今回は子供を虫歯にさせない感染予防の
知恵と題しまして

ごく一般的に知られてる虫歯の予防方法
から歯医者さん等で教えて頂く虫歯菌の
感染予防に至る中でも

お子さんをお持ちの親である大人の人に
是非知っておいて貰いたい!

子供を虫歯にさせない予防の中でも特に
重要なモノを幾つか紹介致しますね


      スポンサードリンク

子供を虫歯にさせない、させたくない!
と言うのはお子さんを持つ親であるなら
皆さんが持つ共通の認識だと思いますが

単純に食事の後は歯磨きをしましょう!

・・・と言うだけでは済まされないのが
最近の子供の虫歯の状況でして

シンプルに食べ物(飴、ジュース
   等の糖分)に気を遣ったり
フッ素の塗布やシーラントの施策
   を施したり

だけでは防ぎきれない程、様々な経路を
通って、虫歯菌と言われる虫歯の原因と
される菌達が子供の歯に感染しています

注:
フッ素やシーラントに関してはその
毒性に於いて賛否両論有ります
(例:WHOは肯定、ユニセフは否定)

そして現実問題、子供の虫歯、もしくは
それに伴う病気がひどくなった場合には
本当身に詰まされる思いになる訳でして

歯の色(永久歯の場合)が黒い、口臭が
する・・・と言う程度はまだマシな方で
(上記症状もひどいと思いますが 汗)

注:
乳歯の場合は歯の色が白いまま虫歯
が進行する事が多かったりします

頬の腫れや歯茎の腫れなどの痛みで夜に
眠れない日が続いたり

虫歯が進行し過ぎて子供の内から永久歯
の歯を抜く羽目になってしまったり

虫歯の痛みなどは大人でも我慢できない
くらい痛い場合が有りますので

子供ならなおさらかわいそうで見ている
のも非常につらくなりますよね

注:
赤ちゃんや乳幼児の場合、痛みを
感じにくいことから発見が遅れて
歯医者での診察で神経まで侵され
ていたと判るケースがあります
注:
乳歯の神経は大きくエナメル質が
薄いので、虫歯で歯が溶けだすと
スグに神経まで進行します

なので今回は、そう言った事を踏まえた
上で、出来る限り子供を虫歯にさせない
為にはどの様な手段が取れるのか?

と言う事で子供を虫歯にさせない虫歯菌
の感染予防の知恵を紹介して行きますね

こう言うモノ、本当、知っているのか?
知らないか?の違いが大きいと思うので
是非この機会に覚えちゃって下さいね♪

関連が有るかも知れない記事:
■ 「インフルエンザと風邪の見分け方(赤ちゃん、幼児、子ども、大人)」
■ 「夏休みの海外旅行 家族や子連れでおすすめランキング ベスト10」
■ 「赤ちゃん&子供&敏感肌OKな虫除けスプレー アロマ&ハーブ」
■ 「入園式の服装・スーツ・着物・ワンピース?ママ・パパ(母親・父親)」
良かったら参考になさって下さいね

子供 虫歯にさせない 感染 予防

子供を虫歯にさせない感染予防 親の責任編

では早速子供を虫歯にさせない感染予防
親の責任編と言う事で紹介して行きます

まず最初に根本的な所を話し致しますと
 実は正に子供の心配をしている親から! 
(特に母親から)

虫歯菌が赤ちゃん、子供に感染している
と言う結果が報告されています

実際初めて聞いた時には、まさか自分が
虫歯の原因を作ってるなどと言う事実に
ショックを受ける事も有るかと思います

ですが、空気感染もせず、物からも感染
しないこの一般的に虫歯菌と言われてる
ミュータンス菌が

一体なぜ子供に感染するのか?と言う事
を考えた場合に

日常的に子供にするキスが原因で
   親の唾液が子供の口の中に入る
上記よりは間接的ですが親の使用
   したスプーンやお箸を使用する
   事で唾液が子供の口の中に入る

と言う原因が、本当に圧倒的に、子供の
虫歯の要因になり得るのです

特に重要なことは、実は子供の口内環境
と言いますか、お口の中の歯や歯茎等に
生息する菌の勢力は

乳歯の生え始めから子供が2歳半~3歳
になる頃までで既に決まってしまう!と
言われています

判り易く言いますと、赤ちゃんのお口の
中には生まれてからスグに、色んな菌が
生存競争を繰り広げている訳なんですが

その様々な各種の菌の勝負が決まるのが
2歳半~3歳位までと言われていまして

要はその時点でもし虫歯菌が子供の口の
中に存在していなければ

これから子供が成長して行く過程の中で
新たな虫歯菌は侵入・成長が難しい!と
言われているんです

この勢力図?は普遍的で、ある程度
のバランスはずっと維持されるので
最初に虫歯菌が無ければ一生虫歯に
ならないとさえ言われてます

逆に言いますと、この生存競争の過程で
もし虫歯菌が勝ち残ってしまった場合は

虫歯菌が居る口内環境と言う事で子供は
今後一生成長して行く事になるのです

虫歯菌が居るイコール虫歯になる!
と言う事では無いんですけどね 笑
(この部分は後でも説明します)

まぁ親からの感染だけが原因と言うこと
でも有りませんし

普通の日常生活の中では、中々防いでも
防ぎきれるものでもないと思うのですが

知っておけば家庭内でもある程度の対応
は出来ると思いますし

何より重要な事は赤ちゃん、子供の虫歯
予防の為にも

実は親やおじいちゃんおばあちゃん等の
大人や兄弟、姉妹など周りの家族の 口腔
環境を綺麗にしておく! 
と言う事が

日常生活において、子供の虫歯の予防に
非常に大きな役割を果たすと言うコト!

是非、この事は覚えておいて欲しい内容
になります♪


      スポンサードリンク

子供を虫歯にさせない予防 食べ物編

では次に、子供を虫歯にさせない予防の
食べ物編と言う事で紹介致します

そもそも子供が(大人も同じです)虫歯
になる環境としましては

歯と言うモノの存在

糖分の存在

虫歯菌の存在

と言う3つの条件が成立して虫歯になる
と言われています

まるで理科の授業で習うような、植物が
育つ条件とか?火が燃える条件みたいな
感じですが 笑

ミュータンス菌(虫歯菌)はこの糖分を
エサにして酸を作り出し

この酸が歯のカルシウム成分を溶かして
虫歯になる・・と言うのが虫歯が出来る
メカニズムになります

酸が作られない!と言う点において
キシリトールが一世を風靡したのは
正にこの原則にのっとってますよね

そして、歯の存在はさすがに代えがたい
ものでして、虫歯菌に関しましては最初
で紹介致しました

なのでここでは糖分に関して少し説明を
しておきますね

実際は当たり前の話しですが、赤ちゃん
でも子供でも、糖分は成長に必要な成分
な訳でして

糖分を摂取する事は日常生活に於いては
外す事の出来ない前提条件になります

この前提で子供を虫歯にさせない予防
を考えるには、やはり歯磨きは最善の
方法だと思います

ただし、砂糖が大量に入ったお菓子類や
ジュース、清涼飲料の類、乳酸菌飲料に
スポーツドリンクなど

食事以外のモノでも子供の大好きな食品
を挙げればキリが無いですよね

この辺の、食べ物のカテゴリーの中でも
特に嗜好品と言われる分野に関しては

現実的にはお子さんの子育ての一環の中
で利用するケースも考えられますので?

まぁ健康面の事も含め色々な切り口から
この嗜好品に関しては取り扱いを考える
べきだとは思いますが

こと虫歯に対しての予防と言う観点では
糖分を残せばそれを栄養分として虫歯菌
が繁殖する・・・と言うイメージを持ち

出来るだけ早い時期から子供の歯磨きを
習慣化すると言うのは非常に大事な予防
になると考えられます♪

【余談】

子供にとって 「よく噛んで食べる事」 
良い事(消化し易い)と教わってますが

だらだら時間を掛けて食べるのは上記の
「酸が歯のカルシウム成分を溶かし」
時間が長くなる事を意味しますので

・・・実は虫歯にとって良く有りません

お菓子やデザートを食べる時など、時間
を掛けて食べるのは余り良く無い!
って
ことを少し頭に置いておいて下さいね♪

子供に大人気(大人には少し・・・)
アンパンマンの歯磨き 虫歯予防動画

と言う訳でして

今回は子供を虫歯にさせない感染予防の
知恵と題しまして

虫歯菌の予防方法の中でも、お子さんを
お持ちの親である大人の人に是非知って
おいて貰いたい・・・

特に重要な事を幾つか紹介してみました

実際問題、子供を虫歯にさせない!!と
言う事で 色々な方法を探される方は結構
多い 
と思うのですが

虫歯予防の本で有ったり、色々著名な方
のお話しなどを見聞きしましても?

現実社会でソレを実施すると言うことが
中々にして難しいと言う事は

もし既に色々と試された事の有るママや
パパなどで有ればお判りだと思います♪

今回記事に書いた様な事実が事実だった
としましても、実際

やっぱり赤ちゃんに対して熱い
  食べ物はフーフーするでしょうし
おじいちゃん&おばあちゃんに
  食器の事やキスなどスキンシップ
  に関して制限するって言うのは

色々と難しい部分、有りますよね~ 

まぁこうなって来ると、親も子供も段々
ストレスが溜まって来て新たな問題の種
にもなって来ちゃうのですが 汗

いろいろと調べてみると、最近ではこの
 ミュータンス菌(虫歯菌)には感染しない
口腔環境を作る 
って商品も有りまして

実際周りで使い始めた方が居るのですが
使い始めてから2、3ヶ月後に定期健診
に行ったら、歯科衛生士さんに

「□□ちゃん、綺麗な歯ですねっ」

と褒められましたので、中々良い感触を
得てるそうです

まぁこう言った商品を利用するのも一つ
の手段としてアリかなって思いますので

一度試しにご利用になってみても良いと
思いますよ~☆

子供用歯磨き満足度No,1
虫歯菌除去用成分『BLIS M18』配合
WEB:BRIAN(ブリアン)


      スポンサードリンク