行かない!帰らない!行きたくない!
いう声も多いお正月の義実家への帰省♪

気にならない人は、全くといって良い程
気にならないモノですが、行きたくない
当事者にとっては切実な問題ですよね~

お正月 義実家 帰省

特に?結婚して初めての新婚カップルが
義実家に行く場合などは

義父母のみならず親戚一同と過ごす時間
を苦痛に思う方もいらっしゃるようです

まぁ、理由はともかくとして行かない!
帰らない!と決めた人はともかく・・・

行きたくないけど行かなくてはならなく
なった人のために、お正月の義実家への
帰省・過ごし方ということで

服装、手土産、お手伝い、お料理などと
マナー?と言えるのかどうかは疑問なん
ですが

気を付けておくべき注意点の様なモノを
紹介しておこうと思いまーす♪

関連が有るかも知れない記事:
■ 「年末年始・お正月・冬休みの激太り!原因/理由と簡単対策&解決方法」
■ 「鏡餅の賞味期限、いつまで飾る?食べ方・切り方・柔らかくする方法♪」
■ 「おせち料理の意味・由来・いわれ こんにゃく・ぶり・かまぼこ編」
■ 「おせちの取り寄せランキング 口コミで人気 おすすめ高級料亭の味!」
良かったら参考になさって下さいね


      スポンサードリンク

お正月の義実家への帰省・過ごし方/服装編

お正月の義実家への帰省・過ごし方、に
おける「服装」に関して・・・

普段のあなたが、例えどんな服装をして
いようとも?

もし、お正月の義実家への帰省で義両親
から【気に入られたい、悪く思われたく
ない】
などの感情をお持ちなのでしたら

帰省時滞在時の服装は改めて考えておく
必要が有ると思います

何故なら、あなたも理解出来ると思うの
ですが

服装って、かなりの印象を相手に与える
役割を持っているからです!

もっとお洒落して行きたい、好きな服装
をしたい、楽な服装が良い、などなどと

お正月でもあることから色々考えるとは
思いますが・・・

●義実家側は迎え入れる立場であり
 あなたは訪問する立場である事

●お正月というタイミングである事

●他の親族とも顔を合わせる機会が
 考えられる事

を考慮すると、控え目、落ち着いた服装
にするに越した事は有りません

具体的に言えば、同じ帰省中であったと
しましても

普段と、改まった時とを使い分けた方が
良いと思います

上で書きましたように、基本、大人しめ
落ち着いた服装で統一する様にして

少し改まった場合はワンピースにしたり
綺麗めなニットやブラウス等に

膝丈のスカート(フレアやプリーツ)を
合わせたり・・・
(足元は肌色ストッキングとローヒール
パンプスなど)

色も落ち着いた感じのネイビーやワイン
レッド、ベージュやグレー、淡いピンク
などが使い易いかな?と想像します

まぁ、こまでガチガチに気を使う必要は
無いのですが

ちょっとしたことでも義両親の印象って
大きく変わるモノなんですよね~ 笑


      スポンサードリンク

お正月の義実家への帰省・過ごし方/手土産編

お正月の義実家への帰省・過ごし方、に
おける「手土産」に関して

実は・・・・物凄く意見が分かれるのが
この手土産、お土産と称される内容です

先に申しておきますが、正解というモノ
は有りません。。。

何故物凄く意見が分かれると書いたかと
言いますと

この手土産・お土産には現金(お金)を
渡す事も含まれるからです

●あなたは義実家へ帰省された際に
 現金(お金)をお渡しになったり
 しますか?

●現金(お金)をお渡しになる場合
 お幾ら程渡されますか?

これはあなた方や義実家の両親の価値観
や間柄、他の義兄弟の有無やその人数

それぞれが訪問する頻度や、お子さんの
人数、果ては収入に至るまで・・・

様々な要素で、各御家庭で色々な方法を
取られている模様です
(現金を渡さない事も含めて)

なので、再度書いておきますが
一般的にはとか、正しくはということで

礼儀的、マナーとしても、お金を置いて
いく事、手土産を持って行く事は、常識
とかでは決して有りません
ので♪

もし、その部分を気にされているかたが
いらっしゃいましたら

本当、気にされなくっても結構ですので
どうぞご安心下さい

後は本当に、義実家の義両親に対しての
自分達側の気持ちの問題の部分が大きい
かな?と思います

例えばですが、

●義両親が既に年金生活だが、そう
 生活が裕福という訳では無いので

●いつも子供や孫にお小遣いという
 形で還元されているので

●他の義兄弟たちがお金を置いて行く
 ので仕方が無く

●お金を置いて行く事をしなかったり
 手土産を持って行かないと愚痴を
 言われる

色んなケースにおいて嫌々持って行って
渡す場合もあれば

コチラから是非渡したいという場合など
色々とあると思います

結論と致しましては、結局帰省する側の
立場としましては

旦那さんとも良く話し合って決められた
ので有れば?どんな答えであっても正解
と考えて良しとしましょう♪

※金額にも決まりは有りません、念の為

お正月の義実家への帰省・過ごし方/手伝い編

お正月の義実家への帰省・過ごし方、に
おける「お手伝い」に関して

この件で皆さんに多い質問が(お正月に
関わらずですが)

義実家へ帰省した際に一般的にお手伝い
する義務が有るのか?

どの程度までするべきなのか?という事
を疑問に思われる方も多いようです

これも先に言ってしまいますと当たり前
の話しですが、正解なんか有りません♪

もっと言うのなら、お手伝いする義務も
無ければ、お手伝いする際の種類も

●おせち料理作りぐらいは手伝う
 べきとか

●自分達の洗濯物は自分で洗濯
 すべきとか

●自分達の部屋は掃除すべきとか

●お正月に帰省した時ぐらいは家事
 の一切をしてあげるべきとか

マナー・常識等、一切有りません!
(きっぱり)

お姑さんから小言を言われる、旦那さん
から嫌味や愚痴を言われるなどは、また
別の話しですが

本来は、気持ちの問題として「滞在中に
お世話になるんだし・・・」と言う事で

出来る範囲で手伝うのは、こちらが気が
楽になる意味でも
おススメです♬

但し!それを義務的に言われたりすると
感情的には反発心を持つのは当然のこと
だと思います

色んな事情によりましても、手伝うべき
手伝わなくても良いなど

内容に依っても違う部分が多いとは思う
のですが

結論的にはあなたの気持ちの許せる範囲
では多少譲歩して

進んでお手伝いされる方が、当然当たり
障りは有りませんよね? 笑

お正月 義実家 帰省

お正月の義実家への帰省・過ごし方/料理編

お正月の義実家への帰省・過ごし方、に
おける「お料理」に関して

この内容も実に多岐に渡った質問・疑問
が多いようです

例えば長男の嫁と言う立場だった場合に
お正月に関わらず、義実家へ帰省した際
には料理をすべきかどうか?

と言うような内容・・・

要するに、お手伝いとかそう言うレベル
では無くて

帰省した際には、自分が台所を仕切って
料理を担当すべきか?と言うコトです

ここまでは、正解が無い!という内容を
繰り返し紹介してきた私なんですが

更に加えてこの様な悩み・質問が有る!
という事を、友達に聞くまでは全く想像
すら出来ていませんでした 汗

私の「義母は、自分の台所には余り人を
入れたくないのでは?」と言う想像とは
根本的に逆で

「長男の嫁ならば帰省した時に料理する
のは当たり前」と考える義両親も普通に
おられる模様なんですね 笑

なのでまずこの対処の仕方としましては
少なくとも旦那さんに、義実家の意向は
確認しておくべき
だと思います

※実際料理するしないは別としても

その上で・・後はあなたの心づもり次第
だと思います

●小さいお子さんのお世話でとても
 大変

●完全に料理に自信が無い
(失敗するならやらない方が無難)

●勝手が判らない台所には絶対に立ち
 たくない

色々有ると思いますが誰が料理を仕切る
のか?手伝うのか?関わらないのか?は
全てあなた次第ですが

あらかじめ義実家の意向が判った上なら
差し障りが無い形の方向に誘導して行く
ことも可能かも知れませんよね?
(厳しいかも知れませんが 汗)

自分が少しでも快適に過ごすためにも?
ある程度の計画性を持って、行動される
のが大事だと思います

※もし料理するとなると、適当に・・・
 という訳にも行かないと思うので

 それ相応の準備や対応が必要になって
 来る事も有り得ます

と言う訳でして、今回はお正月の義実家
への帰省・過ごし方!と言う事で

特に服装や手土産、お手伝いやお料理に
関して触れてみました♪

お正月に関わらずなんですが、義実家へ
帰省するということは

事の大小を問わず細かい内容を上げれば
キリが無い程、実に沢山の種類の悩み事
や気になる事が存在しますよね

まぁそれぐらい、実際は気を遣うことが
本当に多いと言う事なんでしょうが・・・

ただ冒頭でも書きましたが、こう言う事
気にしない人にとりましては

本当に全くどうでも良い話しの様に足蹴
にされてしまいます 笑

なので、可能であれば?そういう方々に
習って

出来るだけ気に病む事も無く、あなたに
できる可能な範囲で努力をする!という
感じで

気を遣う事も出来るだけ最小限に留めて
おいて

ある意味、割り切った気持ちで義実家で
気持ち良く過ごされる事を、こころより
期待していますね☆


      スポンサードリンク