今回はニュージーランドのレンタカーを
借りて運転する時に懸案となる、保険の
必要性と言うことで

ニュージーランドに旅行に行かれた時に
自動車で周ろうと計画されているかたが

最も利用すると思われる交通手段である
レンタカーの利用に関しまして

ニュージーランドに行く事にまだ慣れて
いない方が気になるであろう

自動車保険の必要性に関してご紹介して
行こうと思ってます

関連が有るかも知れない記事:
■ 「ニュージーランドのレンタカー 免許証の必要性」
■ 「ニュージーランドのレンタカー 乗り捨て可能なおすすめ会社」
■ 「卒業旅行は海外!ニュージーランドがおすすめな理由と格安アイディア」
■ 「年末年始の海外旅行でニュージーランド航空券購入の注意点のまとめ」
■ 「海外旅行でスマートフォンの注意点と設定!費用・料金を抑え安く使う」
良かったら参考になさって下さいね


      スポンサードリンク

ニュージーランドのレンタカーで保険の必要性

ニュージーランドでレンタカーを借りる
ことを検討されてる方と言うのは

イコール日本では日本の免許証を持って
運転をされてると言う事が前提だと思う
のですが

あなたが自家用車(社用車?)をお持ち
かどうかは別としまして

日本に於いて車を運転すると言う時点で
自賠責保険任意保険(対人)の両方に
加入しておかねばならない!

・・・と言うことはご存知だと思います

で、この考え方自体はそのまま海外でも
適用されるケースが有るので

他の国に海外旅行に行く場合なら日本と
同じ様に考えておけば良い!と言えると
思うのですが

実はこのニュージーランドと言う国だけ
に関しては特殊と言いますか

正に旅行先にニュージーランドを選んで
レンタカーを借りようと検討されてる方
にだけ!覚えて貰いたい内容が有ります

それは、ニュージーランドの場合・・・

●ACC(Accident Compensation
 Corporation)と言う組織が有り

 ニュージーランドの国内で起きた
 事故で被害に遭った当事者に

 その治療費の全部 or 一部などを
 補償する制度が存在します

 これは日本で言う所の任意保険に
 該当する為、対人保険に加入する
 必要性は有りません

※因みにこのACCは自動車事故だけ
 に関わらず、あらゆる事故に対応
 してくれます

●ニュージーランドでは日本で言う
 ところの、自賠責保険に相当する
 強制加入の保険が存在しません

ニュージーランド レンタカー 保険

・・・と言うことはどう言う事なのか?

つまり、日本では運転する事と言うのは
イコール・・・

法的な義務として加入しなければ
 ならない保険が有る
万が一にも、人身事故を起こして
 しまった際には巨額の補償が発生
 する為

 対人の保険は、任意とは言っても
 絶対に加入しておかないと自分の
 人生設計すら破綻する

この様な常識を全て取っ払う必要が有る
と言うことであり

例えば皆さんが普通に日本で暮らす上で
加入される生命保険や

例えば正に海外にご旅行に出掛けられる
際に検討される海外旅行保険の様に

リスクと補償内容、そして保険に関わる
金額(保険料)を照らし合わせて

普通に「自分の場合(今回の場合)では
どうしよう?」と言う事を検討されれば
良いと言う事になります

ただ、本当にこの感覚と言うのが、特に
自動車の保険、レンタカーの保険ですと

日本の皆さまの場合はどうしても日本の
習慣が身に染み過ぎてしまっていて

絶対に保険に入らないととんでも
ない事になってしまう!
保険に入らないのは法律違反!

の様に考える方が圧倒的に多いのですが
決してその様な事は有りません!と言う
ふうに覚えておいて下さいね

では、ニュージーランドでレンタカーを
借りる場合には別に保険に入る必要性は
無いのか?と言う事を考えた時に

上記で説明して来た内容で、漏れている
内容(カバーされてない内容)が有る事
にお気付きの方もいらっしゃるでしょう

それが、対物や自損事故に対する補償と
言う事になりますので

ニュージーランドでレンタカーを借りる
と言う場合に、加入するべき保険を検討
すると言うのは言い換えると主に2つ

物を壊してしまった場合

自分の運転する車が破損した場合

の補償に関して検討すると言う事です


      スポンサードリンク

ニュージーランドでレンタカーを借りる際に検討すべき保険

ではここで皆さんがニュージーランドに
行かれてレンタカーを借りる場合に加入
を検討する保険について少し説明します

上で書きました通り、自動車を運転する
と言う上で

一番気にしておかねばならない対人保険
に関してはACCでカバーされてますので
対物や自損事故に関してですね

対物損害保険(Third Party)

事故の過失が自分にある場合相手と
第三者の損害を補償する保険です

Third Party では自分の車の損害は
カバーされませんのでご注意下さい

補償内容として相手の車や第三者の
車、住宅の塀や家屋等を想定します

車両保険(Full Cover)

こちらは相手や第三者だけでなくて
自分の車の損害も補償されます

もちろん、今まで説明してきました通り
こう言った保険を付ける・付けないのは
自由なんですが

2点ほど留意しておいて頂きたい内容が
有るので覚えておいて下さい

一つ目は、今回はいわゆる居住者と言う
事では無くて

旅行者等がレンタカーを借りた場合での
保険に関して紹介して来ていますが

昨今のレンタカー会社の料金と言う物が
既に保険料が組み込まれた形で料金設定
されているケースが普通に有ります

この理由としましては、レンタカー会社
の立場からしますと

万が一事故が起こった場合、やはり車両
と言うのは商売道具ですので

随時回転して利用ないといけないモノに
なりますが

これが保険に加入していない状態ですと
内容に依っては凄く手間と時間が掛かり
ビジネスに大きなマイナスとなります

他にも理由は幾つか有りますが、それら
の点を考慮するとレンタカー会社的には
保険加入は必須となります

そう言った背景を考慮した上で、結局は
レンタカー会社が

その保険料をどうお客さんに対する料金
に反映させるのか?実際の事故確率は?
ライバル会社との料金比較は?

などなどを考慮して保険がレンタカーを
借りる事にセットになっていたりなって
無かったり(お客さんが任意で選ぶ)

つまりはレンタカーの料金が高かったり
安かったりする・・・と言う訳ですね

※車の車種や排気量などでの値段の違い
 とは別に

なのでレンタカー会社を検討する場合は
そう言った点を含めて、料金を比較する
必要が有ると言うことが一点目!

少し古いですがこんな動画も参考に・・

二つ目は、これはニュースにもなってた
と思うのですが

実際問題、ニュージーランドを旅行中に
交通事故を起こす!と言う事は起り得る
と言う話しです

これは勿論この話しがあなたに該当する
しないと言うのは全く判らないのですが

ニュージーランドは意外に車の交通事故
が多かったりします・・具体的に言うと
追突事故、接触事故などですね

これに関しては特に信頼出来るデータと
言うのは公開されてませんし

居住者?旅行者?自家用車?レンタカー
と言った分類データも無いのですが

一つには、居住者であっても日本の様な
「真面目に交通ルールを守る」と言った
律儀な面が無い所が指摘されていて

都心部などでも結構 雑な運転をする方が
多い 
のが現状だったり

又別の面では、日本も含めたアジア圏の
道路事情に「ギブ・ウェイ」「ラウンド
・アバウト」
と言った交通ルールが無く

移民や旅行者などが実際の路上で運転中
戸惑う場面が有る事が指摘されたり

他にも郊外でのスピード制限が緩い事が
原因であると考えられてたり

まぁ色々と言われていますが、実際問題
車両同士、もしくは対物、自損事故など
というのは意外に多かったりします

この辺を、今度自身がニュージーランド
で旅行中に運転すると言った場合、どの
程度考慮するのか?

と言うのが二点目になります

なのでこの辺を押さえておけば後はもう
自分の予算の範囲内でどうするのかだけ
・・・の話しだとも言えますよね

と言う事で、今回はニュージーランドの
レンタカーを借りる際に加入を検討する
保険に関して紹介してみました!

何度も上で言ってる事ですが、日本では
今更自動車の保険に関してその必要性を
議論する必要は無く(必須なので 笑)

ニュージーランドの保険事情を聞いたら
少し違和感を感じると思われるのですが

実際居住者の方でも保険加入されてる方
も居れば未加入の方もいらっしゃる訳で

この辺の実際の損得はケースバイケース
何とも言い難いモノが有ります

ただ一つ言える事は、保険に加入する事
=リスクリワードの事と、単なるお金の
話しだけなのでは無くて

確かに其処には「安心感」と言うモノも
存在しますので

今回の記事も参考にして頂きながら・・
是非、皆さんなりにレンタカーを借りる
際の保険について考えてもらって

ニュージーランドでの車旅行を楽しんで
いただけたらと思っています☆


      スポンサードリンク