薬膳火鍋のレシピ(材料・作り方)ご存知ですか?

薬膳火鍋 レシピ 作り方 材料 スープ 美肌 自宅 美容 ダイエット

寒くなって来ると、ほっこりお鍋で舌鼓!と言うのは誰で有っても
嬉しいモノだと思っているのですが

今や日本で定番となっている水炊き、味噌鍋、ちゃんこ鍋、もつ鍋
牡蠣鍋、石狩鍋、チゲ鍋などと並んで最近「薬膳火鍋」と言う名前
もよく見聞きする様になってきました♪

これ!中国のお鍋なんですが、薬膳と言う名の通り美肌・ダイエット
などの美容方面にもおすすめと言われたりしています

私個人は食べるのが大好きな方ですので?自宅で食べれて且つ
美肌や美容・ダイエットに良い!などと言われたら・・・かなり喜んで
作っちゃう事間違い無しなんですよね~ 

そして私は辛~いモノが大好きなんです 笑

そこで、今回は薬膳火鍋のレシピ(材料・作り方)と言う事で自宅
で薬膳火鍋を作りたいと言う方にそのハウトゥーをお教えしよう!
と思っています

是非皆さんも、美肌・ダイエットの為にも、美容と健康のためにも
薬膳火鍋のレシピ(材料・作り方)をマスターしちゃって下さいね

関連する記事:
■ 「牡蠣鍋レシピ(味噌味編)!美味しい簡単おすすめ作り方♬」
■ 「兵庫県のかに旅行 民宿&旅館 おすすめランキング」
■ 「簡単ローストビーフの作り方! 電子レンジでお手軽手作り絶品タレ付き」
● 「タラバガニの美味しい食べ方【冷凍・解凍・焼き・鍋・蒸す】」
良かったら参考になさって下さいね


      スポンサードリンク

薬膳火鍋を自宅で作る♪ 美肌・ダイエット等の美容効果の何故?

では、薬膳火鍋のレシピ(材料・作り方)をマスターする、その前に

まずはどうしてこの薬膳火鍋って美肌やダイエットなど美容効果が
有るのか?って事なんですが

薬膳火鍋としてのポイントは二つ

●鍋の材料として野菜を沢山使用出来ると言う事
 (勿論、材料はお好み次第なんですが)

●薬膳(漢方)をスープの材料として使用すると言う事

この2点が挙げられますが、やはり大きくは薬膳の効能が効いてる
のではないでしょうか

下記に主な薬膳(漢方)の効能・効果を記載しておきますね

▲トウジン(党参):疲労回復、免疫力UP、冷え症の改善
▲クミン(供眠):食欲増進、消化促進、抗ガン作用、疲労回復
▲チンピ(陳皮):脂肪分解、脂質代謝UP
▲ハッカク(八角):免疫力UP、消化促進
▲ナツメ(棗):冷え症、不眠、肝臓の強化
▲ニンニク(大蒜):抗酸化作用、便秘解消、滋養強壮
▲リュウガン(龍眼):生理不順、動脈硬化・高血圧、糖尿病予防
▲サンショウ(山椒):消炎、鎮痛、消化促進、利尿作用
▲クコノミ(枸杞の実):抗脂肪作用、コレステロール低下、美肌
▲ショウガ(生姜):冷え症、血行促進、解熱、脂肪分解
▲トウキ(当帰):めまい、生理不順、抗菌作用


      スポンサードリンク

そして忘れてならないのが、薬膳火鍋ではメインの材料となる羊肉♪

お肉を食べるのに、美肌やダイエット等の美容効果が本当に有るの?
と思われる方はきっと多いと思います

ところが羊肉には・・・

▲カルニチンと言う栄養素がたっぷり含まれており、これが脂肪燃焼
 に効果を発揮します(その量、何と鶏肉の15倍)

▲不飽和脂肪酸もたっぷり含まれている為、コレステロールを下げる
 効能も持っています

と、これまたダイエット効果に威力を発揮♬

そういった事前知識を備えた上で、薬膳火鍋のレシピ(材料・作り方)
を紹介していきますね!

最近は薬膳火鍋もブームになって来ている事から市販の鍋底(一般的
に中国では火鍋の素・スープの事を鍋底と言います)もいろいろ販売
されていますが

楽天市場でもこれぐらい有ります: 薬膳火鍋 鍋底/ 楽天市場

私個人の意見としましては、ご自身の薬膳火鍋の好みの味を見極める
為にも自宅でスープから作られるのがおすすめです♪

薬膳火鍋を紹介している動画が有りましたので良かったらご参考に

薬膳火鍋のレシピ(材料)、自宅で美肌・美容・ダイエット♪

では薬膳火鍋のレシピ(材料・作り方)を紹介していきます

まず薬膳火鍋のレシピ・材料からですが、今回は日本でも一般的に
良く見掛ける、二種類のスープを利用する二色鍋(2色鍋)に関して
お教えいたしますね

この場合、あらかじめ2種類のスープを入れれる鍋が必要です

薬膳火鍋のレシピ・材料(4人分)

【辛い方のスープ(麻辣スープ)】

・花椒(すりつぶす)大さじ2
・赤唐辛子10本
・生姜(みじん切り)2片分
・にんにく(みじん切り)2片分
・クミンシード大さじ2~3
・五香粉小さじ2
・香菜の根っこあれば(葉は薬味として使用)
・生姜のスライス2片
・八角2~3
・にんにく2片
・サラダ油100cc
・豆板醤大さじ3
・味噌大さじ2
・砂糖大さじ4
・醤油大さじ4
・酒大さじ4
・鶏ガラスープ1000cc
・塩適宜

※薬膳はクセのある味がする物が多いのでお好みでアレンジされて色々
 試される(種類・量)のが良いと思います
※薬膳の所で山椒を紹介していましたが私は好みで花椒(ファージャオ)
 を利用します
※お好みに応じて辛さの程度を花椒と赤唐辛子で調節して下さい
 中国の方に教わりましたが赤唐辛子はピリ辛さを担当、花椒は痺れる
 辛さを担当します
※同じにんにくですが、みじん切りの分と片の分に分けて入れて下さい

【辛く無い方のスープ(白湯スープ)】

・生姜2片
・にんにく2片
・香菜の根っこあれば
・鶏ガラスープ1000cc
・塩適宜

【具材の材料】

・お好きな野菜類 適宜
・お好きなキノコ類 適宜
・海鮮類 適宜
・ネリモノ類 適宜
・豆腐類 適宜
・しゃぶしゃぶ肉(羊)1Kg

【薬味】

きざみネギ 適宜
香菜(葉の部分) 適宜
すりおろしにんにく 適宜

【付けだれ】

醤油
ごまだれ

薬膳火鍋のレシピ(作り方)、自宅で美肌・美容・ダイエット♪

では次に薬膳火鍋のレシピ(作り方)を紹介していきますね

薬膳火鍋のレシピ(作り方)/辛い方のスープ

1.まず鍋にサラダ油50ccをはって豆板醤、クミン、生姜、赤唐辛子
にんにくのみじん切りを入れて炒めます

2.炒めてる際にだんだんと上記材料の香りが出る様になってきたら
鶏ガラスープを入れます

3.ニンニク、生姜、香菜の根っこをスープに入れます

4.砂糖、お酒、醤油、お味噌を入れかき混ぜながらその他の薬膳も
入れて下さい

5.塩を入れて味を整えて下さい

6.スープが沸き立っている状態で具材の材料を入れて行って下さい
 (お豆腐・羊肉は最後に)

辛く無い方のスープの作り方は上記2.の所から同じ手順を踏んで
頂ければよいです

いかがでしたでしょうか?

今回は薬膳火鍋のレシピ(材料・作り方)と言う事で、何故自宅で
美肌やダイエット等の美容効果が得られるのかの理由とを合わせて
紹介してみました♪

ちなみに・・・私が本来一番良くこの火鍋を食べるのは中国の西安
と広州と言う所に旅行に出掛ける時なんですよね~ 笑

勿論お店でも頂きますし、お家でも頂きます♬

最初、この薬膳火鍋のお店に連れて行って貰った時は、正直クセが
有り過ぎて?二度と食べる事は無いだろう・・・なんて思ってました 汗

それが不思議な事に(別に美肌やダイエットの美容効果が有るから
と言う理由では無く)自分の中で一つの美味しい鍋の種類!と言う
風に思える様になっていました

辛いお味が好きな方(大丈夫な方)、にんにく系のお味が好きな方
そして美肌やダイエットなどの美容効果に期待したい方・・・ 笑
良かったら薬膳火鍋!おすすめいたしますよ~☆


      スポンサードリンク