FXと外貨預金の違い/比較、メリット・デメリットはご存知ですか?


      スポンサードリンク

ひと昔前、為替の投資商品としての代表格は外貨預金でした

皆さんも一度は「Cit● Bank」や「AN● 銀行」の外貨預金の宣伝
(新聞広告、雑誌広告やネットでの広告など)をご覧になった方も
いらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、1998年の外為法改正をきっかけに、個人でも利用可能な
投資商品としてFX(外国為替証拠金取引)が誕生しました♪

それ以降、FXは現在に至るまで随分と一般的にも広まってきた感じ
は有るのですが・・・実情まだまだ外貨預金に比べると世間で認知
されてるとは言い難い状況です

その理由としては色々考えられるとは思いますが、一つはその名前
(ネーミング)も有ると考えられています

一方は外貨預金と言う、いわば貯蓄、貯金などの資産が目減りする
事の無い安全な運用方法と言うイメージ

もう片方のFXは、外国証拠金取引、FXトレードと言う様に、証拠金
と言う、ちょっとイメージの沸きにくい言葉や?取引やトレードと言う
運用に少し不安定さをイメージさせる様な言葉が使われています

全ての方が上で書いた様なイメージを持たれると言う訳では無いと
思いますが、少なくとも外貨預金とFXの認知度の差は現在に於いて
まだ相当の開きが有るのが実情です

そこで今回は改めて

▲ FXと外貨預金の違い/比較、メリット・デメリットとは?
▲ FXを外貨預金として運用する事は出来るの?
  (FXはレバレッジ1倍で外貨預金代わりになるの?)

と言う部分を考えてみたいと思います♬

FXと外貨預金の違い/比較、メリット・デメリットとは?

例えば日本の人が日本で日本円を運用する場合、同じように見える
外貨預金とFXの違いとは一体何でしょうか?

FXと外貨預金の違い、メリット・デメリットを簡単に比較しますと

FXと外貨預金の違い/比較

■FXは様々な会社の違いに関わらず、外貨預金と比べて手数料が
 数十分の1もしくは数百分の1

 ※信じられない程圧倒的に安い
 ※固定費用で無い為投資金額に応じ外貨預金では信じ難い程高額

■FXは「外貨定期預金」などと違い決められた期間が無い

■FXは円安になっても円高になっても外貨預金と違い買う取引でも
 売る取引でも利益を得る事が出来る(外貨預金で売る事は不可能)

■FXは外貨預金と違い24時間取引が可能

■FXは外貨預金の25倍の運用が可能(日本の場合)

■FXの金利(スワップポイント)は外貨預金の金利より有利

■FXは外貨預金と違い、運用出来る通貨の種類が多数

■FXは外貨預金と違い日本円を利用して日本円以外の通貨ペア同士
 の運用が可能(例:ユーロと米ドルなど)

■FXは外貨預金と違い、ロスカットが有るので損失を限定出来るが
 外貨預金の方は円高に向かうと際限無く損失が膨らむ
 (それが外貨定期預金なら更に手数料が絡む結果になる)

以上の様な違いが挙げられます・・・

既にお気付きの通り、今まで外貨預金、FXに馴染みの無かった方は
ご存知無かったと思われるのですが、現状、外貨預金がFXに対して
メリットを持つ部分は皆無です(デメリットしか有りません)

この事は多くのFXを良く知らない方、外貨預金とFXの違いをご存知
無かった方に大変驚かれます 笑

大抵の方がメリット・デメリットが双方にそれぞれ有ると思われてる
と言うケースが圧倒的に多いので・・・

この理由に関して一つだけ注釈を入れておきますと

外貨預金を奨める側の言い分としては、「FXは為替変動で大きな損失
を被る可能性が有る」と言う文言が常套手段として使われるのですが

真実は違います 笑

判り易く言いますと、例えば外貨預金で100万円を運用するのと同じ
様にFXでも100万円を証拠金として利用すると確かに儲けも、損失も
為替変動の大きさに比例して大きくなります
(外貨預金と比較して25倍得をするか、25倍損をします)

但し・・・

FXの場合は「外貨預金で100万円を運用して得る利益」と同額の利益
を得るのに100万円を利用する必要は無いのです

4万円で構わないのです(何故なら日本はレバレッジが25倍なので)

レバレッジの説明はここで書くと、この記事の主旨とずれて来るので
今回は省きますが、いわば、てこの原理で運用が可能と言うコトです

昔はこのレバレッジが誤解されてFXのリスクの様に捉えられている方
もいらっしゃいましたが、レバレッジに一切のリスクは有りません

※外貨預金の運用資金の1/25の金額で運用すると、FXとは言っても
 外貨預金と同じリスクとなります


      スポンサードリンク

FXを外貨預金として運用(レバレッジ1倍で外貨預金代わり)は可能?

FXには上で記載した様な様々なメリットが有るのですが、多くの方は
「トレードを繰り返す事での為替差益」として運用する事にメリットを
求められる方がいる一方・・・

このFXのメリットを生かし、外貨預金として(外貨預金の代わりに)
運用する事は出来ないか?と考えられる方もいらっしゃいますが

・・・結論としましては可能だと考えます

FXの本来の様々なメリット全てを活用しているとは決して言い難い
のですが 笑

外貨預金の様に「長期運用」をお考えの場合、レバレッジを1倍にする
事で外貨預金と同様のリスク・儲けを受けながら、金利や手数料では
圧倒的なメリットを受ける事になりますので

外貨預金をするぐらいなら?レバレッジ1倍でFXで投資運用される方が
理にかなっている言えます

ちなみにFXにはその他にもメリットが有りまして、余談にはなりますが
もしあなたが海外旅行に行く場合など・・・

出国前の日本の空港や渡航先の外国の空港、両替店などで、日本円と
渡航先の通貨とを両替されて現地で利用されると思うのですが

外貨預金で取引される場合にその通貨での利用と言うのは基本出来ない
のですが、FXでは出来るんですよね~♬(しかも断然安い手数料で 笑)

これは資産運用、取引・・・と言う内容とは少し違いますが、もし海外旅行
に行かれる事が多い方などは特に覚えておかれた方が良いと思います

★例えば無料で作成出来るこんなカードも有ります♪

 ・発行手数料無し、年会費無料
 ・クレジットカード、外貨両替より断然お得
 ・世界210以上の国と地域で使える
 ・ICカードでカードショッピング保険も付帯
 ・紛失・盗難に遭っても50万円まで補償

 クレジットカードより断然お得に使えるFX会社のカード: マネパカード


 

という事でして

今回はFXと外貨預金の違い/比較、メリットやデメリットとは?と言う事と
FXのメリットを生かし、外貨預金として(外貨預金の代わりに)運用出来る
のか・・・という事を書いてみました♪

レバレッジの部分でもしかしたら少し判り難かったかも知れませんが、簡単
な話しでは上記の例の通り、4万円で外貨預金の100万円と同様以上の
利益(金利・スワップポイント)を得れると考えてみて下さいね

ある意味で言いますと、FXは外貨預金の今までの欠点をカバーする為に
誕生した様な商品とも言えますので

是非、FXのメリットを正しく理解して頂いて、あなたなりに合った運用方法
でFXを活用して頂けたらと思います☆


      スポンサードリンク