今回は眼圧が高い症状と正常値と言う事で、眼圧を下げる為の
生活習慣に関しても解説致しますね


      スポンサードリンク

普段の生活上では何らかの病気を患ったり怪我をした場合でも
それほど馴染みが有るとは思わないのですが

特に眼の疾病を患った場合や、定期検診の結果等におきまして
 眼圧検査を実施して初めて自身の眼圧を知る と言うことが有る
と思います

この眼圧の正常・異常と言う事も、眼圧が高いことに起因した
疾病に関しましても、そも最たる問題点は自覚症状が少ない!
と言う点に有ると思います

眼圧が高い症状の代表格である緑内障に至っても、40代や30代
で発症されている方の多くは自覚が無くて、何と日本国内では
100万人以上が未治療と言われていたりするそうです

こう言った事の原因としましては実に単純で

初期症状で痛みを伴ったり明白な現象が現れない

症状の進行が非常にゆっくり

と言う両方を兼ね備えている為に、いわゆる自覚症状としての
病状の発覚に至らないケースが殆んどだと言われています

そこで今回は、眼圧が高い症状と眼圧正常値と言う事に関して
後、その眼圧を下げるための生活習慣に関しましても、簡単に
解説致しますね

関連が有るかも知れない記事:
■ 「アンチエイジング 肌のハリに効果的 食べ物/サプリ/化粧品」
■ 「ほうれい線やたるみのテープ対策 貼り方や効果、寝る時の利用」
■ 「更年期障害対策の食事(食べ物)やサプリのランキング」
■ 「老眼用サプリメントの効果とは!本当に症状を食い止める?回復する?」
良かったら参考になさって下さいね

眼圧

眼圧が高い症状

では早速ですが、ごく一般的に眼圧が高い症状と言われてます
症例に関して簡単に書いておきます

高眼圧症

緑内障
  (原発緑内障、続発緑内障、発達緑内障)

膨隆白内障

眼圧が高めでも緑内障の所見が全く無い、と言う場合も有って
これを高眼圧症と呼びます

又、白内障は眼圧と直接関係が無い事が多いですが、白内障の
濁りが急激に増加して眼圧が高くなる様なケースも有りまして
複合的に考えますと様々なケースが考えられる様です

冒頭で一般的には初期症状で痛みを伴ったり明白な現象が現れ
ない&症状の進行がゆっくりと書きましたが、急性隅角緑内障
と言うモノも有ります(急な眼の痛み、頭痛、吐き気等)

眼圧が高い症状の代表格の緑内障ですが、緑内障の症例で90%
以上が該当する原発緑内障の中には正常眼圧緑内障と言うモノ
も有って、高い眼圧=緑内障と一概には言い切れません

ちょうどこんな動画が有りました 笑

眼圧正常値とは?

ではそもそも眼圧の正常値とはどれ程の値を指すのか?と言う
話しになるかと思うのですが

様々な眼科医の方も仰っていますが、眼圧、単独の値に関して
「▲▲mmHg なので正常、異常」と言う事は言えないそうです

体重と同じ様に考えてみても、体重60Kgとだけ聞いて正常値か
どうか言いにくいのと同様な感じですね

現在広く一般的に言われている眼圧正常値とは、実際の
測定における 統計的な結果の数値 になりまして

つまり実際に健康な人の眼圧測定の結果が統計上では10mmHg
から20mmHgの範囲
に多いと言う事が根拠になっています

なので、じゃあ 9mmHgや21mmHgだと異常値なのか?と言う
のはそもそも考え方が間違っていると言う事になります

そしてこれは大事な事なのですが、眼圧の測定値と言うものが
変動要素が大きい為に

注意すべき点としては、一回のその眼圧の測定値と言うよりも
定期的に眼圧を測定したその結果の推移が重要だと言う事です

バラツキが有りながらも眼圧が平均的にどんな値か

程度の差は有れ眼圧が上昇傾向に有るのか

眼圧の検査は自宅での測定が難しいので、眼科医で行っている
と思う事からも

必然的に測定結果に依っては当然お医者さんから適切な処方が
されるとは思うのですが、この事に関しては是非覚えておいて
欲しいと思います


      スポンサードリンク

眼圧を下げる為の生活習慣

では最後に、眼圧を下げる為の生活習慣に関して解説したいと
思います

実はひと昔前まで、眼圧は生活習慣などに依存しない、全くの
個体別のモノと定義されていました(今も・・・ですが)

いわゆる「眼球の構造上で決まって来る値」であり、日常生活
に於いて眼圧を下げる為に出来る事は無いと言う事です

逆説的に言いますと、眼圧を上げる事すらも出来ない!と言う
意味にも繋がりまして、生活習慣で改善する余地も無いですが
悪影響も受けないと言う風に言われていました

そして理論的には現在もその説は正論ですので、その事自体に
反論するつもりは有りません 笑

また、眼圧を下げるツボや、大量の水の摂取が眼圧を上げる説
にのっとってお茶やコーヒーの摂取が良いという話し

「うつぶせに寝る事が眼圧を上げる」ので、寝る時は仰向けが
推奨などと、他にも実に様々なことが言われています

そう言った内容のモノが、どれが正しくてどれは正しくないと
言うことよりも、多くの内容は 非常に短期的な効果に関して 
モノだと言う認識を持っています

なので個人的には上記の様な多くの内容は、病状の改善と言う
意味での根本的な解決には役に立たないのかな?と思ってます

そう言った事を踏まえた上で、但し・・・

長い歴史で考えてみて、眼圧が高い症状を訴える方が更に現状
増加傾向に有ると言う現実や

子供には起こりにくく、但し症状の発症は若年齢化してる様な
状況を考えますと、上で書きました通り反論するつもりは無い
のですが、何らかの生活習慣の影響は感じる訳です

なので、直接的、短期的に効果が有る事は考えにくいのですが
長期的な推移を考える上で

個人的には、一般的な生活習慣の改善は、効果が有るのではと
考えています

※生活習慣の改善とは

適度な運動、バランスの良い食事(過度な糖分や脂質の不摂取)
過度なアルコール・カフェイン・刺激物の不摂取、十分な睡眠
ストレスを貯めない

などなど、ごく一般的な事に気を遣うと言う事です

と言う事でして

今回は眼圧が高い症状と正常値と言う事で、眼圧を下げる為の
生活習慣に関しても私見を交えて紹介致しました

やはり検査で眼圧が高い!と言われますと、短期的に下げたい
と思うのが人情ですが

お医者様も言われていますが、眼圧を下げる必要が有る場合は
適切な薬を処方して頂くのが最も正しいと思います

そして大事な事は「定期的な眼圧検査」

この事に勝る予防や対策は無いって思っても過言では無いって
個人的には思っています☆


      スポンサードリンク