海外旅行の手荷物の制限事項や持ち込み
禁止のモノって一体何でしょう?!

手荷物にサイズ(重さ・大きさ)や個数
の決まりが有るってご存知でした?


      スポンサードリンク

年末年始やGW、お盆休みなどなど大型
の連休が設定されてる時期って日本から
海外旅行に出掛けられる人達が益々多く
なって来てると思うんですが

慣れている方はともかく初めて海外旅行
に行きます!
と言う場合の方など

海外旅行先の美しい景観やプログラムの
楽しさなんかに心を奪われがちで、案外
旅行の準備の方が疎かになったりする事
も有りますよね 笑

特にその旅行準備の中でもスーツケース
の荷物や手荷物の準備に関しては

例え、その海外旅行がツアーだとしても
社員やサークル、地域のメンバーの団体
旅行だったとしても、ましてや個人旅行
だったとしましても?

自分が全て責任を持って、最初から最後
まで完結しなければならない準備!

という事になるので、旅行先で「あぁ~
アレを持って来るんだったぁ!」とか
「こんなモノ要らなかったのに」という
事は往々にしてありますよね♪

但し、日本での車や電車・バス・地下鉄
などを利用した国内旅行とは違いまして

海外旅行の場合まず飛行機に乗りますし
(船の場合も有りますが)更には他国の
税関を通過しなければなりません

で、そこではその持ち込む荷物に対して
様々な法律・ルールが適用されます

更に昨今はテロ対策と言う意味だけでは
無く、防犯対策の観点からも各航空会社
が機内預かり荷物や機内持ち込み荷物
(手荷物)に対し様々なルールを科して
います

なので、ここでは簡単に海外旅行に行く
場合の手荷物の制限(どういったモノが
持込み不可なのか?)

サイズ(重さ・大きさ)や個数のルール
等に関して事例を交えながら各航空会社
の一覧も紹介しようと思っています♬

関連すると思われる記事:
■ 「一人旅 おすすめ海外旅行の国ランキング!初心者や女性に最適な国は?」
■ 「海外旅行でスマートフォンの注意点と設定!費用・料金を抑え安く使う」
■ 「初海外旅行で一人旅の危険&トラブル注意点 6tips」
■ 「飛行機の窓側と通路側 英語の言い方や安全性はどっち?」
良かったら参考になさって下さい 

海外旅行 手荷物 制限

海外旅行の手荷物の制限、持込み禁止な物とはどんなモノ?

海外旅行時の手荷物(機内持ち込み)
&機内預かりの荷物に関する考察

昔のイメージでは海外旅行に持って行く
荷物と言いますと、空港での旅行会社の
チェックインカウンターで、先に預けて
しまうスーツケースの荷物(機内預り)

それがほぼ全て!と言っても良かったと
思います

その頃の手荷物(機内持ち込みの荷物)
の方と言えば、本当に身の回りのモノや
貴重品、女性で言えば化粧品類等ぐらい
でしょうか?

但し、それはもはやひと昔もふた昔も?
前の話し
です 汗

昨今航空会社の機内エンターテイメント
の充実ぶりは拡張の一途を辿ってるのは
勿論なんですが

今や海外旅行に出掛けられる方々は自身
で機内に様々なアイテムを持ちこんでは
機内での時間の使い方を模索していてる
様な状況です

一例としては書籍・雑誌類、ノートPC
にタブレット&スマホ、編み物に始まり
カードゲーム、テーブルゲーム

勿論、ポータブルゲーム、ポータブルの
オーディオ機器、電子書籍リーダー等の
デバイス

他にも想像出来ない程に多種多様なモノ
を持ちこまれます

でそういった手荷物(機内持ち込み品)
の多用化もさることながら

持って行きたい荷物が多すぎていわゆる
機内預かり(空港で預けてしまう方)の
荷物の重量制限がぎりぎりなので

少しでも軽くするために、手荷物にして
機内に持ち込みたい!と考えるパターン
も急増しています

このふたつの状況に依り実は海外旅行時
における手荷物の制限がにわかに注目を
集める様になって来た経緯が有ります

それだけ、海外旅行時の手荷物の内容が
 良くも悪くも多様化して来ている という
事では有ると思います

海外旅行での手荷物の制限、いわゆる
機内に持込み不可なモノは?

まず、基本中の基本として

機内預かり荷物、手荷物(機内持ち込み
荷物)に関わらず

海外旅行の渡航先国の持ち込み禁止品や
制限数を確認する必要が有ると言う事は
理解頂けるかなと思います

例えば麻薬・ドラッグや爆弾などは何処
の国でも禁止されているイメージが有る
と思いますが

食べ物関係やタバコ類、アルコール類の
本数などなど具体的な数になって来ると
不明な部分が多いですよね?

余談ですが、私自身日本からニュージー
ランドに渡航する際、お土産でタバコを
持ちこんだのですが

昔一人2カートンまで大丈夫だったのが
ある時期に一人1カートンに変更されて
いたのには本当びっくりしました

※そして現在は一人50本!! 
 (二箱半・・半て何でしょう? 笑)

話しを戻しますがこれらの法律やルール
と言うのは、その国や航空会社に依って
違っているケース
が非常に多いです

全て統一してくれたらこんなに判り易い
事は無いのに!といつも考えるのですが
こればかりは愚痴を言っても仕方が有り
ませんよね

そういった事を踏まえて、預けても預け
なくても完全に機内持込み禁止のモノに

燃料・火薬・ガス等の可燃可能性がある
ものや漂白剤など(毒性が有ると認識)
は持ち込むことが出来ませんので覚えて
おいて下さいね♪

逆に手荷物で機内に持ち込み不可だけど
スーツケースに入れて預ける荷物ならば
問題が無いモノも有って

ゴルフクラブ、バットや、スポーツ用の
スプレー、工具、刃物でさえも預ければ
OKなんです

※収納式アーミーナイフ(万能ナイフ)
 が便利なので、海外旅行に持って行く
 人が居ると思いますが
 スーツケースに入れて、預けておけば
 持って行く事は問題有りません

後は機内持ち込みの制限として特筆して
おくべき事に、液体の機内持込みが有り
ます

以下の2点に気を付けておいて下さい

●ヘアワックス、クリーム、歯磨き
 マスカラ等含め縦横40cm以内
 (容量1L以下)のジッパー付の
 透明ビニール袋に入れれる分

●液体は全て100ml 容器に入れる

これ以外の液体は、全て機内持ち込みが
禁止されているので絶対に覚えて下さい

※液体常備薬、赤ちゃん離乳食やミルク
コンタクトレンズ保存液、喘息スプレー
などは基準の対象外になっていますので
持ち込む前に説明すれば問題有りません
(コンタクトレンズ保存液はその時使う
 分のみなので要注意です)

※出国手続き後に空港内の免税店や自動
販売機で購入したものは機内に持ち込む
事が出来るので問題有りません
(出国手続き直前にペットボトル飲料を
飲み干す姿は良く見ますよね)


      スポンサードリンク

海外旅行の手荷物、サイズ(重さや大きさ)、個数に関しての制限は?

海外旅行の手荷物の制限内容、持込みが
禁止なモノに関して書いたのと同様の話
になりますが

手荷物のサイズ(重さや大きさ)、個数
に関しての決まりも各航空会社が独自の
ルールを定めています(本当、統一して
欲しいんですが・・・)

それともう一つ!航空会社別という事に
加えて、座席のグレード別と言う要因も
加わります

エコノミー、ビジネス、ファースト、と
言うグレードの違いで手荷物のサイズ的
要因(大きさや重さ)、個数などの条件
も変わって来るんです

私の場合では完全にエコノミークラスが
主流ですので「そんなの不公平だ!」と
申し上げたいのは山々なんですが

払ってる料金が桁違いに違ってますので
それこそビジネスクラスや、ファースト
クラスご利用の方から言わせたら

「同じ条件だったら不公平だぁ!」っと
文句が出て来るのかも知れませんね 笑 

なのでそんな幾つかの前提は有るモノの
基本的に各航空会社とも大きく違ってる
・・・という事は有りません

ちなみに、手荷物の個数に関してですが
公式の見解では無いのですが私の経験則
からでは、リュックやデイバッグなどで
小型の背負う物は1個とカウントされた
事は有りません

更に女性の場合、ハンドバッグ系の小物
のバッグも同様に今まで一切未カウント
されこと無しです
(但し、一人で両パターン一緒に・・・
 は試したことが有りません 笑)

と言う訳でして以下に皆さんの利用する
航空会社が有りましたら、内容をご確認
してみて下さい♪

【機内持ち込み荷物と機内預かり荷物ののサイズ(大きさ・重量)、個数】
(エコノミーの場合です)

●日本航空(JAL)
<手荷物>
縦・横・高さの合計115cm未満
(W55cm+H40cm+D25cm以内)
重さ10kg以内
<機内預かり荷物>
縦・横・高さの合計が203cm未満
23Kg 以下で 2個まで
●全日空(ANA) ※機体の席数に依る
<手荷物>
縦・横・高さの合計が115cm未満
(W55cm+H40cm+D25cm以内)
重さ10kg以内
<機内預かり荷物>
縦・横・高さの合計が158cm未満
●アメリカン航空
<手荷物>
※カバン1個とハンドバック1個
 の計2個と詳しく明記
・カバンの方
W56cm+H30cm+D23cm以内
・ハンドバッグ
3辺の和が36インチ(91.2cm) 
<機内預かり荷物>
縦・横・高さの合計が158cm未満
32kg以下で2個まで
●デルタ航空
<手荷物>
縦・横・高さの合計が114cm以内
W56cm+H23cm+D35cm以内
<機内預かり荷物>
縦・横・高さの合計が157cm以内
23kg以下で2個まで
●ユナイテッド航空
<手荷物>
W56cm+H22cm+D35cm以内
<機内預かり荷物>
縦・横・高さの合計が158cm以内
23kg以下
●アシアナ航空 ※地域差有り
<手荷物>
縦・横・高さの合計115cm以内
重さ10kg以内
<機内預かり荷物> 
20kg以下
●大韓航空
<手荷物>
縦・横・高さの合計が115cm以内
W55cm+H20cm+D40cm以内
※重さ12kg以内に加えてノートPC、書類バッグ、ハンドバッグのいずれか1つ
<機内預かり荷物>
縦・横・高さの合計が158cm以内 
23kg以下で1個まで
●中国南方航空
<手荷物>
縦・横・高さの合計115cm以内
重さ5kg以内
<機内預かり荷物>
縦・横・高さの合計が158cm以内 
23kg以下で2個まで
●ジェットスター航空
<手荷物>
W56cm+H23cm+D36cm以内
重さ10kg以内
<機内預かり荷物>
15kg~40kgで料金を設定
●マレーシア航空
<手荷物>
縦・横・高さの合計が115cm未満
W56cm+H23cm+D36cm以内
重さ7kg以内
<機内預かり荷物> 
30kg以下
●ニュージーランド航空
<手荷物>
縦・横・高さの合計が118cm未満
重さ10kg以内
<機内預かり荷物>
23kg以下で1個まで
●カナディアン航空
<手荷物>
W55cm+H23cm+D40cm以内
重さ10kg以内
<機内預かり荷物>
縦・横・高さの合計が158cm以内 
23kg以下で1個まで
●エールフランス航空
<手荷物>
W55cm+H25cm+D35cm以内
重さ12kg以内
<機内預かり荷物>
縦・横・高さの合計が158cm以内 
23kg以下で1個まで
●ルフトハンザ ドイツ航空
<手荷物>
W55cm+H23cm+D40cm以内
重さ8kg以内
<機内預かり荷物>
縦・横・高さの合計が158cm以内 
23kg以下で1個まで

いかがでしたでしょうか?
海外旅行における、機内預かりの荷物と
手荷物(機内持ち込みの荷物)に関する

制限内容やサイズや個数に関する制限も
各航空会社で微妙に違ってますよね

勿論、渡航先が先に決まってる事が前提
ですので上記の様な条件を見たとしても

目的地を変える事は出来ず、それに従う
しか無いのですが 

自分の荷物をパッキングしていくうえで
あらかじめ荷物の諸条件が判っていると

変に不安になるという事も有りませんし
少し安心ですよね

正に「備え有れば憂いなし」と言う奴
そのものです 笑

私自身の直近の経験、といたしましては
中国南方航空を利用した時に機内預かり
の荷物が23Kgx2個の合計46Kgまで
OKと言うのが衝撃的な体験でした♪

※最近、23Kgで1個と言う航空会社が
 圧倒的にに多いので

ではでは皆さん、素晴らしい海外旅行の
計画を立て、そして荷物の準備は万全で
お出掛け下さいね~☆


      スポンサードリンク

[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る