ランドセルの処分の仕方、捨て方や引き取りの方法ってご存知ですか?
無料・有料を問わずに幾つかの手段が有ると思うので紹介致しますね


      スポンサードリンク

小学校の6年間(もしくはそれ以下?)お世話になったランドセルには
お子さんは勿論の事、親にとっても少なからず思い出が詰まったモノ!
と言うグッズの一つになっているかも知れないですよね

毎日一緒に学校に登校してたって言う思い入れも有れば、おじいちゃん
やおばあちゃんに買って貰った!って言う思い出も有るかも知れません

ただ・・・現実問題としまして子供も卒業してしまった後になって来ますと
このランドセルって場所を取りますし、普通は使わないですよね 汗

置き場所に困らない様なお家であれば、勿論、ランドセルの処分の仕方
なんかで悩まなくても良いと思うのですが

一般的にはやはり押し入れやタンスにしまっておくにしても何気に場所
を取りますし、一番の問題は・・・やはり使わないと言う事♪

ランドセルの特殊性は、他のかばんとは違って普段使いが出来ないので
子供が学校を卒業するとやっぱり必然的に使わなくなりますよね

そこでこのランドセルをどうするのか、残すのか?捨てるのか?って時に
じゃあ処分する・再利用するにしたってどうやって?となっちゃいます

と言う訳で今回は、ランドセルの処分の仕方、捨て方や引き取り・再利用
に関して有料・無料問わずランドセルの処分の方法を紹介致しますね

関連すると思われる記事:
■ 「雛人形の処分の仕方・方法【費用・料金(無料)や時期・タイミング】」
■ 「七五三て何歳(いつ)に祝うのが正しい?男の子&女の子&早生まれ」
■ 「子供の発表会のドレス 安いおすすめ!ヤフオク/レンタル/通販(楽天等)」
良かったら参考になさって下さいね

     ランドセル 処分 捨て方 処分の仕方 処分方法

ランドセルの処分の仕方・方法で再利用【寄付・オークション・リサイクル】(無料・有料)

ではまず最初に、ランドセルの処分の仕方・方法(捨て方や引き取り)
と言う事で、単に捨てるのではなくて、新たに他の方の役に立って貰う
再利用の方法として寄付や引き取り、オークションなどを紹介致します

1.ランドセルを寄付して引き取りしてもらう

ご存知の通り、日本以外の国々にはまだまだ物資に恵まれ無い国が世界
の至る所に有ったりするのですが

そう言った国々に、ランドセルを初めとした子供の教育関連のグッズを
寄付すると言う事で引き取りしくれる機関が有ります

●ジョイセフ(JOICFP):

 「ランドセルは海を越えて」キャンペーン
 ・毎年春に期間限定で引き取りしてくれます
 ・送付先はアフガニスタンがメインの様です
 ・費用は実費で海外輸送料金の1800円掛かる様です
 ※詳細は公式ページにて: ジョイセフ(JOICFP)
  
 

 そして同じくジョイセフを通して海外の国々にランドセルを寄付するん
 ですが、ブランディア(Brandear)と言う宅配買取の会社を通すと何と!
 海外輸送料金を含めた一切の費用が無料に♪

 こちらも期間限定の様なので、詳細は公式ページにてご確認ください
 ※ブランディア(Brandear)
 

2.ランドセルをオークションに出品して、無料、もしくはお金を頂いて処分する方法

 ご存知ヤフーオークション(通称ヤフオク)等の、日本で運営されている
 オークションサイトを利用してランドセルを出品すると

 発送の手間は掛かるものの、送料を含めての一切の費用を無料にして
 ランドセルの処分が可能です(と言うか通常は儲けが発生します)

 ■オークションでランドセルを処分: ヤフーオークション
 
 ※実際、多くのランドセルがオークションに出品されており、更には
  入札も行われている様です (参考: ランドセルの入札状況/ヤフオク
  

3.リサイクルショップの買取りサービスで引き取りして貰う

 これは上のオークションと似た方法になりますが、あなたのお家の
 最寄りのリサイクルショップ等が有れば、送る手間も掛からないので
 手軽にランドセルを処分出来る方法となります

 大小様々な会社がると思いますが、全国展開していてネットでも対応
 可能な会社で言うと

 ■ハード・オフ(HARD-OFF): ハード・オフ(HARD-OFF)
  


      スポンサードリンク

ランドセルの処分の仕方・方法【残す】(ミニチュア)

では次にランドセルの処分の仕方・方法・・・と言えるのか疑問の余地も
有るのですが、ランドセルのミニチュアに関しても少し

ランドセルの処分の仕方・方法など、捨てる事を色々と考えたんだけど
やはり捨てれないので残す、残したい!と言う場合なんですが

一時ニュースにもなり話題になった、ランドセルのミニチュアを作ると
言う方法も変則的なランドセルの処分の仕方・方法と言えると思います

なにせ・・・・あの大きさは影も形も無くなり小さくなってしまうので 
思い出はそのままに!サイズは小さめに! 笑

ランドセルのミニチュア製作に携わる会社も幾つか有りますが、お値段
が結構高いので敬遠しがちですが、下記会社は一万円を切ってました♪

■思い出のミニランドセル
: ランドセル職人の【スガタキ】/楽天市場店

と言う訳でして今回は、ランドセルの処分の仕方・方法として再利用を
考えた場合の捨て方・引き取り(寄付・オークション・リサイクル)に
関してや

ランドセルをミニチュアにして残すと言う、代替え案的なアイディアも
含めまして有料・無料問わずランドセルの処分の方法を紹介しました♪

ランドセルも本来何も気にしないのであれば、いわゆる生活ゴミとして
普通に出しちゃっても捨て方としては有りなんだと思います

けれども

▲やっぱり思い出が一杯詰まった思い入れが有る商品と言う考え
▲まだまだ使えるのに・・・と言う、実用上勿体無いと言う考え

が、単純にランドセルを捨てるのは忍びないと思わせるのだと思います

使わなくなったランドセルは、勿論、親戚やお知り合いなどでお使いに
なられる方がいらっしゃれば使って頂くのが一番良いと思うのですが

残すも良し、捨てるも良しで、今回の記事を参考にランドセルの処分の
方法を検討して頂ければ幸いです☆


      スポンサードリンク