今回は不眠による頭痛の症状、肩こりや
めまい、吐き気、倦怠感を解消する!と
題しまして

いわゆる不眠(睡眠障害)を伴った頭痛
及び肩こり、めまい、吐き気、倦怠感で
悩んでいる方に向けまして

一体何をどう対策して行けば判らない!
と言う場合の解決策の道筋として

不眠や頭痛及びそれらに伴う症状を解消
する為の手助けに成れば・・・と思って
まとめてみたいと思います


      スポンサードリンク

不眠による頭痛の症状、肩こりやめまい
吐き気、倦怠感などなど

これは、実際に経験してみなければその
辛さと言うのは本当に判り難いですし

勿論基本的にはどんな病気にも言える事
かも知れないのですが

各個人の受け止め具合の差、症状の程度
期間の違いなどなども有って

他人が判断出来る様な、表面上現れてる
症状からだけでは

 実際本人が感じている辛さ と言うモノが
周りの人には判って貰えない・・と言う
ケースが往々にして有ります

其処で今あなたが不眠による頭痛の症状
肩こりやめまい、吐き気、倦怠感などを
感じている場合

次のステップで考えて行く事をおすすめ
致します

関連が有るかも知れない記事:
■ 「体臭予防で男性におすすめ、変化を実感する方法5選!」
■ 「便秘に効くお茶口コミランキング 妊婦も子供もOK」
■ 「ALTの数値が高い 脂肪肝の改善の為に出来る対策」
■ 「通勤時間の使い方!おすすめ有効活用方法&過ごし方の最適化♪」
良かったら参考になさって下さいね

不眠 頭痛 症状 肩こり めまい 吐き気 倦怠感

不眠による頭痛の症状 肩こり・めまい
吐き気・倦怠感解消のためのステップ

不眠による頭痛の症状、肩こり・めまい
吐き気・倦怠感の解消のために

まずは次のステップで対策や解消方法を
考えて行って下さい

1.

自分の考えや、周りの方々の意見よりも
何よりも信頼がおけるのが、やはり専門
の知識に長けたお医者様の意見と言う事
になります

勿論症状の程度にも依ると思うのですが
最善の方法は、病院でお医者さんに診察
して貰う事を前提にして下さい

2.

その上でまずすべき事としまして、症状
の原因の特定と因果関係の判明と言う事
になります

今回は、不眠での頭痛、肩こり・めまい
吐き気・倦怠感と言う症状に関しまして
書いていますが

各症状について世の中には様々な対策や
解決方法が出回っているものの

それらの対策と言うものが、あなたが今
悩んでいる症状に合う方法なのかは慎重
に見極める必要が有ります

間違った方法を取る事は、あなたの症状
の解消には繋がらないばかりか悪影響も
考えられます

そこで不眠の原因は何なのか?次の様に
考えてみて下さい

●実際に各症状自体が直接の原因で有る
 事が自身で判明していて、具体的には

痛みがひどくて
気になってしょうがなく
気分が悪くなって

不眠や睡眠障害を起こしている!と言う
様なケース

●各症状は、不眠が原因で起こっている
 その後の症状だと考えられるので

 これらが原因と言う事では無く、他に
 原因が有ると思われる・・・例えば

仕事、人間関係、金銭関係、恋愛系
就活、身体的な事、あらゆる分野に
おける悩みやストレス
うつ病を始めとする精神面での疾患
自律神経系やホルモンバランスなど
に依る疾患
アルコールやカフェイン、過食等も
含めた栄養や食事内容に依るモノ
スマホ、テレビ、パソコン、寝具や
枕など外的な要因

もしこう言ったコトが原因であると言う
自覚症状が有るなら、ある程度の原因は
特定出来ていると言う事ですね

更に言えば、病院へは何も治療の為だけ
では無くて

あなたの症状の原因を確認する為の検査
として行く事にも利用出来るので

不眠の原因がわからないと言う場合には
症状の原因を解明する為に病院に行くと
言う手段を取ることも賢明です

3.

どんな病院・診療科に掛かるべき?

どの症状をメインに相談(検査・治療)
するのかにも依存するとは思うのですが

まずは信頼のおける、最寄りの掛かり付
のお医者さんに診て頂く(内科・外科)
と言う事でも良いと思います

一般的な事で言うのであれば・・・

頭痛:神経内科または脳神経外科
   ※最近は、頭痛外来と言う
    診療科も有ります
うつ病:神経科、精神科、心療内科
肩こり:整形外科、内科
めまい:耳鼻咽喉科、脳神経外科
    心療内科、内科
吐き気:内科、消化器内科
倦怠感:内科、精神科、心療内科

但し恐らく既に皆さんもお気付きの通り
これら上記のことは、一概には言えない
内容になります

つまりココが最も肝心なことなのですが
大事な事は、原因や因果関係がはっきり
している場合は別ですが

特に

不眠の原因がわからない
各症状との因果関係がわからない

と言うようなケースでは

問診も含めたレントゲンや血液検査など
様々な項目を調べていけば、大体の事は
絞れて来ると思いますので

治療の方法が明確になると言う事も勿論
有るのですが

自分がその症状の原因や因果関係を把握
していると言う事が日常生活上でとても
大事な事になると思います

【注意点】

病院でお医者さんの指示を仰ぐ場合での
注意点としましては

今回の不眠や睡眠障害と言う事がベース
になっている様な場合

スグに睡眠導入剤を処方なされるケース
も有るかと思うのですが

其処はきちんと他の症状への不安(頭痛
肩こり・めまい、吐き気・倦怠感等)も
強く訴えて下さい

お医者さんの判断材料となるべき情報は
出来る限り多く与える様にしておくと

その医院・診療科で検査・治療設備等が
無い、もしくは困難な場合などでも

其処を起点として紹介状を出してくれる
ことがほとんどですので

検査・治療の流れが繋がってスムーズに
コトが進めれると思います


      スポンサードリンク

不眠による頭痛の症状 肩こり・めまい
吐き気・倦怠感解消のサプリ3選

では最後に不眠による頭痛の症状として
肩こり・めまい・吐き気・倦怠感の解消
方法と言う事で

お医者様に掛かる程では無い
ひとまずは症状を伺っている

と言うような状況での民間療法の一つと
言う事で

手軽で且つスグに効果を確認出来る手段
として、おすすめサプリメントを幾つか
紹介しておこうと思います

実際に、個々の症状における民間療法を
調べて行きますと、現在実に様々な方法
が存在します

勿論、不眠もそうですが、頭痛、肩こり
めまい、吐き気・倦怠感・・それぞれの
症状はそれぞれに特徴が有りますので

物理的な対策(ストレッチ、運動)から
精神的な対策(癒し、カウンセリング)
食事療法やツボなどなど

他にも様々な方法が有ると思うのですが
昨今はお医者さんで処方してもらうお薬
とは違いまして

カラダへの負担が軽い事や日々忙しい中
でも手軽に摂取が出来たり、継続し易い
と言う事が受け入れられて

サプリメントを利用すると言う方が結構
増えつつ有る様です

実際、中にはお医者さんに診て貰ってる
時間すら取れないからと理由でサプリを
摂取される方もいらっしゃる様ですが

勿論大前提として、上で書いたステップ
で考えて頂くのが本筋なのですが

症状が軽微で有ったり病院で診察をする
程度とは考えて無く様子見の状況など?

現時点では暫くの間、自分で対応・確認
すると言う考えも、一つの手段ではある
と思います

なので、以下に不眠に特化し且つ手軽さ
と効果と言う点で評価を得ている商品を
3点だけ紹介しておきます

ご自身の症状やその程度の度合いを考え
自分に合いそうなものが有れば、お試し
されれば良いと思います

リラクミンSe
株式会社リラクル
WEB: メンタルサプリ専門店のセロトニン対策サプリ

女性に高評価のメンタル系
 セロトニン対策サプリ
楽天市場ランキング1位獲得
 200週以上の実績

マインドガードDX
健商株式会社
WEB: マインドガードDX

トリプトファン、他を含んだ
 トータルアミノ酸系サプリ
配合量と吸収力に徹底的に
 拘ったセロトニン対策飲料

ルナハーブ
株式会社マイスターシャーレ
WEB: 【ルナハーブ】公式サイト

天然植物&ハーブ系の
 セロトニン対策サプリ
モンドセレクション連続受賞

と言う事で今回は不眠による頭痛の症状
肩こりやめまい、吐き気、倦怠感を解消
する!と題しまして

正に今どうすれば良いのかわからない!
と言う方に向けて症状解消の為の道筋と

付け足しで、おすすめのサプリメントも
紹介させて頂きました

今回書いている不眠による頭痛、肩こり
めまい、吐き気、倦怠感等と言うモノの
原因と結果と言いますか

その因果関係と言うモノはかなり密接に
結び付いているケースが有り

なので、ある意味ではその一つの症状に
集中して解決に取り組めば、他の症状も
快方に向かう場合も有りますし

かと言えば、各症状は個別に一つづつで
取り組むべき可能性も有ります

で、これを確認・把握出来るのはやはり
自分自身でしかありませんので

病院で治療を受けるにしても自身で様子
を見るにしても、是非、経過を見ながら
取り組んで行って貰って

最終的には、皆さんの症状が収束・軽減
される事を願っております☆


      スポンサードリンク

[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る