皆さんが春の訪れを感じるのはどんな時
でしょうか

私達が暮らす日本では桜が咲きますよね

桜が咲くと「春の訪れを感じる」という
方も多いのでは?

うえの桜まつり ライトアップ 屋台

桜ってとても小さく可愛らしい花なのに
一本の枝に何十個もの花が咲くと途端に
雄大に美しく見えるから不思議です

関東地方での桜の開花時期は3月~4月
新生活の始まる時期に重なるので節目の
時期に桜が咲くという印象もあります

そして、桜が咲けばその美しい姿を観に
公園などに足を運ぶのも日本人の楽しみ
のひとつですよね

家族でお花見に行ったり、肌寒い夜間に
暖をとりつつ夜桜の下で宴会をするのも
日本の春の風物詩となっています

そして都心で日中でも夜間でも沢山の桜
を楽しめる名所なのが上野公園です

上野公園では毎年「うえの桜まつり」
開催しています

実はうえの桜まつり2018年の開催期間の
発表はまだされていませんが、例年での
開催どおりなら3月下旬から4月上旬

因みに2017年は3月18日〜4月9日の期間
で開催されていました

※桜の開花状況によっては
 時期がずれる事があります

3月中旬には公式サイトにて詳細が発表
されるのでチェックしてみて下さいね

★うえの桜まつり公式サイト
http://www.city.taito.lg.jp/index/event/kanko/uenosakuramatsuri.html

うえの桜まつりでは夕方からの桜の木の
ライトアップをするので、昼間とはまた
違った印象の桜を楽しむ事ができますし

桜まつりの期間中はお昼ごろから屋台が
開店するので、美味しい食べ物を色々と
楽しむ事ができると人気です

開催期間の公式発表前に屋台情報と桜の
ライトアップの時間帯などのチェックを
しておけば、お花見の計画も抜かりなく
進められますよね♪

と言う事で今回はうえの桜まつり2018の
屋台、ライトアップの時間帯、駐車場の
情報などをお届けいたします

関連が有るかも知れない記事:
■ 「スイーツマラソン in 東京 仮装やコース情報と荷物の件」
■ 「東京オリンピック 語学・通訳系ボランティアの募集・申し込みや応募」
■ 「アートメイク 東京なら何処が評判?口コミから人気を探る」
■ 「東京から名古屋の移動で安い方法を探す!格安新幹線&飛行機」
■ 「大江戸骨董市のアクセスや駐車場、混雑情報と戦利品」
良かったら参考になさって下さいね


      スポンサードリンク

うえの桜まつり2018!屋台情報

うえの桜まつりの楽しみの一つと言えば
何と言っても沢山の屋台です

うえの桜まつり2018でも、例年とおなじ
エリアに屋台が並ぶと思いますので

毎年屋台が多く立ち並ぶエリアをご紹介
していきますね

上野公園の中でも何か所に別れて屋台が
出店されますが、特に密集しているのが
東照宮境内不忍池の周辺
です

ズラっと屋台が並ぶのでお好みのものが
すぐに見つかるかと思いますよ~ 笑

屋台は22時ごろまで営業していますので
温かい食べ物を買って夜桜見物するのも
良いですよね

動画ではライトアップされた桜と屋台の
立ちならぶ様子が紹介されていますので
参考にしてみて下さい

うえの桜まつり

後、SNSから屋台の様子をピックアップ
してご紹介していきます

ガッツリとステーキも購入できます

ホクホクのジャババターも美味しそう

焼きトウモロコシやお団子、チュロス等
屋台グルメを楽しめます

うえの桜まつり2018!ライトアップと時間

うえの桜まつりのライトアップは風情を
感じさせるボンボリがずらっ~と連なり
桜の枝と花を照らし出します

昔の人もこうして夜桜を楽しんでいたの
かな?なんてノスタルジックな気分にも
なったりしますよね

因みに2017年にライトアップを実施した
時間帯は17:30~20:00迄でしたので

うえの桜まつり2018でも、同時間帯での
ライトアップだと思います

夕暮れ前にお花見を始めて屋台で色々と
食べ物を購入して

シートに座りながら少しずつボンボリの
明かりに照らされてく夜桜を楽しむのも
歩きながら夜桜をゆっくりと楽しむのも

どちらも雰囲気が違いそれぞれの良さが
ありますよね~

あと、期間中は19時以降が特に混み合い
ます
ので

お子様連れの方は早めの時間にゆったり
桜を楽しんでおきましょう

上野公園桜マップを見ながらどの場所で
花見を楽しもうか、と計画を立てるのも
おすすめです

PDFですので印刷可能です
上野公園桜マップ
http://www.guidenet.jp/tk/hanami/pdf/2013sakuramap.pdf


      スポンサードリンク

うえの桜まつり2018!駐車場情報

さて、せっかくのお花見ですから慌てず
ゆっくりと桜を楽しみたいですよね?

うえの桜まつり2018でのお花見に便利な
上野公園の周辺にある駐車場のご紹介も
しておきます

【上野恩賜公園第一駐車場】

収容台数:100台
営業時間:8:30~21:30
(入庫は19:30まで)
料金:1時間まで400円
   (以降30分毎に200円)

住所:台東区上野公園6
電話:03-3821-0755

※第二駐車場はバスのみになりますので
一般車両は第一駐車場を利用しましょう

【上野公園大駐車場】

営業時間:24時間
料金:小型車・・・30分毎/300円  
入庫から12時間まで 2000円

中型車・・・30分毎/350円 
入庫から12時間まで 2300円

大型車・・・30分毎/400円  
入庫から12時間まで 2800円

バイク駐車・・・一回 700円
(入庫から12時間以内)
ヘルメット無料預かりあり

住所:東京都文京区湯島
   4丁目6−12
電話:03-3822-0274

こちらの駐車場はベテランの係員さんが
キーを預かって駐車してくれまして

コインパーキングが空いていない時には
プロの技で詰め気味にキチっと駐車して
くれるとの口コミもありますよ~ 笑

【上野中央通り地下駐車場】

営業時間:24時間
料金:8時から22時
最初の30分 300円
以降10分ごと 100円
   
22時から翌8時
30分ごと 100円
最大料金 500円

住所:台東区上野2丁目13番先
(中央通り地下)
電話:03-5812-3695

上野公園の周辺は他にも複数の駐車場が
あるので

イベント時などの周辺駐車場が混雑する
場合でも数か所まわると駐車できるかと
思います

先程ご紹介した上野公園大駐車場などは
特におすすめになります

という事で今回はうえの桜まつり2018!
屋台やライトアップ、駐車場情報などを
ご紹介してきましたが

最後に夜桜見物の場所取りのおすすめに
ついても少しお話ししておきます

やはりサークルや会社の皆さんと一緒に
夜桜の下で宴会をする予定の方なんかも
いらっしゃるかなと思いますので♪

で、上野公園内の場所取りのおすすめの
エリアなんですが

先ほどご紹介しました上野公園桜マップ
を見て頂くと分かり易いかと思いますが

桜の木が密集しているエリアはお花見の
場所取りスポットになります

「清水(観音)堂」「托鉢山」「野球場」
辺りは桜が密集していて人気なので毎年
場所取りの激戦エリアになっています

桜の密集エリアと一般トイレ、更に屋台
が近いので人気なのも分かりますよね

この場所は場所取りもやっぱり大変です

なので、出来ればそこからは少し離れた
場所を目指した方がおすすめです

具体的に言えば・・・

桜の木は道なりに植えられていますから
東照宮から不忍池へ向かう道など微妙に
桜は密集していないけれど

屋台までの距離や、トイレまでの距離も
遠すぎないエリアがおすすめです!

もしも可能であれば、お花見前日までに
一度下見に行く事をおすすめします

地面の凹凸や、通路の幅なども確認して
桜の良く見える位置を把握すると意外に
場所を決めるのにかなり役立ちますよ♪

真下から見上げる桜もとても素敵ですが
少し遠目で眺める桜も幻想的で、とても
素敵なものです

うえの桜まつりでのお花見や夜桜見物と
屋台を是非お楽しみくださいね~☆


      スポンサードリンク