきました

はじめは母親が亡くなってしまっている
場合は白いカーネーション、健全である
場合は赤いカーネーションを送るという
ものでした

しかしそれは小さい子供たちの気持ちを
傷つけてしまうのではないかという考え
から赤いカーネーションでの統一となり
ました

昭和22年ごろに日本でもこの影響を受け
正式に5月の第二日曜日を「母の日」と
するようになったのが由来のようですね


      スポンサードリンク

母の日のカーネーション各色の花言葉は?

母の日のカーネーション各色の花言葉を
紹介致しますね

赤:情熱、愛情
白:尊敬、純潔の愛
ピンク:感謝、暖かい心
黄色:友情、美、嫉妬
紫:誇り、気品
青:永遠の幸福

今は赤だけでなく、様々な色を混ぜ花束
にして送る方も増えています

しかし、白いカーネーションに関しては
「亡き母へ」という意味合いもあるので
避けたほうが良いでしょう

母の日にはカーネーション、では父の日には?

父の日に送る花には決まりはありません

ですが「黄色いバラ」を連想してしまう
方は多いのではないでしょうか?

それは
「父の日 黄色いリボンキャンペーン」
というものがあるからなのです

黄色とは幸せの色と言われていて父の日
のイメージカラーとされています

その黄色とバラがくっついてしまい黄色
いバラだと思ってしまうのだと考えます

しかし、実際に黄色いバラは友情、華憐
献身、さわやか、といったもののほかに

「嫉妬」や「笑って別れましょう」など
父の日にはあまりそぐわない意味も持ち
合わせているので、避けたほうが良いと
思われます

もし父の日のイメージカラーである黄色
を使いたければ、ひまわり等の他の花も
混ぜた花束にしてはいかがでしょうか?

花にはそれぞれ種類別に、さらに色ごと
に花言葉が違います

ですので感謝を込めたいろんな種類の色
とりどりの花束も楽しそうでいいですね

参考までに、花言葉や種類などの動画を
載せておきます

ここまで母の日にカーネーションを送る
のはなぜ?と言うその由来や花言葉

そして父の日に関しましてもご紹介して
きましたが、やはり一番大切なのは感謝
の気持ちです

本当はいつだっていいのです!

母の日ではなくとも、父の日でなくとも
いつだって感謝を伝えればいいのです

その思う気持ちが一番のプレゼントなの
ですからね☆


      スポンサードリンク

[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る