お中元 喪中の場合のマナーや熨斗・のし紙の注意事項 と言う事で
今回は喪中期間中に送るお中元に関しまして解説致しますね


        スポンサードリンク

お中元やお歳暮と言うモノは、もはや日本で社会生活を送っている
方々からしますと、ごく一般的な年中行事と言っても差し支えない
イベントと言えると思います

実際にお中元を送る相手の方の種類と言うのも同じ会社の上司から
取引相手の社長さん、習い事の教師や、お住いの大家さんなどなど

シンプルに会社やお仕事関係の場合に囚われず、昨今は実に色んな
ケースでのお世話になった方々への御挨拶・コミュニケーションの
一環
としてもお中元やお歳暮は利用されている感じです

ところがそんな割合普段の生活に既に馴染みのある、習慣化された
お中元(お歳暮)に関しましても、ちょっとイレギュラーな事態の
場合にはその対応やマナーに関して戸惑う事も有りますよね?

具体的に言いますと、まぁタイトルで書いた通りですが忌中や喪中
の場合に送る、お中元に関するマナーや熨斗(のし紙)に関して等
です

そこで、今回はそんなお中元に関する喪中の場合におけるマナーや
熨斗(のし紙)についての注意事項と言う事で、少し判り易く解説
してみたいと思います♪

関連するかも知れない記事:
■ 「喪中はがきを出す親族・身内の範囲と時期、祖母、祖父、義父、義兄?」
■ 「お中元のお返し お礼状やのし 金額の相場 いつまで の?を解決!」
■ 「コーヒーギフト 高級 人気 おすすめ商品ランキング 2016」
■ 「お盆休みの結婚式の賛否を問う 迷惑?安い?」
良かったら参考になさって下さいね

     お中元 喪中 マナー 熨斗 のし

お中元 喪中の場合に送る事の是非とその対応は?

ではまず最初に根本的な話しと致しまして、お中元を喪中の場合に
送る事の是非とその対応は?と言う事で解説致します

但し以下の内容をお読みになって、判断があなた任せになる部分が
少し有ると思いますので、其処の部分に関してはあなたのご判断で
決めて頂ければ良いと思っています♪

では、まず大前提をお話いたします!

お中元やお歳暮と言うモノはお祝い事とは関係無く、日頃お世話に
なっている事への感謝の気持ちであるとか、疎遠になっていること
へのお詫びの気持ちと言うモノを品物に託して贈る

・・・と言うコトですので、いわゆるお祝いと言う意味での贈答品
では決して無いと言う事です

つまり、喪中であってもお中元をお贈りする事も、勿論、頂く事も
全く問題は有りませんしマナー違反では有りませんので、安心して
お中元(お歳暮)をお贈りして頂いて結構です

で、上記が「大前提」とした上で幾つかの注意事項が有りますので
以下の内容も参考になさって頂ければと思います

まずお中元をお贈りする場合に何故、皆さんが喪中を気にされるか
と言う切り口で考えた場合、幾つかの懸案事項が思い浮かぶかな?
と思います・・・それは

▲その1.
忌中・喪中期間中、つまりルールや礼儀は度外視しても
未だ悲しみに浸っている最中にお中元を贈る事は、相手
の心情を思いやった場合にどうなのか?と言う点

▲その2.
忌中・喪中の場合で、例えばお亡くなりになった日から
まだ日も浅い状況では何かと忙しい・慌ただしい状況で
お中元を贈ると、相手に気を遣わせるのか?と言う点

▲その3.
相手がどうこうと言う事もさる事ながら、ルールとして
社会的な通念上、周りから・相手からどう思われるのか
と言う点

他にも細かく言えば有ると思いますが、概ねこう言った点を含んだ
内容が多いのかな?と想像します

其処で、少し上記に関わる内容に関して付け加えて解説しますので
判断の参考になさって下さい



■忌中や喪中の意味とは?又その期間?

まずは忌中や喪中とは?また、それぞれの期間は?と言う事を把握
しておく事が大事だと思います

そこで忌中や喪中と言うのモノを簡単に言いますと、宗教に関わる
言葉
なんだとお考えください

喪は儒教に起因するもので、慶事を慎むものとされており、仏教や
神道では喪とは言わずに忌と言います

そしていわゆる喪中や忌中と言う期間に関しましても、ごく一般的
には喪中期間は1年間、忌中期間は49日と考えられていると思います

※宗派等に依ってもまた違いが有る様です

又、行政的な話しで言うと、昔は服喪期間は「父母の死亡の場合は
喪は50日」「義父母、祖父母の場合は喪は30日」「夫の場合は
30日」「妻、嫡子の場合は20日」と厳格に決まってました 汗

ですが戦後、混乱に乗じて通例は曖昧になり、喪中ハガキ等の事も
含めまして、通説、俗説、根拠があやふやなまま現在に至ってます

■忌中や喪中期間を意識してお中元を贈る場合

ではこう言った点を考慮される場合の忌中や喪中の場合のお中元で
考えうる事柄や対応としてどんな事が考えられるのかと言いますと

●まず、お中元を贈る事自体は全く問題有りません 
 (冒頭、申し上げておりますが 笑)

●心情、心労、お手間等々を考慮されて、普段お世話に
 なっている事へのお礼のお手紙、お礼状
 を付けられるのも良いと思います

参考文例・例文

初夏にはご不幸がありまして、お悔やみを申し上げます。
平素より大変お世話になっておりますので、細やかですが
気持ちばかりをお届け致します。

 マナー違反では無いと判った上でもあなたのお言葉で
 一言添えてあげる事は良いアイディアだと思います

●気になるようでしたらお中元とせず、時期をずらせて 
 暑中お見舞い(お盆まで)や残暑お見舞い(お盆以降)
 などの形でお贈りする

 仏事などの日の近さを考慮されて、少し間を取る様な
 意味合いとお考えください

※これに関しては後で熨斗(のし)の所で説明致します

これは単なる提案と言う事になりますので、事例として参考にして
頂ければと思います

お中元 喪中期間に送る場合のマナー

では次にお中元 喪中期間に送る場合のマナー と言う事でもう少し
よくやってしまうことを紹介しておきます

まぁこれはマナー違反に当たるのかどうかの判断は難しいのですが
そこそこ見聞きする話しですので参考までに書いておきますね

まず、忌中・喪中の場合に関わらずお中元を贈る事自体は全く問題
有りません(既に何度も言ってますが 笑)

ですが、忌中や喪中と言う事を意識する余り、お中元の品に御線香
などの仏事に関わる品を贈るのはマナー違反
と言われています

お中元はお中元として、先にも書きました通りお世話になった感謝
の気持ち、疎遠になっている事へのお詫びの気持ち等に代表される
ものであって仏壇にお供えする物を贈る訳では有りません

もしそういう形にしたいのであれば、それはまたお中元とは別対応
にすれば(御供え、忌中見舞い等)構わないと思います

後、もう一つ良く有る事例としまして熨斗(のし紙)に関する内容
が有りますので、それはすぐ次の所で解説致しますね


        スポンサードリンク

お中元 喪中の場合の熨斗(のし紙)

では最後にお中元 喪中の場合の熨斗(のし紙) と言う事でも少し
解説しておきます

ここまで書いて来た中で、何度か言及した部分が有ったかと思うの
ですが、忌中や喪中期間中の場合に贈るお中元に関しまして、少し
注意を払っておきたいのが熨斗(のし)になります

と言いますのも、例えば熨斗(のし紙)をご自身で用意される場合
と違いまして、百貨店やギフトショップなどで手配される場合では

一般的に、お中元やお歳暮の熨斗(のし紙)には紅白リボン結びの
水引が既に印刷されてしまってる場合が有ります(※多いです)

で、上で触れた部分になるのですが、この水引の熨斗(のし紙)が
実はマナー違反と言われる事も有ったりするようです

つまり、お中元を贈る事自体は祝い事で無いので問題無いのですが
紅白蝶結びの熨斗(のし紙)がおめでたい意味、祝い事を指してる
のが良くない
と言う事ですね

※後、お中元で黒水引き(白黒結びきり)はお避け下さいね

なので、これも気にされる方は!と言う事での対応策ですが、熨斗
(のし)を貼らずに包装紙だけで送っても良いと思います

後は最初の所でも書きましたが、少し時期をずらせて暑中御見舞い
や残暑御見舞いと言う事で対応されても良いと思います

この場合も、通常暑中御見舞いや残暑御見舞いの熨斗(のし紙)は
紅白蝶結びですので

まずは上の方で触れていますが喪中期間と言うその期間
をどう考えるのか?

更にその時点で忌明け、喪中明けに既になってるのか?
又はそれを気にされるのか

と言う事を考慮されて熨斗(のし紙)を選ばれて下さい

例えば極端な例では余りにも葬儀の直後なので贈る日程
を多少ずらしはしたが、それでもまだ喪中期間と言う事
だって普通に有ると思いますので

ですがこう言ったこと、全て含めまして、どの程度配慮するのか?
どんな形で配慮するのか?は様々なケースバイケースが考えられる
と思います

と言うことで今回は、お中元 喪中の場合のマナーや熨斗・のし紙の
注意事項と言う事で、喪中期間中に送るお中元に関しまして事例を
交えながら対応方法を解説してみました

こう言う事と言うのは、本当、宗教的な事、慣例、通例から単なる
思い込みに至るまで色んな事が絡んで来て、簡単な様で話しが少し
ややこしくなるケースも有ったりする様です 

特に思い込みの部分で「マナー違反と思ったり」「思わなかったり」
などと言う部分はたまに行き違いを生んだりもします 笑

やはり現実問題、ご存知の方と知らない方との認識の差と言うのは
実際何処かではバッティングする事も有りますよね

後、こう言った事の非常に難しい部分は「ルールはルール」と言う
所が有る一方で、人を思い遣ったり配慮したりする気持ちの部分
有ると言う事だと思っています

なので今回は私も冒頭で「大前提」と言う、ある意味では結論です
みたいな感じで、最も基準になる部分を書かせて頂きましたが

あなたの判断にお任せする部分が有る、と言う様な書き方をさせて
頂いた様に、考え方としては色々な考え方が有ると思っていますし

実際は仏事が有ったお宅やお中元を贈りたい相手と亡くなった方の
関係の近さ等にも依って色々細かいニュアンスも変わりますよね

考え過ぎるとキリが無いので、何処かで線引は必要だと思いますが
是非、納得の行く形でお中元がお贈り出来る事を期待しています☆


        スポンサードリンク