飲み会の断り方の上手な理由って・・・知ってて損じゃないかも? 笑
前日・当日のドタキャン理由から、会社の上司に断りのメールを送る場合
の理由までちょこっと紹介致しましょう♪


      スポンサードリンク

日本文化の象徴なのかも知れませんが、年末・年始などの時期に関わらず
この飲み会って言うのは本当、実に様々な理由であらゆる環境、あらゆる
年代で頻繁に行われてますよね

お仕事や会社と言う観点で見たろしても取引先クライアント・顧客と言った
お客さん立場の方との飲み会から

同じ社内での上司や先輩とのサシの飲み会も有れば、職場や部署内全員
の飲み会、同期の飲み会などなど会社・仕事と言う限られた環境において
色んなシチュエーションが想像出来ます

勿論他にもお住まいの地域内での組織や学校、サークル、習い事、教室等
其処に人が集まる環境が整えば・・・

忘年会、新年会、歓迎会、送別会、月例会、懇親会など定期的なものから
イレギュラーなものまでありとあらゆる事が理由になって何らかの飲み会
が開催されてますよね

そして大事な事は、そんな様々な形で開催されてる飲み会が全て楽しくて
有意義で参加する価値が有る!と思えるモノだったら問題無いのですが

・・・要は、参加したくない飲み会も有る!という事ですよね ♬ 笑

断りたい理由は人それぞれですが形態は大きく三つに分かれると思います

1.自分の意思に関わらず、医師の判断、金銭的理由などにより飲み会参加
 が物理的に完全不可能な場合

2.お酒が飲めない、お酒が嫌い、たばこの席が嫌い、大勢での飲みが嫌い
 嫌いな人との飲み会に行きたくない、飲み会参加に価値が見出せない等
 恒久的・持続的にそもそも可能な限りは飲み会に参加したくない場合

3.飲み会に参加出来ない理由が物理的な理由でも金銭的な理由でもどんな
 内容で有れ一時的な理由である場合

但し、この三つに共通した意識に、飲み会を断るにしても幹事役・参加者
の気分を害したくない!人間関係・雰囲気を悪くしたくない!と言うモノが
存在しているハズです

だからこそ・・・飲み会の断り方に思いを巡らせてるはずなので

そこで前置きが長くなり過ぎましたが、そういった様々なシチュエーションで
利用出来る「ザ・飲み会の断り方」と言うモノを調べてみました♪

やはりその相手が上司や先輩である場合と同期・仲間内である場合とでは
意味合いも変わって来ますので理由もそれ相応にすべきだと思いますし

切り出すタイミングと言うか、時期に関しても予め事前に断わるのか直前
の前日・当日のドタキャンなのかでこれも理由を変えるべきだと思います

関連すると思われる記事:
■ 「通勤時間の使い方!おすすめ有効活用方法&過ごし方の最適化♪」
■ 「体臭予防で男性におすすめ、変化を実感する方法5選!」
■ 「インフルエンザの社会人は出勤すべき?何日休むかの治癒証明や診断書」
■ 「ALTの数値が高い 脂肪肝の改善の為に出来る対策」
良かったら参考になさって下さいね

飲み会 断り方 当日 前日 ドタキャン 上司 会社 メール

飲み会の断り方の理由!前日・当日のドタキャン編

飲み会の断り方の理由「前日・当日のドタキャン編」と言うコトではまず
今後の展望もしっかりと頭に入れた上で検討する事が肝要です

と言うのも、前日・当日のドタキャンと言うモノ、実は飲み会の断り方と
しては、実行に移すのが一番簡単なんですが、上で飲み会の断りたい
形態を分けた通り

あなたが長期的に飲み会を断りたいのか?それとも、本当の気持ちとして
行きたいのは山々なんだけど暫くの間だけ、今回だけ行きたくはないのか?
と言う両者でその使用方法を見極める必要が有ります

何度も使えそうな理由と1回だけならの理由の使い分けを意識する!

その上で・・・

前日・当日のドタキャンの理由で最も大事な事はその緊急性と正当性です

「当然行くつもりにしていた!」「行きたいんだけど行けない!」と言う内容
を前面に押し出して、後の理由は緊急性と正当性の有る理由で有れば何を
どの様に言っても(取り繕っても)気分を害するには至らないと思われます

これは多くの場合、上で分けた形態で言う所の3.の場合に当てはまるかと
思いますが、要は「何度もこの理由を使わなくても良い」と言うことから

「1回きりだけ使う理由」などと言うもは本来特に気にしなくても色々な事例
が使用可能だという事になります

では具体例の事例を紹介してみます

[健康系]

●緊急の体調不良を理由にする
 下痢気味などお腹系は納得いきやすいですが、頭痛・寒気・歯痛なども可
●持病的なモノ、直近の健康診断や精密検査の結果を理由にするのも効果的
 ※ドタキャンだけでなくある程度の期間にも利用可
●現在飲んでいる薬を理由にする
●明日、医者で健康診断、精密検査の予定と言うのもアリ

[先約系]

●家族との約束が有る
 妻・旦那の外せない用事に付き合う、止むを得ない子供のピックアップ等
●彼氏・彼女とのデート
 ※この理由は使用の可否を見極める必要アリ
●習い事、教室、講習会、セミナー関係
 授業料等お金を掛けている事をさりげなくアピール
 資格取得で勉強!など、自学・自習的要素だけのモノは理由としてはNG
 ※ドタキャンだけでなくある程度の期間にも利用可
●ジムに通っていてトレーナーに付いて貰っている
 ダイエットしてるから、ジムに通ってるからは理由としては弱すぎてNG
 お金を掛けている!今成果が出てる・出始めてる事をアピール

[不幸系]

●いわゆる危篤系の話しはその後の展開も含め個人的にはどうか?と思う
 両親・子供・兄弟・祖父母の体調不良で、病院の付添い、看病・面倒を見る
 為にこれから実家等に行かなくてはならない等

[金銭系](最近はコレは理由になりにくいと言う巷の噂ですが)
●今月の出費がかさみ過ぎで今回のみ厳しい
●先日のギャンブル(パチンコ・競馬等)で大損した

ここまで幾つかの事例を書いて来ましたが、大事な事は先にも書きました通り
「当然行くつもりにしていた」「行きたいんだけど行けない」と言う気持ちや
内容を前面に押し出す事です

「次回はまた誘ってくださいね!」と言う内容を含ませることも大事でしょう

理由を述べて飲み会に参加しない事の行動自体って実は単純なコトですよね?
けど、そこを如何に感じ良く相手に不快な思いをさせずに断るという部分では

>実は「納得の行く理由」以上に「気持ち面で伝わる部分」の方が遥かに重要視
されます♬(ここは是非覚えておいて下さい)

なので、事例では飲み会を断る理由としてある程度の期間にも利用可なものも
幾つか有ったと思いますが、普段から飲み会に参加出来ない旨をアピールして
おくと言うのも心象的に大事な行動だと思います


      スポンサードリンク

飲み会の断り方の理由、上司・先輩・お客さんにメールの場合の事例

直接面と向かって話す場合や電話で話しての場合などとは別にメールで飲み会
を断ると言うケースも有ると思います

特に顧客や上司、先輩など少しかしこまった対応が必要な場合など、逆に話す
よりもメールで断る方がこちら側は行動に移し易い部分が有るかも知れません
(相手の立場、あなたとの関係、性格?などに依り判断が必要)

但しそうであるからこそ?決して失礼が有っては行けませんので、例え飲み会
のお断りの様な内容で有っても細心の注意を払うべきだと思います

例えば・・・

[事例] 今回は飲み会のお誘い頂きまして誠にありがとうございます。
大変残念ではございますが、当日どうしても外せない用事がございますので
ご辞退させて頂きます事お許しください。
次回は是非参加させて頂きますので、またのお誘いを心待ちにしております。

※顧客、上司と先輩で少し変わってくるのですが、ごくごく親しい間柄では無い
と言う場合だからこその「理由の詳細を敢えて記載しない」と言う手も使えます

勿論、上記の当日・前日ドタキャンの事例の理由を使う事も可能ですが
メールでお断りを入れる場合、正当性のニュアンスが微妙に変わって来ます

例えばですが上記の「金銭系」「先約系」はほぼNGのイメージとお考え下さい
相手がお客さん、上司、先輩と言う立場である事、話している内容で無く書いて
送っている内容で有る事を加味し、よりシビアに理由を選定する必要が有ります

[事例] 今回はお声を掛けて頂きまして誠にありがとうございます。
折角ではございますが、当日はXXにより出席することがどうしても叶いません。
この度は失礼の段、何卒ご容赦くだされば幸いです
是非次回、お声掛けして頂ければ嬉しい限りですので、お誘いお待ちしております。

いかがでしたでしょうか?
こういった飲み会の断り方と言うのは相手の立場、自分との関係、今後その飲み会
に参加したいのか?したくないのか?などなど

様々な内容に依って、適切な理由の選択や言い方・伝え方がケース・バイ・ケース
で変わって来る事と思います

勿論、見方によっては「あなたがその飲み会の参加を断る事に依って、人間関係や
雰囲気などなど、何かが悪化する様なそんな環境には見切りをつける!」と言う様な
考え方も有るとは思います

但し、多くの社会人の方は「それは良しとはしない・・・」という事を前提で、最善の策
を考えてる訳でして、出来れば穏便に乗り切りたい所ですよね
どうかあなたにとって、最善の飲み会の断り方が見つけれる様に願っていますね☆


      スポンサードリンク