海外旅行でスマートフォンの設定や使用方法の注意点って大丈夫ですか?

海外旅行や海外出張で日本から海外に出掛ける場合(もしくは海外移住
や海外赴任等の長期でも)、それが個人旅行やツアー、会社の業務、と
色んなケースが考えられますが、最低限自分の荷物に関しては自己責任
で準備しますよね?

そして、その海外旅行等に持って行く荷物にも色々有るとは思いますが
最近まず間違いなく持って行くモノの中に、スマートフォンや携帯電話
が挙げられると思います


      スポンサードリンク

ですが特にこのスマートフォン!日本で利用する分においては皆さん良く
理解されていて、設定に関しても特に注意する事も無く、パケット通信や
データ通信も上手に安く利用されてる
と思うのですが

海外旅行などで海外に行く場合の注意点や設定に関しては、意外にご存知
無いという話しを良く聞きます

そこで、今回はご自身のスマートフォンを海外に持って行く場合に絶対に
押さえておきたい注意点やその設定方法、データローミングを使わないで
データ通信やパケット通信の費用を安く済ませる方法などを解説致します

関連するかも知れない記事:
■ 「オンライン英会話 全く話せない初心者向けにおすすめな学校」
■ 「iPhone 6/6 Plus SIMロックフリー/ロック解除のメリットデメリット」
■ 「ワーホリ・海外留学にパソコンは必要か?タブレット・スマホ代用は?」
■ 「海外旅行の手荷物制限、サイズ(重さ・大きさ)や個数で持込み禁止?」
良かったら参考にされて下さいね

海外旅行でのスマートフォンの注意点と利用方法

海外旅行等でスマートフォンを利用する際に注意する事とは一体どんな事
に気を付けるべきなのでしょうか?

結論から先に言ってしまいますと海外でスマホを利用する場合にもっとも
気を付けなければならない、注意すべき事とは間違いなく料金面です

何故かと言うと、日本に在住の皆さんは大多数の方がそれぞれのキャリアー
docomo(ドコモ)、softbank(ソフトバンク)、au などと契約していて

更にはパケ放題など、データ通信料定額のプランに加入されてる方も圧倒的
に多いので、普段、契約を終えた後のスマートフォンの利用に関して・・・

データ通信やパケット通信の費用を考慮して設定を変更するなどという事は
・・・・普通はまず無いと思われます 笑

しかし、実は日本の全てのキャリアは、そういった定額のデータプラン内に
海外でのデータ通信・パケット通信の内容等は一切含んでいません

つまりあなたが海外で利用するいかなるデータ通信やパケット通信に関して
もその定額料金の対象外となる訳です

そしてそれは単に別枠と言う意味だけでは無く、海外での利用という事で
特別に高い料金が科せられます(これを海外ローミングサービスと呼びます)

海外ローミングサービスは確かに普段あなたがご利用のスマホを設定不要で
海外で利用出来るので、非常に便利で煩わしいコトが無いのですが

その料金体系は本当にびっくりするぐらい超高額な値段設定になっています
ので・・・個人的には全くおすすめ出来ません 笑

なので、ここでは海外ローミングサービスに関しては解説を省略しまして
海外旅行等での具体的なスマートフォンの利用方法に関して提案してみたい
と思います(設定に関しては次の章で説明しますね)

        海外 スマートフォン 海外旅行 スマホ 設定 注意

まず最初に海外旅行等でのスマートフォンの利用方法で考えるべき事とは
海外でスマートフォンを利用する時の、その目的を明確にするという事です

皆さんが海外旅行等にスマートフォンを持って行くのは「何に利用しよう!」
と思って持って行くのでしょうか?

私の考えるスマートフォンの利用目的としては以下の事が考えられます

1.電話(日本に向けて):親や友達への連絡等
2.電話(海外の現地利用):同行者へ連絡、ホテルやレストラン、旅行会社
3.メイル(SMS):同じキャリア同士のショートメッセージ
4.メイル:いわゆるe-mail(Gmail、yahoo、hotmailなど)
5.WEB閲覧:あらゆるサイトの閲覧
6.SNS関連:Facebook、Twitter、mixi、
—————————————————————-
7.デジタルカメラ、スケジュール管理、住所録、目覚ましアラーム、ToDo

注:点線以下の内容も個人的に海外旅行におけるスマートフォン利用の重要
な使用目的だと考えるんですが、ネットに繋げずオフラインでも利用可能で
データ通信&パケット通信に影響を及ぼさないので今回は省略しますね♪ 

で、大事なのは点線より上の項目(1~6)です

ここではまず上記の項目を考える上で非常~に重要な考え方を書きますので
よく覚えておいて下さい!

【重要】

特に海外でスマートフォンの様々な利用目的を考える上で大事な事は・・・
「電話回線利用の内容」と「データ通信利用の内容」は別々に分けて考える
必要が有るという事です

具体的に言いますと、電話+SMSに関しては電話回線です
その他のe-mail、WEB閲覧やフェイスブック、ツイッター等のSNSに関して
は全てデータ通信と言うコトです

ここを勘違いされる方がひじょう~に多いです 笑

しかしここを理解しておかないと、次の章で説明する設定の部分やスカイプ、
LINEの利用など、様々な事を混乱してしまう可能性が有ります

なので上記に書いている通り、全く違うものなんだ!という事を必ず覚えて
おいて下さいね

では順番に行きます
最初の注意点の話しでも有りましたが、気を付けるべき点はデータ通信です

電話とSMSに関しては、電話を掛けなければ!SMSを使用しなければ!費用
が掛かる・料金が発生すると言う事は絶対に有りません

但し!海外では着信側でも料金が発生しますので、自分のスマートフォン
からの理由・・・と言うコト以外ではその事も頭に置いといて下さい
(覚えのない掛かってくる通話には出ないのが無難です)

なので、自分は日本に電話を掛ける事を想定してるのか?
海外に行って現地の中同士での電話利用を想定しているのか?
を考えるだけの話しと言えます

現地のSIMに差し替えない限り、例え友達同士、近くに電話をしたとしても
それは国際電話を掛けている事と同等の料金が発生します

※電話を利用する事が無いと言う想定で、たま~にだけ会話をする手段を確保
しておきたい場合はスカイプ(skype)や国際電話カードを強くお奨め致します!
LINEは通話品質が悪すぎてあまり使い勝手が良く無いと感じています

スカイプ(skype)だと通話料は無料ですし、国際電話カードは日本国内での
市内通話よりもかなり安く通話可能です(1分1円以下が当たり前です)

しかしデータ通信の方は別です!!

あなたが自分でWEB閲覧やフェイスブックを見に行こうとしなくても、アプリが
自動更新する可能性が有りますし、あなたのGmailアカウントが自動でメイル
受信する可能性も有ります

※データを一方的に受信してもパケット通信・データ通信の費用は発生します

ここで選択肢が3つ(4つ)有ります

日本であなたが契約しているキャリアの「海外でのパケ放題プラン」を契約
 してから海外に出掛ける

 メリット:何処でも接続可能、日本で日本語で設定を済ませれる
 デメリット:ローミングよりかは費用を抑えれますが、すぐにデータ量が
 プランの上限に達してしまうので使用が現実的では有りません

 例:docomo(ドコモ): 海外パケ・ホーダイ
   softbank(ソフトバンク): 海外パケットし放題
   au: 海外ダブル定額

海外で使用可能なWi-Fiレンタルを利用する

 メリット:何処でも接続可能、日本で日本語で設定を済ませれる
      常時接続タイプでは最も費用を抑えれる方法です      
 デメリット:無料では無い

 例:WiFiレンタル: グローバル WiFi
 例:イモトのWifi: Wifiレンタル

海外旅行時のネット接続はWiFi利用のみに限定して使用する

 メリット:全てのネット作業が無料(データ通信・パケット通信の費用0円)
 デメリット:ホテル、カフェ、空港、図書館など無料の公衆無線LANスポット
 でしか費用0円には出来ない、LTE&3G回線程の速さは期待出来ない

●[番外編:スマホがSIMフリーの場合のみ]海外で現地のSIMカードに差し替え

 メリット:何処でも接続可能、データ通信のみでなく現地内で通話も可能
 プリペードのシムカード購入費用を考慮しても料金を抑えれる可能性大
 デメリット:SIM購入、差し替えの手間が掛かる

 ※auで言う ICカードの場合は話しが少し別になります

 後こんな商品も発売されてて何気に好評です
 例:海外旅行用SIMカード購入

あなたの海外旅行時のスマートフォン利用目的を考えた上で上記選択肢の中から
手段を選ぶことは、パケット通信やデータ通信の料金を抑える事に必ずつながると
考えますので、是非一度検討してみて欲しいと思います


      スポンサードリンク

海外旅行でのスマートフォンの設定

1章で海外旅行等で海外に出掛ける場合のスマートフォンの注意点と利用方法に
関して幾つか紹介してみました

ここからは、じゃあその上でスマートフォンをどの様に設定しておくか?という
事を解説しておこうと思います

1.まず、私の中では海外でのデータローミングサービス利用は有り得ませんので 
最初に勝手にパケット通信・データ通信が発生しない・・・・勝手にデータを
使わない設定を紹介しておきます 笑

◎キャリアに依って名称は違うかも知れません(類似するものを探して下さい)

●設定>その他の設定>モバイルネットワーク>データローミング(特に重要)
●設定>その他の設定>モバイルネットワーク>モバイルデータ

いずれもチェックを外します(元々外れていたらそのままで結構です)

※設定の確認としては、自宅のWiFi環境で実施するとLTEや3Gのマークが消え
 WiFiマークのみになる事を確認してみて下さい
※この状態でも通話は可能です


2.海外で電話を利用する事が考えられる場合の設定

●設定>その他の設定>モバイルネットワーク>ネットワークモード
 で「LTE/3G/GSM(自動)」を選択しておきます

※海外の地域に依っては未だにGSM回線の所が有ります

これだけでスマートフォンが勝手にパケット通信・データ通信を行って予期しない
パケット代の請求が来る事を防ぐ事が出来ますので、是非、海外旅行の事前に
設定をしておいて下さいね


3.通話もデータ通信も一切しない!と言う場合は機内モードに設定しておくと言う
手も有ります

【重要】

有り得ない話しですが、スマートフォンで幾ら設定をしたとしても非常にレアな
ケースですが、スマートフォンがリブートされたり?誤ってボタンタップして?
設定が解除になっていて、通信していて帰国後にパケット代が請求されるという
事例を幾つか知っています

⇒ 幾らキャリアの窓口に掛け合っても認めて貰えません

スマートフォンで通話を利用しない、ネットに繋げるのはWifiのみ!と言う場合
思い切ってSIMカードを外しておくと言うのも非常に有効な手段です

※SIMカードを外してもWifi接続は可能ですので本当に安心してスマートフォンを
海外でネット端末としての利用が可能になります

と言う訳で、ここまで海外旅行等で海外に出掛けた際のスマートフォンの注意点
と設定に関して利用方法の提案として解説して来ました

ここで大事な事は、やっぱり目的を明確にしておいて何に使う、何には使わない
を自分で判っていると、上で書いたコト以外でも?色々事前に調べる事が出来て
パケット代を安く抑える手段をもっと見つける事が出来ると思います

※渡航先の国に依って、同じ海外と言っても色んな手段が有るモノです 笑

是非、今一度自分のスマートフォンの利用目的を確認されて
海外旅行等であなたのスマホが大活躍する事、期待しています☆


      スポンサードリンク