今回はALT の数値が高い!脂肪肝の改善
の為に出来る対策 と題しまして

ズバリそのままなのですが、健康診断や
血液検査などでALT(GPTとも言う)の
数値が高いと判明したものの

この事をどう受け止めて、更に脂肪肝を
含めた肝機能障害に対してどう改善して
行けば良いのか?をお伝えして行きます


      スポンサードリンク

そもそも元々詳し人と言うのは、肝臓に
関連するALT の数値だけには関わらず

自身の気になる項目は常にチェックして
対策・改善をされてるとは思うのですが

実際、其処まで出来ている人と言うのは
かなり少なくて

健康診断や血液検査等で ALT(GPT)や
AST(GOT)の数値が基準値よりも大きく
上昇してしまっていて

要検査・再検査を宣告されてから初めて
気になり始めると言う人の方が多いです

そこで今回は そもそもこの ALT(GPT)
や AST(GOT)と言うモノがどう言う
もので

基準値に対する数値の上昇が、何を意味
しているのか?

ALT(GPT)の数値を踏まえて脂肪肝や
肝炎等、肝機能系の病気を改善する為に
出来る事をお伝えして行こうと思います

関連が有るかも知れない記事:
■ 「体臭予防で男性におすすめ、変化を実感する方法6選!」
■ 「しわの原因 [目の下や目の周り]は加齢や紫外線に起因【予防と対策】」
■ 「便秘に効くお茶口コミランキング 妊婦も子供もOK」
■ 「老眼用サプリメントの効果とは!本当に症状を食い止める?回復する?」
良かったら参考になさって下さいね

ALT 数値 高い 脂肪肝 改善

ALTの数値が高い = 脂肪肝?基準値やASTとの比較

まずそもそも ALT(GPT)や、その数値
が高い事が何を表しているのか?という
話しなのですが

健康診断で血液検査を行った場合、肝臓
機能の検査項目である、血清酵素の量を
表す数値として

ALT(GPT)や AST(GOT)と言うモノが
有ります

ALT(GPT)や AST(GOT)は、両方とも
アミノ酸をつくり出す酵素で

肝臓等の細胞が障害を受けると血液中に
流れ出る為に血中での濃度が上がります

つまり 数値の上昇から肝臓細胞が障害を
受けたかどうかが判る 
と言うことですね

実は両方共肝臓に含まれているのですが
ASTは心臓に最も多く含まれていまして

更には肝臓以外に骨格筋等にも含まれて
いる為、ASTとALTの数値を調べる事で

障害を受けた部位が心臓か、肝臓なのか
または筋肉などそれ以外の部位なのかを
判断する手掛かりになるんです

つまり、ALT の大部分は肝細胞に含まれ
ますので、この数値が高い場合には肝臓
の病気の可能性が考えられる訳ですね

と言うことで、ASTがALTよりも高い時は
肝硬変、肝臓がん、アルコール性肝炎や
心筋梗塞などが疑われますが

ALT がAST よりも高い時には、慢性肝炎
ウイルス性肝炎、脂肪肝などが疑われる
と言う事になります

因みに日本医師学会の定めるALT(GPT)
やAST(GOT)の基準値としましては以下
の様になってます

ALT(GPT): 5~30(U/L)

AST(GOT): 10~35(U/L)

当然、数値に依る様々な判断等は病院で
お医者様の判断を仰いで頂くのが必須に
なりますのでご注意下さいね


      スポンサードリンク

ALTの数値が高い 脂肪肝の改善の為に出来る対策

では実際問題 ALT(GPT)の数値が高い
場合、改善の為に出来る対策とはどんな
ことでしょう?

現在、脂肪肝を含む多くの肝機能障害に
対する治療方法や改善方法などの対策は
広く出回ってると思いますし

何と言ってもまずは、病院でお医者様の
指示仰ぐ事が大事なんですが

昔から変わらず実践されてる方法として
何と言っても覚えておくべき事としては

大きく2つに分けて、食事と運動に依る
治療・改善になります

これの意味する所は実にシンプルでして
言ってみれば特効薬が無い!と言う事を
表してる訳なんですが

焦らない生活習慣の改善が肝機能の改善
ひいてはALT等の数値の改善の肝(キモ)
になると言う訳ですね 

※洒落では無くて本当にそうなんです

で、具体的な方法として食事については
摂取するべき物と減らすべき物で分けて
考えるべきで

まぁ最も一番大事な事は、採る、減らす
以前のこととして

 1日3食を規則正しく、栄養のバランス
を考えて食事する 
と言う事が非常に重要
になりますので

良いとされるモノの過剰摂取を行っても
数値や症状の改善に寄与しないケースは
往々にして有ります

で、減らすべき物の代表例はアルコール
になりますし、後、高カロリーな物全て
該当します

又摂取するべきモノとしては特に肝臓の
細胞を再生するたんぱく質を含む食品を
採る事が大事なのですが

野菜や果物に含まれるミネラルも肝臓の
代謝を助けてくれるため、非常に大事な
要素になります

因みに最近はサプリメント等で効率的に
必要な成分を補完出来るものも多く販売
されていたりしますので

そう言ったサプリを試してみながら数値
の改善を確認する、と言うのもひとつの
手だとは思います

例えばこう言ったサプリも有りますが
WEB: レバリズム・L

テレビで一躍話題になりましたよね 笑

そしてもう一つ、脂肪肝などの肝臓系の
疾患やそもそものALT 等の数値の改善に
重要な事が「運動する」と言う事です

取るべき運動の方法(種類や内容)等は
人それぞれの考え方も含めて考慮すべき
だと思いますが

※正しい方法と言うのは決して
 一通りでは有りませんので

一つ、ネット上で見つけた専門医の言葉
を引用しておきますと

– 引用 – (ここから)

脂肪肝を治すのに薬は要らない。食事
運動療法に詳しい順天堂大学浦安病院
(千葉県浦安市)の飯島敏彦助教授は

「食事の量を今までの4分の3程度に
減らし、軽い運動を続ければ、2週間
程度でよくなってくる」と話してます

運動は1日20分程度、軽く汗ばむ程
のウォーキングを週3回

食事を制限しながら運動すると、体重
や体脂肪率が減り、GPT(ALT)や
GOT(AST)、γGTPの値も下がり、
1、2ヵ月後には、超音波検査で見た
肝臓の状態も正常になる

– 引用 – (ここまで)

勿論誰にだってすぐに数値が改善されて
早く病気を治療したい!と言う気持ちは
有ると思います

ですが、この肝臓と言うモノに関しては
 「モノを言わぬ臓器」「症状の出にくい
臓器」 
として有名なくらい

恐らくは?長きに渡って、様々な障害に
耐えて今に至っていると思いますので

逆に言えば、肝臓で症状が自覚出来る様
では本当に危険信号だと思います

なので、ALT(GPT)やAST(GOT)など
数値で出始めている内にこそ

やはり早めに、そして時間を掛けてでも
ゆっくりマイペースで対応して行くべき
だと考えるので

ALT(GPT)や AST(GOT)などの数値が
高い!もしくは既に様々な症状が出始め
てる方もいらっしゃるかもですが

是非前向きに、且つ、焦らずに対応して
頂けたらなって思ってる次第です☆


      スポンサードリンク

[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る