厄年とは?意味は?女性・男性の厄払い、時期はいつ
って言うコト・・・ご存知でした? 笑

信じる信じないは別として厄年と言うものが気になる!
と言う方は多いんでは無いでしょうか?

そりゃあ、神社に出掛けてもお寺に出掛けても、初詣に
出掛けても

様々な所で「厄年は」「本厄は」「前厄は」「後厄は」など
書かれた様なモノを見せつけられては・・・

例え信心深く無かったとしても、少しは気になって来る
と思います


      スポンサードリンク

こう書くと信心深い方からは怒られるかも知れませんが
ちょっとは作戦的な匂いも無きにしも非ずかな~などと
思ってしまいます 笑

まぁソレはそれとして私自身も厄年と言うモノを少しは
信じているクチです・・・

少しはと書いているのは少しだけと言う意味では無くて

何故信じてるのかを自分では説明出来ないと言う意味
であって、やっぱりかなり信じてる方だと思います 爆

※バチが当たる!等と言われると怖がる方なので 汗

そこで今回はタイトル通り、厄年とは?意味は?女性や
男性の厄払いの時期はいつ?と言うことを少なからず
簡潔にまとめてみました♪

厄年ってまずその数え方からして数え年や満年齢など
ふとした時に数え方が判らなくなって来ると思うので

是非、この機会に厄年関連の色々な内容を、マスター
してしまって下さいね♪
 
関連が有るかも知れない記事:
■ 「お中元 喪中の場合のマナーや熨斗(のし紙)【注意事項】」
■ 「喪中時期の寒中見舞いの書き方[文例・例文・テンプレート]と注意点」
■ 「お歳暮の時期はいつからいつまで?喪中や不幸中の相手へのマナーetc」
■ 「初盆のお返し時期、いつまでにする?品物やお礼状、のしの色や表書き」
良かったら参考になさって下さいね

厄年とは?その意味は?女性・男性の数え方

まず、そもそも厄年とは一体何?その意味は?と言う
事なんですが・・・

簡潔にシンプルに説明いたしますと、厄年(やくどし)
の意味とは

日本などで厄災が多く降りかかるとされる年齢
言う事になります

つまり人生の中で、普段よりより一層災いが起き易い
と言う年を判り易く年齢表示したモノが厄年と言う事
になります

まぁ、判り易くと言いながら、その年齢の数え方が判り
難いのですが 笑

ちなみに、厄年の由来・起源(どの様に決められた?
いつに決まった?)と言うモノは諸説有って、現代に
於いても解明されていません

なので、厄年がそもそも厄年である根拠?何故厄
年に災いが多いと言われるのか?理由も意味も

・・・実は出典(根拠となる書物)が有りません! 汗

ここに至っては本当にソレを信じるべきか?と言う事を
論議される方も実際に多い様なのですが

・・・最初に書いた通り、私は信じています♪

だって怖いから! 笑

では話しが横道にそれましたが、厄年の数え方(女性
男性)を説明しておきますね

出来るだけ簡単に判り易く順番に解説して行きますので
じっくりご確認してくださいね♪


      スポンサードリンク

厄年の数え方

まず厄年の数え方は「数え年」で年齢を数えます

数え年(かぞえどし)とは、年齢や年数の数え方の一つで、生まれた
時点を基点とし、生まれた時点で「1歳」、「1年」と数えます

以降元日(1月1日)を迎える毎に、それぞれ1歳、1年ずつを加えます
(例:12月31日に出生した場合出生時に1歳で翌日には2歳に! 笑)

厄年の数え方では関係無いのですが、逆に誕生日前日深夜12時に
一つ年齢を加齢、加年する数え方を「満年齢」と呼びます

日常生活では一般的にはこちらの利用が主流だと思います、最初が
0歳で、誕生日毎に1歳、2歳・・・と増えて行く数え方です

満年齢の方に慣れている方は、「数え年」の数え方を元日から誕生日
前日の深夜12時までは「満年齢+2歳」、それ以降は「満年齢+1歳」で
計算すると判り易いかも知れませんね♪

●女性の厄年の数え方

1.女性の場合の厄年は数え年で本厄が19歳、33歳、37歳とされてます

2.前厄は本厄の1歳前なので数え年で18歳、32歳、36歳とされてます

3.後厄は本厄の1歳後なので数え年で20歳、34歳、38歳とされてます

※女性の33歳は大厄と呼ばれ、凶事や災難に遭う率が非常に高いので
十分な警戒を要するとされています

●男性の厄年の数え方

1.男性の場合の厄年は数え年で本厄が25歳、42歳、61歳とされてます

2.前厄は本厄の1歳前なので数え年で24歳、41歳、60歳とされてます

3.後厄は本厄の1歳後なので数え年で26歳、43歳、62歳とされてます

※男性の42歳は大厄と呼ばれ、凶事や災難に遭う率が非常に高いので
十分な警戒を要するとされています

厄年で女性・男性の厄払い、時期はいつ?

次に、女性・男性の厄年における、いわゆる厄払いの時期はいつが
良いのか?という話しですが

上で厄年の数え方を説明しました通り、男性と女性では厄年の年齢
が違ってますので、必然的に厄払いをされると良いとされる時期も
変わってきます

基本的にはまず厄払いは厄年に行われる事が多いとされています!

但し、日々の生活で少しずつ溜まっていく厄をこまめに祓う意味で
厄年以外に行う場合もあるそうです

厄払いとは厄除け(やくよけ)、厄落とし(やくおとし)等とも
呼ばれる事が有ります

話しを戻しますが、ではその厄年のいつ、どの時期に厄払いに行けば
良いのかという話しですが

▲年の節目である新年の正月元旦に行うケース

▲年の節目を旧正月と考えて、厄年の区切りも旧正月から
 として節分にあわせて行うケース

▲年始から節分までに行うケース

と有る様ですが、本質は厄年を無事乗り切るために祈願するという事
の為に行う事ですので

その時期を越えてしまったからと言って、厄払いをお願い出来なくなる
訳では有りませんので 笑

一般的には上記全てを踏まえて、3番目の「年始から節分までに行う!」
と言うケースを取られてる場合が多い様です

と言う事でして、今回は厄年とは?意味は?女性や
男性の厄払いの時期はいつ?と言う事を

厄年の数え方も含めまして、一応、簡潔にまとめて
みました♪

途中でも書いていますが、そもそも論で言いますと
何を根拠に厄年のコトを信じてるの?という話しに
なるのかも知れないですし

信じている方も、信じていない方も、賛否両論有る
と言うのも凄く理解出来ます

まぁいずれにしましてもこう言うコトを知識として
知っておくと言う事は

決して損する話しでは無いと思いますので、私個人
としましては良かったら参考にして頂けたらなぁと
思っている次第です☆


      スポンサードリンク

[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る