年賀状の処分方法・処分の仕方・・・・皆さんどの様にされてますか?


      スポンサードリンク

年末・・・と言うよりも年始に意識しやすい、という話しを良く聞くんですが
溜まりに溜まった大量の年賀状の処分方法・処分の仕方にお困りの方も
いらっしゃるようです

●住所録代わりにしているから?
●書いて有る内容に思い入れが有るから?
●写真付きの年賀状だから?
●人から貰ったモノなので気軽に捨てれない?

理由は色々有りますが、年賀状って通常は結構長い期間保管してる人も
多いのかな~と思います
(小さい頃からずっと保存されてる方も普通にいらっしゃいますよね)

けど多い人だと一年だけでも年賀状が数百枚、下手すると千枚を超える
枚数溜まる人もいらっしゃるそうです(お仕事絡みで)

そしてこれが10年、20年と言う風に積み重なって来ると・・・
さすがに年賀状の保存・保管方法にも困って処分方法を検討し始める人が
出て来ると言う訳ですね

そこで、ココでは年賀状の処分の仕方に関して様々な方法を紹介致します
一応、捨てる事が出来る場合と捨てれない場合、という二通りに関しても
その処分方法・捨て方を紹介致しますのでご参考に♬

捨てる事が出来る年賀状の捨て方(処分方法・処分の仕方)

まず最初にズバリ、処分方法・処分の仕方・・・つまり、捨て方ですね 笑
こちらを紹介していきます

これは「年賀状の内容自体は保存・保管しておく」と決めた場合においても
結局、大量の原本の年賀状の処分には困ると言う前提で

内容を保管・保存するしないに関わらず、年賀状そのものの処分方法をココ
では紹介する事に致します

年賀状の内容の保存・保管に関しては ※別記事 で紹介する事にしますね

● 年賀状の保存・保管・整理方法 スキャン?アプリ・ソフト?ファイル?

[年賀状の処分方法・処分の仕方]

1. 自分で燃やす
2. 自分でシュレッダーに掛ける
3. 燃えるごみの日に出す

一番オーソドックスな方法ですが、皆さん「それが出来るなら苦労しない!」
って仰られるかも知れませんよね 汗

但しある調査会社のアンケート結果では、意外に上記の様な方法で年賀状を
そのままの状態で処分していたり、捨てる方が三割程も居たそうです

なので、もし「良いのかなぁ~」なんて不安に思われてるだけなのでしたら?
他の方もやられていますのでどうぞご安心を♪

そして上記の方法を取る場合でも

年賀状って個人情報を含んでいるので、シュレッダーに掛けても?燃えるごみ
の日に出しても?ちょっと心配かも・・・という事も有るかと思います

手っ取り早い方法では、黒の太マジックで個人情報部分を塗りつぶして捨てる
のが最も楽で簡単な方法です

そして黒マジックは、ポスカの極太がかなりオススメです 笑

        
☆三菱鉛筆 水性サインペン ポスカ 極太角芯 筆記線幅15mm 黒

注意しておきたいのは、普通の油性マジックだと乾いた後にプリンターの文字
などが浮いてきてしまう場合が多いです(ポスカはそれがありません♪)

で、そう言うのが面倒な場合、最近「個人情報保護スタンプ」と言う氏名や住所
などを隠してしまうスタンプが手軽な作業で人気になっています

「ケシポン」などのスタンプは物凄く人気になってますよね♬

気になる方はコチラでご確認下さい ⇒ 「人気の個人情報保護スタンプ一覧」

ではどうしても捨てられない・・・・と、踏ん切りがつかない場合はどの様に対処
して行くべきでしょうか?

これは勿論個人差が出て来る部分では有りますが、やはり自分の中で優先順位
を決めて場合分けをし、ある年賀状に関しては保存・保管するにしても?

それ以外の年賀状は捨てる!と言う風に、出来るだけ保存・保管する量を減らす
方向に持って行くべきだと思います

具体的に「場合分けする考え方」的な項目だけを例に出しておきますと

●ビジネス上、仕事上の挨拶的、儀礼的なだけの年賀状
●ずっと過去のモノから置いておきたい親しい人の年賀状
●手書きでは無い印刷だけの年賀状
●手書き、気に入ったデザイン、印象に残った年賀状
●結婚しました、子供が出来ました等写真付きの年賀状
●データとして必要な情報が書き込まれている年賀状
●毎年来る年賀状の中で過去のモノと最新の(去年の?)年賀状

上記は単なる例ですが、こういった場合分けをご自身に当て嵌めて行った上で
その中での優先順位を決めていくと、全ての年賀状を残す!と言う状況からは
改善出来る部分が有ると思います♬


      スポンサードリンク

年賀状の処分方法・処分の仕方、最終案は郵便局や市役所

年賀状の処分方法・処分の仕方を考えた結果、それでも捨てられないと言う結論
に達した方への最終案は、もう郵便局や市役所に持って行っちゃいましょう!

皆さん、書き損じた年賀状や、未使用(自分が使わなかった)年賀状を郵便局に
持って行って手数料を払って新しい年賀状に換えて貰ったり、普通の郵便ハガキ
に換えて貰える事はご存知の方多いと思うんですが

郵便局や市役所が不要の年賀状の回収を実施していたりする場合も有ります♬

但し・・・
残念ながら実際に実施している所は少ない模様なんですよね

以前は郵政事業庁が主導で、全国318箇所の郵便局に年賀状の回収箱を設置して
リサイクルを行っていたそうなんですが

現在は民間事業者と市役所が協力して年賀状回収箱を設置していくパターンの方が
多く見受けられるようですので

いずれにせよ、最寄りの所でもしかして実施してる?と思われる場合は、事前に
問い合わせされて確認される事をおすすめ致します

という事で、年賀状の捨て方(処分方法・処分の仕方)に関してかいつまんだ所を
紹介して来ました

年賀状は長年溜めていたら溜めていただけ捨てるのに躊躇されると思うんですが
最終的に残す・残さないは自由としても、他のモノも含めてこういうモノが溜まって
来ると、お部屋やお家のスペースを圧迫しかねません

毎年で有っても、数年に一度で有っても
・・・今回の記事を読んで、少しでも上手く年賀状が処分出来るコト願っています☆


      スポンサードリンク