インフルエンザが流行し出すと年齢や立場は関係無く、私たちの誰もが
嬉しくないのは明白なんですが(嬉しいのは製薬会社位でしょうか?)

勿論お母さんも、赤ちゃんも、学生さんも、高齢者の方も、つらさは同じ
なんですが、インフルエンザで休むと言う事に対して、会社にお勤めの
社会人の方は立場上でもより一層厳しいモノが有るようです

特にまだ社会人になって間もない新社会人の方などは、世の中としての
常識やお勤めの会社内の雰囲気、上司や先輩の方々の考え方などなど

自分がどう思う・・・と言う以前の問題で、会社にどう思われるんだろう?
上司や先輩はどう思うんだろうか?という事を心配される方も、結構な数
いらっしゃる様です


      スポンサードリンク

聞く所によりますと、インフルエンザで欠勤する事で、社会人失格の様に
扱われる様な会社や職場環境も有ったりするそうです 汗
(個人的には考えられない程劣悪な環境ですが)

そこで今回は、インフルエンザになった社会人の方々に対してその出勤
何日休むのか?という事に対する考え方や治癒証明・診断書に関しても
少し紹介しておこうと思ってます

関連すると思われる記事:
■ 「インフルエンザの診断書の料金や費用と後日必要な場合のもらい方etc」
■ 「咳が止まらない時の対策・対処法【楽になる方法はどうしたらいい?】」
■ 「飲み会の断り方の理由!前日ドタキャンから会社の上司にメールまで」
良かったら参考になさって下さい

インフルエンザの社会人は出勤すべき?何日休む?

まず最初に不幸にしてあなたがインフルエンザに掛かってしまった場合
についてですが

何を置いても必ず医師の診断を仰ぎましょう

もうこれは必須中の必須、体調面から考慮しても、周りへの影響を考慮
しても、更には会社への体裁を考える上でもあらゆる事を想定して医者
に行っておくべきです、いや、行かねばなりません!

その症状を我慢する、そのうち治るだろうと放置する・・と言うのは
社会人として有りがちな行動ですが、間違った行為です

まず、そもそも論で言いますと、私達(専門の知識を学んでいない素人)
は中々その「症状だけ」からは正しい病名を判断は出来ません

インフルエンザの症状にも様々なモノが有り、インフルエンザと一口に
言いましても季節性インフルエンザや新型インフルエンザが有りますし

高熱、関節痛、筋肉痛、頭痛、倦怠感、食欲不振、咳、喉の痛み、鼻水
等は一般的にインフルエンザの症状と言われていますが、他の病気に
おいても起こり得る症状と言えますよね

つまり、あなたはインフルエンザでない別の病気の可能性も有ります

大事なコトは

●自分の体調回復の為にも、正しい病名を判断し、出来るだけ
早く治癒していく為の対処・対応を施す事

●出来るだけ周りに影響を及ぼさない・うつさない様に務める事

この2つは、特に「インフルエンザと言う感染性の高い病気」に於いて、
最も重要な項目で有ると考えて下さい

そしてこの事からも言える通り、忙しさや周りの目を気にして社会人の方が
その症状を押してインフルエンザの状態のまま会社に出勤すると言う行為
は・・・明らかに間違っています

とかく社内で言われがちだったり、インフルエンザを患った社会人の方自身
が気にされる内容の一つに「自己管理が出来ていないと言われる!」
・・・という事が有る様です

しかし症状が出た後で(インフルエンザに掛かってしまった後から)その事
を考え直してみても何も状況が良い方向には変わりません

正論で言えば、例え予防接種を施して自己管理に最善の努力を費やして
いたとしてもインフルエンザに掛かる場合は十分に有ります

自助努力だけでインフルエンザを完全にカバーする事は出来無いのです

・・・但し可能性を下げる事は出来ます 笑

つまり、普段から自身の健康面を考慮して予防接種を受けたり自己管理
に努めておくと言う事は

「備え有れば憂い無し」と言う観点では、社会人における「会社内での身の
保全」という考え方的にも?取り組んでおいて損は無いでしょう

しかし何度も言います通り、これは事前の取り組み、心構え的な話しです
掛かってしまった後に考えてもしょうがない話しですよね♪

インフルエンザに掛かったら何日休む?

いざ会社を欠勤した方と言うのは次に何日休む?何日休める?という事
も気にされてる様です

常識で考えれば、あなたの体調が復調して出勤出来るようになった時点
で・・・と言う言葉で片付けれる話しなのですが

先に述べました大事な事を振り返って考えますと、ここでも

●自身の体調面を考慮した判断

●周りにインフルエンザをうつさないか?と言う判断

が求められます

つまり、本来あなた自身だけで判断出来る内容では無いという事ですね

そしてこれは、次で言及する治癒証明や医師の診断書と関わって来る話
なんですが・・・

仕事が忙しい!そろそろ出勤しないと上司・先輩の目が気になる!同僚
に迷惑をかける!と言った内容が、何日休むのか?いつ出勤するのか?
を決める訳では無いと言う事です

医師に診断して貰ってからその経過を判断して貰う事が確実であり且つ
最善の方法ですので、会社内や仕事の状況等は、そういった内容に付け
加える形で考える様にしましょう

       インフルエンザ 社会人 出勤 診断書 治癒証明 何日休む

インフルエンザのの治癒証明や診断書は社会人のお守り

ここまで解説して来ました通り、社会人の方がインフルエンザに掛かった
もしくは掛かったと思われる状況に於いては、1.も2.も無くお医者さんに
行って診察して貰って下さい♬

という事でしたが、お医者さんに行くのには治療以外にもう一つ大事な
理由が有ります

それはインフルエンザ診療の診断書を書いて貰うという事です

社会人で有るが故の煩わしい内容の一つに、自分の体調面や周りの目
と言う事以外に事務手続き上必要な書類が存在します

いわゆる社内フォーム・書類で言う所の治癒証明書という書類に当たる
のでしょうか?

学校系で良く聞く書類名ですが、会社としては余り聞かないので所定の
フォームが無い所が多いかも知れませんが、その場合は医師の診断書
がその役割を担います

これは勿論事務処理上で必要な書類になるのですが、実は上で書いて
来た様な周りの目を抑止すると言う意味でも大きな効果を発揮します!

いわゆる大義名分の免罪符の様なモノでしょうか 笑

風邪をひいて体調が悪く・・・と言って有給休暇を取るのも良いのですが
医師の診断書は会社の内外できっとその効力を発揮すると思われます

この診断書の件も含め、あなたがいつまでインフルエンザで休むのかも
含め・・・とにかく症状がキツくなるその前に、是非、病院でお医者さんに
ご相談して下さいね☆


      スポンサードリンク