今回は 年賀状の夫婦の宛名書き、連名や
書き方について簡単に紹介してみようと
思います

今迄特に気にされなかった方にとっては
えっ?!何の事・・・って思われるかも
知れないのですが 笑

私も含めましてちょっと気になりだすと
これってどうするんだろう??

なんて思う方も居るのかな~って思った
次第です♪ 


      スポンサードリンク

年賀状の宛名書きで普通に今までの友達
やお世話になった方、学校や職場関係の
知人など

あらゆるどんな方であったとしましても
自身が年賀状を送ろうと思う時に、通常
なら宛名書きに対しまして

 それ程悩む様なことも無いのかな~? 
言う風に思います

但し以下の様なケースも有ったりすると
思うのです

以前から知っていた友人・知人が
  結婚した後に夫婦連名で年賀状を
  頂いたが、結婚相手の方は面識が
  無い様な場合
同様に友人・知人が結婚して更に
  相手の方も面識が有るが、自分の
  友達は女性(奥様)の方だったと
  言う様な場合
知り合った方がご結婚はされてる
  ものの、お子さんは居らず、家族
  の年賀状の様な形で夫婦の写真で
  連名で年賀状を頂いたような場合

他にも細かく言いますと、色々なケースが
考えられると思うのですが

要は年賀状を書く場合の夫婦宛の宛名書き
に関しまして・・・

ご夫婦に対する年賀状を送る時の
  夫婦の宛名書きの書き方は?
夫婦連名にすべき?それとも自分
  の友達・知人宛にすべき?
夫婦連名を宛名にする書き方は?

と言う様な事が、ふと?頭に思い浮かんで
年賀状の作成作業が止まってしまう・・・

なんて事が有ったりします 笑

なので、そう言う場合は以下の内容を参考
になさってみて下さいね

関連が有るかも知れない記事:
■ 「年賀状の処分方法・処分の仕方 あなたは捨てる?捨てられない?」
■ 「喪中はがきを出す親族・身内の範囲と時期、祖母、祖父、義父、義兄?」
■ 「年賀状の保存・保管・整理方法 スキャン?アプリ・ソフト?ファイル?」
良かったら参考になさって下さいね

img_4963

年賀状 夫婦の宛名書きや連名の書き方

では早速なんですが、簡単に、年賀状の
夫婦の宛名書きや連名の書き方について
紹介してみます

ちなみにこれは「決まり」や「礼儀」と
言う様なモノでは有りません

※色んな人間関係や立場の違いや環境等
 で考え方が変わるので

逆に言いますとルールを決めてしまえば
簡単になると思いますので、以下の内容
を参考にしてみて下さい

例えばですが・・・

自身が女性で既婚の友達(知人)も女性
だった場合・・・
(このケースが実際多いのですが 笑)

ご主人と面識がある場合
  → 連名の宛名
ご主人と面識がない場合
  → 友人・知人の名前のみ

※但し、一応の例外としましては、この
 友人・知人などの年賀状を送る相手が
 親戚関係に該当するような場合・・・

 今後の親族としてのお付き合いが想定
 される事からも、例えご主人と面識が
 無かったとしても、連名の宛名書きで
 年賀状作成が望ましい様に思います

※又頂いてる年賀状が連名で有る事への
 気兼ねが有る様でしたら

 「ご主人にも宜しくお伝え下さい」等
 の挨拶文を文末に添えたりするのも手
 だと思います


      スポンサードリンク

年賀状 夫婦の連名の書き方

では次に年賀状で夫婦の連名の書き方に
関しても少々・・・

今のご時世、男尊女卑や男女雇用均等法
女性優位など、まぁ色んな考え方が有る
と思いますし

年賀状を送る側、頂く側で価値観の違い
なども有ると思いますし

何が正しいと言う風に明確に割り切れる
ものでは無いと思うのですが

ごく一般的な話しとして所帯主である
旦那様(ご主人)をメインに

奥様はその左横に並べて記載する書き方
が主流です

※例え奥様側の方が何十年来の友人で
 旦那様が数回程度の顔見知りと言う
 ことに依る違和感が有ったとしても
 連名で宛名を書くのなら

※苗字は旦那様の方のみでOK

※連名の両者共に語尾に様付け

【余談】
ちなみにこの様な動画も有ります

宛名書き(連名)のポイント

これは 「そんな考え方は古過ぎる~!」 
と言われてしまえばそれまでの話しなの
ですが

そもそも年賀状自体が古い文化が連綿と
続いて来ている慣習な訳でして

様々な時代背景と共に色々な所で違和感
が出るのはもはやしょうがないかな?と
思う次第です 

と言うことでして

今回は年賀状の夫婦の宛名書きに関して
連名や宛名の書き方について簡単に紹介
してみました

まぁ実に大した事の無い話しで恐縮なの
ですが、少し「アレ?」って思う方等の
参考になれば嬉しいですし

ある意味ではこの内容を参考にされなく
っても問題も無いかなって思います

ここではごく一般的な考えかたについて
のみお話ししましたが

やはり年賀状を送る側と、受け取る側の
関係性などは色々複雑な状況も考えられ
ますし

それを 一番把握されてるのは他でも無い
皆さん 
だと思いますので

臨機応変に対応されても全然問題無い!
って個人的には思ってます♪


      スポンサードリンク

[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る