口紅やグロスと違い、落ちにくくて使い
やすい、話題のリップティントについて
口コミをまとめてみました!

リップティント 口コミ 安全性 使い方 成分

リップティントを使うにあたり口コミで
安全性や使い方、どのような成分が使用
されているのかを知っていただければ?

気になっている方も使ってみようかな~
って決めやすいのではないでしょうか♪

ぜひ、使ったことのある方々の口コミを
参考にして、不安や悩みを解消してみて
くださいね!

関連が有るかも知れない記事:
■ 「浴衣でお出掛け、化粧崩れや順番、つけまのポイントをご紹介」
■ 「その肌荒れはストレスが原因?場所や改善方法」
■ 「アートメイク 東京なら何処が評判?口コミから人気を探る」
■ 「化粧品の使用期限守ってる?開封前(未開封)と開封後」
良かったら参考になさって下さいね


      スポンサードリンク

リップティントの口コミ 安全性

女性は肌に関してとても気になるもので
化粧品など肌に直接使うものなどは特に
安全性を気にしてしまいますよね

リップティントを使用するにあたっては

肌に支障はないのか?

使用しても安全なのか?

そういう部分を、しっかりと知った上で
使用したいですよね

と言う事で、果たしてリップティントは
使用する上で安全なのでしょうか?

いくつかの口コミを集めさせていただき
ましたので、是非、下記の内容を参考に
してみてくださいね

≪口コミ≫

リップティントってベタっとついて
顔から浮くようなイメージでしたが
案外大丈夫でしたし、特に唇に何の
問題も無しです
確かに色は多少落ちにくいのですが
艶がなくなるのが早く乾燥しやすい
感じがしました
落ちにくい分、肌や身体に害がある
ような気がして怖いです
便利でいいと思いますが色素沈着が
気になります
何十年後に肌に害が出てくるなどが
ちょっと気になってしまいます
プチプラでも、ちゃんと保湿されて
乾燥せず、ぷるぷる唇が続くものも
あるから安心して使えます

      スポンサードリンク

リップティントの口コミ 使い方

使い方についても、出来れば先に多少は
知っておきたいところですが

使うタイプによっても使い方等が違って
きますので、購入する前にはぜひ口コミ
から使い方も参考にしてみてください

≪口コミ≫

唇が乾燥しやすくなるので塗る前に
保湿してから塗るのがおすすめです
体温で発色や色味が、変わってくる
みたいなので唇をマッサージした後
塗ると綺麗に色づきますよ
物によっては唇だけでなくチークや
アイメイクにも使えるので、とても
役立ちます
パックタイプのものは乾かしてから
剥がさないといけないので塗る前に
保湿をしないと、唇に負担がかかり
やすいかも

こちら・・・噂の新商品
アディクト リップ ティント
ディオール (Dior)
アディクト リップ ティント

参考に

リップティント口コミ 成分

使用していると、唇が荒れやすくなって
しまうこともあるようですが、成分にも
関係があるのでしょうか?

アレルギーを起こしやすい様な成分等が
含まれている場合も商品に依ってはある
ようですので

自分が購入しようと考えてる商品の成分
に関しては熟知してから使用すると言う
のがいいかもしれません

安全性に関係のある成分につきましても
やはり気になされている方は多くいると
思いますので

ここでは成分についても口コミから情報
を集めてみました♪

≪口コミ≫

保湿成分が入っているので、乾燥も
気にせず使えます
危険な成分は入っていないみたいで
副作用が出る成分も、とりあえずは
入っていなかったので使ってます

ただアレルギーとかある人はもっと
調べてから使う方が安全かも

皮膚への刺激が、強い成分が入って
いたのを知ってから、すぐに使用を
やめました

どうりで肌が荒れやすいわけだ

合成界面活性剤入ってたので使うの
やめました

毒性あるみたいなので

アルミニウムが含まれている成分が
使われているものも、あるみたいで
使うのは少し不安です
使用されてる色素で、発がん作用や
皮膚炎を起こすものが使われている
場合もあるので要注意ですよ

と言う事でして今回はリップティントの
口コミについて、安全性や使い方、成分
に関して御紹介してきましたが

リップティントは商品によっては、少し
不安な要素が多いものかもしれません

様々な口コミを見ていると色の付き方や
落ちにくさ

使い方の安易さなどでの評価は、とても
良いことが言えるのですが

安全性や成分などについては不安な声も
多かったです

肌への負担が大きいものも多数あるとの
口コミも多かったので

使用を考えている方々は使用前に細かな
情報を調べてから使用する事をおすすめ
致します

最近では日本で作られているものが多く
ありますので、多少値は張っても確実に
安全であるものを、探して使用するのが
良さそうですね☆


      スポンサードリンク