今回は熱中症にともなう頭痛、吐き気や
発熱の対策や治療(治し方)等に関して
ご紹介していきたいと思っています

熱中症 頭痛 吐き気 発熱 対策 治療 治し方

まず、以前の記事でも書いてる内容では
あるんですが

そもそも昨今の夏の暑さって、昔と比べ
気温的には少し尋常じゃない上がり方を
してるって思いませんか? 汗

以前にこんな記事も書いています
■ 「夏バテ対策の食べ物や食事(食材・料理)と飲み物」
■ 「熱中症対策 グッズ ランキング! 首へのスプレーやタオル以外も」
■ 「熱中症でめまいや吐き気 その原因と対処方法」
■ 「夏バテの運動不足解消 その対策や高齢者向けアイディア」

そう言ったような環境的な変化も有って
(近年気温が上昇して行ってると言う)

逆に職場、病院や商業施設等の屋内では
冷房の設定温度が結構低めに設定されて
いたりする為に

特に夏の炎天下での猛暑日等は、屋外と
屋内で、急激な温度差が生じるケースも
増えている状況でして

熱中症や夏バテも含めまして、自分自身
の体のコンディションをコントロール&
維持するのが難しい状況
になってきてる
様に思います

で、そんな状況下に於いては特に熱中症
の諸症状で頭痛を伴った吐き気、発熱や
めまいの他にも

倦怠感、疲労感、けいれんなどで悩んで
いる方たちが、毎年結構な数居られたり
しています

しかも、中にはその頭痛が続く(数日や
一週間、更にもっと長く?)と言う場合
も有ったりでかなり深刻なんです

※私の友人はこの頭痛が続く+吐き気の
 両方で悩んでいました 

そこで今回は

熱中症による頭痛や吐き気、発熱の対策
や治療(治し方)に関しまして、色々と
ご紹介していこうと考えています

関連するかも知れない記事:
■ 「ノロウイルス感染の対策!家庭で消毒(スプレー、キット、手洗い)」
■ 「汗かきで冷え性は病気?甲状腺機能低下?改善&対策(漢方) 足や脇」
■ 「脱毛エステと医療脱毛の違いや注意点!価格,トラブル,勧誘,機器,回数」
■ 「体臭予防で男性におすすめ、変化を実感する方法5選!」
良かったら参考になさって下さいね


      スポンサードリンク

熱中症による頭痛の症状、いつまで続く?期間?

まず最初に熱中症による頭痛と言う事で
簡単に紹介しておこうと思います

この夏場の暑い日、猛暑日に突然起こる
頭痛と言うモノなんですが

厳密に言いますとこの頭痛と言うモノは
結構奥が深いと言いますか

その原因が、多岐に渡っている可能性が
考えられるので、ハッキリした言い方で

「こうだからこうです!」と原因を特定
することは非常に難しいのではないかな
と考えます

頭痛の原因をざっと考えましても・・・

首の骨・筋

歯の噛み合わせ

肩こり

眼精疲労

日焼け

血管膨張

緊張型頭痛

偏頭痛

などまだまだ沢山有りまして

平たく言いましても「偏頭痛」だったり
「風邪」をひいたりした場合も頭は痛く
なりますし、その上で熱中症の症状とも
言えますので

敢えて厳密に分けると言うことは、素人
の我々には無理な事なのかも知れないの
ですが

それでも出来る限り症状を見極めておく
と言う事は大事なことだと思います

そしてこの熱中症における頭痛の症状の
期間の目安と言いますかいつまで続く?
と言う事なのですが

本来軽い症状、初期症状で有れば数時間
から1日
で症状はおさまる!と言われて
います

しかし、冒頭でも書きました通り、私の
友人は 1週間以上もこの熱中症で頭痛に
悩まされておりました(吐き気も伴う)

本人曰くは風邪でも偏頭痛でもその他の
原因でも無さそうだと言う事でしたので

熱中症による頭痛の身近な事例としては
そう言ったケースも実際に有ります

※友人は医者に行っても結局断定?
 特定?はされ無かった様です
(100%▲▲では無い!完全に■■です!
 の様な診断では無かった)

ネット上を拝見しますと、熱中症の頭痛
と言う事では、さらに長期の症状を経験
された方々もいらっしゃるようですので

本当に目安と言うものは無いに等しいと
考えるのですが

やはり、一日、もしくは日をまたいでも
症状が軽減しない様な場合には

すぐに医療機関で診療を受けた方が良い
と思います

それは症状の程度を早めに見極める意味
も有りますが

頭痛も含めた、それらの症状の長期化は
本当に辛い場合が有りますので

そう言った意味も含めまして、長期化を
防ぐ&進行を低減する為にも

早目の医療機関の受診は、可能であれば
最善の策だと言えます


      スポンサードリンク

熱中症による頭痛や吐き気、発熱の対策や治療(治し方)

では次に、熱中症による頭痛、吐き気や
発熱の対策や治療(治し方)等に関して
紹介していきます

上の所で、最善の策はやはり「医療機関
での受診」と言う事を提案致しましたが

私の友人も、最終的には医者に行ったん
ですが

実際問題現実的にお医者さんに行かれる
と言う方は・・・かなり少ないです 汗

これはやはり社会人の方は一にも二にも
忙しくて行ってる暇が無い!と言う事が
理由に挙がると思いますが

まぁ他にも「面倒くさい」などの理由は
有ると思っています  

いずれにしましても、ご家庭や御自身で
対策、治療出来るのであれば

勿論それに越したことは無いわけでして
ここではその方法(治し方)を、幾つか
紹介致しますね

●熱中症における頭痛で吐き気や発熱を
伴っている場合の最も多くのケースは
「脱水症状」を起こしている(起しかけ
ている)パターンだと考えられます

色々な原因は考えられますが、ここでは
それは置いておきましてその対策や治療
(治し方)としましては

水分の補給!と言いたい所ですが 水分
だけでは片手落ち 
になりますので

電解質、特にナトリウム(塩分)の補給
が必要になります

薄い塩水で十分なのですが、今時?中々
それを飲んで頂くと言うのは味的に無理
が有るのかも知れませんので

スポーツドリンク等で代用されても良い
と思います

特に炎天下、猛暑の中でのお仕事や
ゴルフ・スポーツ等の際にはビール
清涼飲料、氷水だけ飲んでいますと
熱けいれんを起こす危険性もある!
のでご注意下さい

●高温環境を低減することも非常に大事
なことです

屋外・屋内を問わずに、高温環境に身を
置かれていた場合には

まずは涼しい環境に一旦は移る、衣服を
緩め身体の熱を外へ逃がす
と言うような
行動を取って下さい

但し、急激な温度変化は厳禁です!!

特に炎天下である屋外から冷房が極端に
効いた屋内への移動と言うのは

瞬間的な快適さを感じるとは思いますが
身体に様々なダメージを蓄積して行って
います!(絶対避けて下さい)

勿論適度な温度管理のエアコンの使用は
熱中症そのものの発症を防ぐと言う効果
が有りますので

お仕事や家事で屋内にいる場合、または
夜間の就寝時も含めて適温を調整される
事が肝要です

●身体を直接冷やす

高温環境を低減する事と少し被りますが
自分の体を直接冷やす事と言うのも効果
が有ります

頭痛もそうですが、吐き気も発熱も含め
まして、症状はそう急激には改善しては
くれませんよね 泣

医療機関から処方された薬を服用すると
言う場合にはまた別だと思いますが

基本市販薬に頼るのは熱中症の諸症状を
根本解決すると言う事とは少し違ってる
と思います

けど、どうしても我慢出来ない頭痛
などで市販の薬を飲んでしまったり
と言うのは実際有ると思いますが

なので、市販薬と言うことでは無くって
意図的に身体の熱を取る様な簡単な作業
として直接身体を冷やす方法も有ります

それはエアコン(冷房)を付けると言う
気温の変化で間接的に身体を冷やすこと
ではなくて濡れタオルなどで、首の下や
脇の下などを直接冷やすと効果が有る

方法なので是非試してみて下さい

と言う訳でして今回は

熱中症による頭痛や吐き気、発熱の対策
と治療(治し方)に関しまして、解説も
踏まえて紹介してみました!

私の友人は医者に行くまでの間、実際は
もっと沢山の事を色々と試した様です 

具体的には様々なミネラル豊富な食べ物
であるとか?サプリメントであるとか?

ですが、やはり即効性が確認されたモノ
と言うのは無くて、また、結果の判断が
非常に個人的な部分も有りますので

今回はお医者さんに伺った内容をもとに
あくまでも大枠として正しい情報を紹介
させて頂きました

いずれにしましても程度の差は有れども
熱中症での頭痛に伴う諸症状・・・

つらい気持ちはよ凄くよく判りますので
皆さんの症状が少しでも改善される事を
期待しています☆


      スポンサードリンク

[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る