今回はニュージーランド 求人情報 日本人(ワーホリ含)向け
サイトまとめ!と題しまして

海外の中でも最近注目度が上がって来ているニュージーランド
に特化した求人情報を掲載している

日本人(会社員・ワーホリ・学生含め)を募集しているサイト
もしくは広く全般に求人情報を公開しているサイトも合わせて
紹介して行こうと思っています


      スポンサードリンク

昨今海外で仕事をする!と言う事がそう珍しくも無いご時世に
なって来たのかな?と言う気もするのですが

いわゆる同系列の会社の海外支店や子会社、もしくは営業所や
工場等に海外赴任・海外駐在すると言う様な事とは違いまして
(別会社への出向と言う事も有ると思いますが)

純粋に、と言うと語弊が有りますが、 一から求人情報を頼りに
仕事を探して、求職、応募、就職と言う様な経緯を経て 
、海外
で滞在、お仕事される様な人達がかなり増えて来ています

この動機や背景と言った物には様々なことが考えれるのですが
いずれにしましてもこう言ったステップを踏む事の何が有利か
と言いますと?

明らかにビザの取得に関して優位性が有ると言う事は、間違い
の無い大事な部分だと思います

関連が有るかも知れない記事:
■ 「年末年始の海外旅行でニュージーランド航空券購入の注意点のまとめ」
■ 「海外移住と仕事 資格や家族 ビザとの関係」
■ 「転勤や海外赴任の留守宅管理サービス(防犯・賃貸)の評判」
■ 「オークランド(ニュージーランド)の治安【実際の所】」
良かったら参考になさって下さいね

一部ワーキングホリデービザ(ワーホリ)で現地に滞在されて
いらっしゃる方などは、既に「求職、並びに就業出来るビザ」
が有る状態なので問題無いのですが

ワーホリ取得年齢を既に超えている方、学生やビジターの方々
と言うのは就業に感して制限が有るのが実情でして

其処に関しては、今回のニュージーランドでの求人に限らずの
事だとは思うのですが

ワークビザ(就業ビザ)が無い状況では例えニュージーランド
の現地に入って来たとしても? 就職活動、求職活動にさえ支障 
が出てきますので

やはり一からの就職を考える上では、求人情報を押さえた活動
と言う事が王道であり本筋だと理解致します

   ニュージーランド 求人 情報 日本人 ワーホリ サイト

話しをニュージーランドの求人情報に戻しますと、昨今の情報
としましては

やはり勤務する場所として、オークランドが圧倒的なシェアを
誇っている傾向に有ります

※勿論、仕事の業界や職種等に依って違っては来ますが

特に、ニュージーランドと言う国は日本と同様の形をした島国
なので?親近感を覚える部分も有るかもしれないのですが

その市場規模と言う観点で比較した場合、 両者には圧倒的な差 
が有ると言う認識はあらかじめ持っておく必要はあります

なので日本と比べるとどうしても、そもそもの職種の数や募集
している人数などが、桁違いに?(圧倒的に?)少ないことに
驚かれるかも知れません 笑

ですがその上で、首都のウエリントンや日本人が最も居住して
いると称されるクライストチャーチと比較しましても

ビジネスや企業がある程度集中しているオークランドでの求人
が多くなる傾向には有ります

   01_R

又、各職種毎の求人情報の数、実際に募集している求人数にも
それぞれ大きく幅は有ると思われます

ワーホリの方が滞在期間中の仕事の募集を探しているケースと
日本から就労ビザのサポートを含めた形での仕事を探している
のとでは、一般的に職種に違いが出る傾向が有ると思いますが

オークランドに限らずですが、NZの基幹産業である観光(旅行
ホテル関連)飲食(レストラン・カフェ関連)、留学、翻訳等
と言う情報は巷にも転がってるレベルだと思います

ですが、専門性の有る職種・仕事や自身のビザサポートを考慮
した職種・仕事と言うモノは 「単なる職探し」と言うモノ とは
少し違って来て当然ですよね

但し、一つニュージーランドの求職で覚えておいて欲しい内容
としましては

特に企業と言うよりも中小の会社・お店のビジネスオーナーや
マネージャーが求める人材と言うモノは「肩書き」より「経験」
を重視する傾向が大きいです

これは仕事にも依りますが、「専門性」と言う部分である事も
有りますし、日本人の場合では「英語」と言う部分で有るかも
知れません

これはその職種に依り大きく違って来る部分であって、英語
などは論外にネイティブレベルが求められる仕事も有れば?
本当に大丈夫か?と言うレベルでもOKな場合も有ります 笑
日本でも経験を重視する職種は有ると思いますが、NZの場合
全般的に、より一層、その傾向に有ると言う認識が良いかと
思います

      スポンサードリンク

ニュージーランドの求人情報 日本人をビザサポート

では早速ですが、ニュージーランドの求人情報でも特に日本人
をビザサポートする様な情報を紹介致します

まず日本人がニュージーランドでの就職でビザサポート有りき
で求人情報で仕事の募集を探す場合、二通りの考え方が有ると
思うのですが

一つは現地、ニュージーランドでの募集、もう一つは日本での
募集と言う事です

この二つの募集形態で何が違っているのかと言いますと、厳密
な決まりは無いのですが、個人的なイメージでは

日本での求人情報

日本に本社が有る会社の現地法人の求人募集、比較的大きな
会社の求人募集

ニュージーランドでの求人募集

特に何らかの条件が有ると言う事では無い分、求人情報の数
や種類が多い

と言う風に考えられたら良いかな?と言う風に思います

その上で一つ大事な事は、ニュージーランドの現地の会社自体
はビザサポートの事を基本的には意識してないと言う現実です

当たり前の話しですが、どんなビジネスオーナーでも、英語が
不得意でビザの面で色々面倒な人材よりも、 同レベルで有れば
そう言った事をしなくて良い人材 
を選びます・・・普通は 笑

※勿論、其処に能力・経験が加味されて検討はされるのですが

昨今、特に日系の会社、お店に関しては一応は日本人の応募を
念頭に置いたビザサポートを掲げている、もしくは逆に?謳い
文句にしている様な所も有りますが

基本は「こちらから依頼して初めてビザサポートも含めた求職
である事」として検討が始まると思われます
(前歴が有ればまた別なんですが)

なので最も手堅いと言いますか、正当な手立てを踏んで日本人
がビザサポートを考慮した形で仕事を得る方法の一つとしては
日本での求人募集を利用した形になるかと思います

以下のサイトはニュージーランドの仕事の募集が割合掲載され
易い、外すべきで無い求人情報サイトになりますので

まだ現時点では色々不確定要素が有ると言った様な場合にでも
登録だけは済ませておく事をおすすめ致します

登録は面倒かも知れませんが、毎回チェックする事無く色々と
求人募集情報を入手出来るので結構便利です♪

リクルートエージェント:
WEB:リクルートエージェント

BIZREACH(ビズリーチ):
WEB:会員制求人サイト

リクナビNEXT:
WEB:リクナビNEXT

   ニュージーランド 求人 情報 日本人 ワーホリ サイト

ニュージーランドの求人サイト

では次にニュージーランドの求人サイトと言う事で、一般的な
求人情報を提供してくれる様々なサイトを紹介して行きます

まず一番堅いそして信頼出来る情報源としまして、政府公式の
「求人情報サイトを紹介する」サイトが有ります 

careersnz
WEB:http://bit.ly/1EU8cd4

まぁここに掲載されている「求人サイト」は疑うべきでは無い
と言えると思います♪ 笑

で、今回はそんな中でも?と言いますと

【一般求人サイト】

trade me(トレード・ミー)
WEB:http://www.trademe.co.nz/jobs

ニュージーランドの超人気ポータルサイト内の求人カテゴリー

求人情報のみならず賃貸情報から物販(不動産、車、生活品等)
オークション、エンタメに至るまでカテゴリー分けされた情報
はニュージーランド在住者が最も活用しているサイトの一つ!

seek(シーク)
WEB:http://www.seek.co.nz/

NZとAUSだけにに特化した求人情報サイト

ニュージーランドNo,1の求人数を謳い文句に掲げています

【特にニュージーランドへの移民向けの求人サイト】

Seasonalwork
WEB:Seasonalwork.co.nz

期間限定、季節性のある仕事に特化した求人情報サイト

New Kiwis
WEB:http://www.newkiwis.co.nz/

現在ニュージーランドに居る、居ないには関わらず、NZで住む
そして働く事を希望する方の求人情報サイト

【日本人向け求人情報】

NZ大好き・掲示板
WEB:http://nzdaisuki.com/classified/job

ニュージーランド在住日本人向けポータルサイトの求人掲示板

ほぼ日系の会社、お店の求人募集情報なだけにビザサポートに
関わる話しを含んだ情報も有りますが、ワーホリの方々向けの
仕事に寄ってます

と言う訳で今回は

ニュージーランドの求人情報 日本人(ワーホリ含)向けサイト
のまとめ!と題しまして

海外の中でも特にニュージーランドの求人を扱っている日本人
を募集している情報、広く全般に求人情報を公開しているもの

日本のサイト、ニュージーランドのサイト合わせて幾つか紹介
してみました♪

言わずもがなですが、ニュージーランドに限らず、求人の募集
と言う情報はある意味ではタイミングで有り、ある意味では
とも言えると思います

今迄ニュージーランドでの仕事を探されてる色んな方々を見て
来ましたが

専門性に長けている(素晴らしい前職や長い経験)

英語に長けている(輝かしい英語関連の職歴や資格)

だからニュージーランドでの就職が上手く行く!と言うことは
 イコールの様であって全くイコールでは有りません 

この事は、ニュージーランドで仕事を探される上では励みにも
戒めとしても受け止めて頂きたいのですが 笑

是非、皆さんそれぞれの目的が達成出来る形での就職、又その
前段階となる求人情報に出会える事を期待していますね☆


      スポンサードリンク