じゃがいもの植え方・栽培方法(プランターや畝での植え付け時期
芽出し、水やり、肥料、温度、芽かき、間引き)、育て方の注意点や
栽培時期(スケジュール)ってご存知でした?


        スポンサードリンク

スーパーなど普通に買い物で買ったじゃがいもに芽が出て来た時や
周りの家庭菜園でジャガイモを栽培されてるのを見た時などなど

ウチでもじゃがいもを育ててみようかなって思った事無いですか?

私は有ります! 笑
と言うかそう言う理由で私はじゃがいも栽培を始めちゃいました♪

と言う事で、ここではじゃがいもの植え方や栽培方法に関しまして
プランターであっても、お庭や畑、家庭菜園であったとしても

種芋の芽だし、植え付け時期から水やりや温度、肥料、間引きから
収穫に至るまで、じゃがいもの栽培時期・スケジュールに合わせた
育て方と注意点を書いてみようと思います!

     じゃがいも ジャガイモ 植え方 栽培 プランター

じゃがいもの植え方・栽培方法/種芋や芽出し、植え付け時期のスケジュール

まず最初にですが、じゃがいもの植え方や栽培方法を考える場合に
プランターであってもお庭であっても種芋を用意する必要が有るの
ですが、ここで注意点が幾つか有ります

じゃがいもの種芋とスーパー等で購入の食用の芋

▲種芋として販売されているじゃがいもを用意する場合は問題無い
のですが、スーパー等で食用として売られている普通のジャガイモ
を利用する場合ウイルス病や寄生虫の可能性が有ります

※種芋はウイルス病や寄生虫予防の為の消毒・処理が施されてます
 (例:ジャガイモシストセンチュウなど)

※食用の方にウイルス病等が有る可能性と聞いて不思議に思われる
 方も居ると思いますが、これは人体に影響を及ぼすウイルスでは
 無くて、単純にじゃがいもの発育や土壌に悪影響を及ぼします
 (発育が良く無い、小さい、上手く育たない、畑全体を汚染など)

 そして重要な事は、食用の方のじゃがいもにはこの消毒剤などが
 「人体に有害な扱いで使用出来ない」と言う訳です 笑

▲食用じゃがいもの中には発芽抑制処理をしてあるものも有るので
そう言う場合はそもそも芽が出ない・出にくいです

以上の事を考慮の上でその注意点を踏まえた上でならスーパー等で
購入されたジャガイモを栽培されても問題有りません♪

後でじゃがいもの芽出しの所でも触れますが、種芋でない芋を使用
する場合は「先に芽が出るまで」待たれても良いと思います

じゃがいもの栽培で人気・おすすめの品種

これは人それぞれだと思うんですが・・・

そもそも味が好みの品種を選ばれる事が多いと思いますが、あなた
の環境で育て易い品種を見極める為にも?出来れば色々栽培方法
を試されてみても良いと思います

一応人気と言うか、おすすめな品種は、メークイン、男爵、農林一号
キタアカリ、インカのめざめ、デジマなどでしょうか

種芋は通販でも最寄りのホームセンターなどでもお手ごろな価格で
販売されています(参考: じゃがいもの種芋/楽天市場

じゃがいもの栽培での植え付け時期を含むスケジュール(栽培時期)

ベランダにプランターを置いてる場合や屋外のお庭、家庭菜園など
栽培する場所の違いや、それ以前にもあなたのお住まいの地域等に
依っては温度の条件が異なるので一概には言えませんが

基本的にじゃがいもをいつ植えるのか、と言う植え付け時期などを
含めたスケジュール(栽培時期)を考える際に、日本では「春植え」
と「秋植え」と言うのが知られています

●春植えでの植え付け時期:
 2月末~3月末頃(収穫:6月頃)

●秋植えでの植え付け時期:
 8月中~9月中頃(収穫:11月中~12月中頃)

じゃがいもの栽培に関わる温度の条件として、じゃがいもは冷涼な
気候
を好み15~24℃で良く育つと言われています

実際には温度が30℃以上になると、じゃがいもが育たなくなったり
逆に植え付け時期を早めてしまった為に早く芽が出てしまい、霜に
当たると枯れてしまう
事も有ります

上記内容はその辺の事を考慮したスケジュールになっていますので
植え付け時期を考える場合は温度の事を含め覚えておいて下さいね

じゃがいもの栽培方法の芽出しとは?

では早速じゃがいもを植えて行きましょう!と言うその前に・・・

調べてみると、皆さんジャガイモを植える前に一手間かけて芽出し
と言う作業をされているそうです(私はしなかった 汗)

じゃがいもの芽だしって何かと言いますと

要はじゃがいもも、中には芽が出ないモノが有ると言う事なんです
(これはもう確率の問題、運の問題です)

けれど自分がせっかっく植え付ける限りは全部芽を出させたい!!
そこで芽出しという作業を行ってから外れのじゃがいもを除外した
後に植え付けを行うと言う・・・後だしじゃんけん的なモノです 笑

じゃがいもの芽出しの方法と注意点

市販の食用のじゃがいもを使用する際もそうですが、出来るだけ
じゃがいもの栽培で効率を考えるのなら、やはり発育が良さげな
モノを選別してから植え付けを行うのが良いと思います♪

じゃがいもの芽出しの方法:
・日中に日当たりの良い所で太陽の日光を照射させる
 (浴光育芽/浴光催芽)
・2~4週後、しっかり芽が出て来たもの、丈夫そうな芽のものを
 植え付け用にします

じゃがいもの芽出しの注意点:
・日中に日当たりの良い所・・・に置いておくのですがここでも
 温度には注意が必要!25℃以上になる場所はNG!そして
 夜間冷えるのもNGなので、凍結する様なら取り込んでおく
・なるべく芽が出る部分(茎を切った部分:へそでは無い個所)
 を上向きにして置く


        スポンサードリンク

じゃがいもの植え方・栽培方法/プランターでの育て方の準備編
(種芋の切り方、植え付け、水やり・肥料など)

では次からいよいよじゃがいもの植え方・栽培方法と言う事ですが
その前の下準備に関して先にお話ししておきますが、

・・・私はベランダにプランターを置いて育てました

もしお庭でじゃがいもを栽培される場合は畝作りから始めると思い
ますのでそれはまた別の機会に書こうとお思います
(友達は家庭菜園でジャガイモを栽培されてます♪)

じゃがいもの植え方・栽培方法/プランター

まず早速注意点なんですが、プランターは深い物をご用意ください

理由としてはじゃがいもは種芋の上部に新ジャガが出来るのですが
プランターが浅いとジャガイモが露出して緑化してしまいます

と言う事で、じゃがいも専用のプランターや深さが50cm以上程度
の深型のプランターが良いと思います

※入れる土は市販の培養土で結構ですが、有りモノの土を利用する
場合など、じゃがいもは酸性の土壌では育ちにくいので、石灰等で
中酸性にする事をおすすめします(参考: 培養土/楽天市場

出来ればPH計や土壌酸度計などで測定されて、pH=5.0~6.5が
じゃがいも・さつまいも類が育ちやすい土壌と言われてます

土壌酸度計とはこんな物です(ホームセンター等でも有ります)

じゃがいもの植え方・栽培方法/準備・種芋の切り方

上で書いたじゃがいもの芽出しを行っていても・行っていなくても
通常まず準備として種芋を切ってから植え付けるのが主流です

じゃがいもの栽培と言う観点では、実は種芋を切らないのは
駄目と言う訳でも有りません 

じゃがいもを切るのは「芽が沢山出過ぎる」為に後で芽かき
を行う必要が増える・・・と言うだけなので、簡単にやる場合は
そのまま切らないでOKです(後で手間は増えるのですが 笑)

種芋の切り方

種芋の切り方と致しましては、大きいモノは縦に4等分、中くらいで
あれば2等分と言う風に、芽の数がなるべく均等になる様に切って
下さい(大雑把で全然構いません)

※ここで又注意点なんですが、切断面に水分を帯びたまま植え付け
を行うのは良くありません
(腐敗する可能性アリ)

可能なら切り口に石灰を塗ったり、簡単にするなら自然乾燥させて
ある程度被膜が出来る位に干してから植えられる方が良いです

     じゃがいも ジャガイモ 植え方 栽培 プランター

じゃがいもの植え方・栽培方法/植え付け

プランターの半分程度まで培養土を入れた後、種芋を切ったものを
(もし一つのプランターに複数個置ける場合は)間隔は20~30cm
ほど空けて切り口を下に向けて置きます

種芋を切ったものを複数個置いた場合は各種芋の間に、そうで無い
場合は上部に堆肥と化成肥料を30g程度、元肥として施したあとに
5cm~7cmほど更に覆土しその後水やりします

じゃがいもの植え方・栽培方法/水やりの方法・頻度

じゃがいもの栽培方法での水やりに関しては、プランターの場合は
庭での地植えに比べて土が乾燥し易い環境に有るのですが

今度は水をやり過ぎると芋が腐るコトも有り得ますので、土を少し
指で掘ってみて中まで乾いていたら水やりする
・・・位で良いです

決して毎日で水やりする必要は無く、適度に様子をみて下さい
※私は週に数回程度と言う感じで水やりします

こんな書籍もあります
じゃがいも

じゃがいもの植え方・栽培方法/プランターでの育て方
(芽かき、間引き、肥料の追肥、土寄せ、収穫など)

では次に、じゃがいもの植え方・栽培方法の中でも育て方に関して

じゃがいもの植え方・栽培方法/芽かき・間引き

草丈が10cmくらいになった段階で、生育の良い2本に間引く作業を
実施しますが、この作業をじゃがいも栽培では芽かき(単に間引き)
と呼ぶようです(ジャガイモだけじゃなさそうですが 汗)

注意点と致しましては、じゃがいもを芽かき(間引き)するときには
元気な茎にダメージを与えないように、しっかりと生育の良い茎を
押さえた状態で他の芽を芽かき(間引き)する様にして下さい

この作業を何度か繰り返す事に依り、ジャガイモの収穫時に、
より発育の良いおおきなじゃがいもが収穫出来ると言う訳です♪
逆に言うとこの作業を怠ると・・・じゃがいもが大きくならない! 笑

じゃがいもの植え方・栽培方法/肥料の追肥、土寄せ

芽かき(間引き)が終わった段階で肥料の追肥土寄せを行います

まず株元に化成肥料10g程を混ぜた、培養土50g程度を追肥します
そして約2週間後には同様に2回目の追肥をして土寄せを行います

※ジャガイモの成長にはリン酸が大量に必要と言われていますので
もしじゃがいもの発育で栄養不足が感じられるようならそういう系の
肥料を試されてみても良いかも知れません
(市販のじゃがいも用のモノで十分です)

土寄せと言うのはイモが生育するスペースを作る為に土を再度盛り
直す作業ですが、土寄せ不足だと芋が露出して緑化してしまいます

土寄せする際の注意点としては水はけと通気性を良くするためにも
土寄せは山盛り(山状に・・・と言う意味)で盛ってあげて下さい

じゃがいもの植え方・栽培方法/収穫・収穫時期

最後にじゃがいもの栽培における収穫で気を付けておくべき注意点
なんですが、ひとえに収穫時期だと思います

最適な収穫時期を逃すと当然ですが、小さいジャガイモしか出来て
なかったり、遅らせ過ぎてしまうと腐ってしまう可能性も有ります
ので注意が必要です

その上でじゃがいもの収穫時期としましては、通常、生育が進んで
花が咲き終わり茎葉が黄ばみ始めて枯れるまで待ちます

一部の茎葉が枯れていてもイモは大きくなり続けますので、 収穫は
茎葉がすべて枯れるまで待つべきなのですが

秋植えの場合など、余り引っ張ると地表面近くは氷点下になる事も
考えらますし先に書きました通り腐らせては意味が有りませんので

後、注意点としては、腐敗防止の為にもじゃがいもの収穫は晴天が
2~3日続いた後にイモに土がつきにくい状態になってる時に収穫
するようにして下さい

と言う事でして・・・

今回はじゃがいもの植え方・栽培方法、特にプランターでの育て方
と言う事で種芋や芽出し、植え付け時期のスケジュール

種芋の切り方、植え付け、水やり・肥料、芽かき、間引き、肥料の
追肥、土寄せ、収穫など注意点を織り交ぜながら紹介致しました♪

書くと結構長いなぁ~なんて思ったんですが、実際やってると割合
シンプルで誰でも簡単にじゃがいもの栽培は出来ると思います

ちょっと一回ジャガイモ育ててみようかなぁなんて思われてる方は
是非チャレンジして頂ければ嬉しい限りです

記事も参考にしながら、大きくて・美味しいじゃがいもを是非沢山
収穫される事を期待していま~す☆


        スポンサードリンク