淀川花火大会でのおすすめの観覧場所(スポット)として、有料席
と無料の穴場の2017年版を紹介していきますね


      スポンサードリンク

淀川花火大会とは正式名称を 「なにわ淀川花火大会」 と言いますが
新御堂筋淀川鉄橋から下流の国道2号線迄の淀川河川敷を利用した
大阪を代表する花火大会の事になります!

ちなみにこんな記事も書きました
■ 「淀川花火大会の見える ホテル・レストラン&予約 2017」

淀川花火大会の特徴を挙げるとすると、確かに何発打ち上げるのか
どんな種類の花火を打ち上げるのか?と言う規模感でも相当存在感
が有る大きな花火大会なんですが

ちなみに・・・淀川花火大会の打上げ数が何発なのか?
と言うのは非公開なんです

秘匿性を出してるのか?単にいい加減なだけなのか? 
真実は闇の中ですが、何発かぐらい公表してくれても
良いと思うんですけどね~ 笑

淀川花火大会の特徴とは、そう言った人々が関心を持つ様な、花火の
種類や何発打ち上げするのかと言う様な花火の内容の部分では無く

淀川と大阪の街を愛する地元ボランティアスタッフが、周辺の企業や
商店など地域住民の方々のご寄付のみによって財政をまかない企画
運営・実行を手がけると言う

まさに「手作りの花火大会!」と言う部分が、一番大きな特徴と言える
と思います♪

どちらかと言うと、何処かの会社がスポンサーだったり、地方自治体
が主催だったり・・・と言う花火大会が昨今圧倒的に多いと思うので

まぁ花火をご覧になる皆さんには、直接的には関係ない話しなのかも
知れないのですが、関西人としてちょっとは知っといて貰いたいなぁ~
・・・と思って記載いたしました 笑

では次項より、淀川花火大会でのおすすめの観覧場所を、有料席と
無料の穴場スポットに分けて2017年版としてして紹介致しますね

まずは・・・とくとご覧下さい

関連するかも知れない記事:
■ 「みなとこうべ海上花火大会の交通規制と穴場の駐車場2017」
■ 「レストランで生演奏(ジャズ・ピアノ等)大阪・神戸・京都ランキング」
■ 「天神祭の花火 2017のおすすめスポット&ポイント【7選】」
■ 「バーベキュー(BBQ) 神戸、雨OK!屋根付き手ぶらの施設・スポット」

良かったら参考になさって下さい

淀川花火大会 おすすめスポット・場所 有料席 2017

ではまず最初に、淀川花火大会の2017年版として、おすすめスポット
(場所)の内の一つ、有料席 2017を紹介致しますね

これは人に依って考え方が違うのですが

▲お金を掛けてでも花火の打ち上がる場所のごくごく近く
 いい場所を押さえたいと思ってる人

▲無料の花火大会を見に行くのに、協賛観覧席など有料席
 を利用するなんてナンセンス!お金を掛けずに見れる様な
 おすすめの無料穴場スポットは無いのか?と探してる人

特に気にせず淀川花火大会の会場に向かう人以外の、いわゆる
おすすめのスポットやいい場所を探してる場合と言う方は、結局は
どちらかの意見に分かれると思います

そんな訳で、どちらのご意見も至極もっともなご意見だと思いますし
毎年、同行者やその時の気分、状況などで使い分けてると言う方も
いらっしゃると思います

なのでここでは一応、有料・無料を問わず、両方のパターンで紹介
致しますので、自分が必要としてる方では無い方の情報に関しては
そんなの必要ないよ~!と思われると思いますがご容赦下さいね♪

淀川花火大会 有料席

淀川花火大会では毎年公式に有料席として観覧席や納涼船の設定
が有ります

現時点で2016年の概要は、公式サイト自体がまだ公開されていない
事も有って未確定ですが

例年通りだとしますとある程度は確定している内容も有ると思います

▲6月1日に有料席のチケット販売が開始

▲淀川を挟んで【十三会場】と【梅田会場】が設定されます

▲より打ち上げ場所、花火が上がる場所に近いスペースと
 致しまして

 エキサイティングシート、アリーナシート、パノラマスタンド
 ダイナミックシート、ステージシートの有料観覧席が有ります

▲昨年は夏ぴあシート、セブンイレブンシートも同時併設

▲有料席の料金は、前売りで2500円(ダイナミックシート)
 から8000円(エキサイティングシート、ステージシート)迄
 な感じで納涼船の料金は16000円しました [全て大人料金]

※詳細は公式ホームページをご確認下さいね


      スポンサードリンク

淀川花火大会 おすすめの場所 無料穴場スポット 2017

では次に淀川花火大会のおすすめの場所の中でも無料穴場スポット
2017年版を紹介致します

淀川花火大会 無料穴場スポット

無料の穴場スポットの考え方としては、ひとえに人の多さと距離の
バランス
に尽きます!

淀川花火大会の会場から離れる(距離が有る)程、花火が小さいし
音が遅れて聞こえたり、障害物の可能性が有る事にも繋がります

又、穴場スポットが広いか狭いかに依っては人の集まり具合次第で
立ち見なのか?座ってゆっくり見れるのかも変わって来ます

勿論、打ち上げ場所から出来るだけ近い場所、花火が出来るだけ
大きく見えるいい場所に越した事は無いと思うのですが

60万人の人出が集まるこの淀川花火大会に於いては誰も知らない
秘密の穴場スポットと言うものは、人の居住エリア、会社の事務所
などなど、プライベートな場所を除いては「もはや存在し得ない!」
お考え頂いて結構です 笑

そう言った点を頭に置いて、以下のおすすめ穴場スポット(場所)を
チェックしてみて下さいね

     淀川花火大会 花火 大阪

1.淀川河川公園西 中之島地区野球場
 淀川河川敷

穴場と言ってもある程度の広さは確保出来ないと落ち着いて花火
を鑑賞出来ないと考える方にも打って付け

去年ベースでも特に早目に場所取りしなくてはいけないと言う事も
なく夕方から落ち着いて出掛けられてもOKです

2.長柄橋

淀川花火大会会場から少し距離が離れている分、全体をよく見渡す
事が出来るおすすめの穴場スポットです

本当混んでいませんし、天六駅からすぐに行けて、アクセスも良くて
何よりも帰りもすごく楽に帰れます 笑

ここがおすすめなのは、淀川花火大会としての露店は無いのですが
天神橋筋商店街がその代わりになると言う事♪

半端無いお店の数、会場周辺の露店に比べて快適に歩き回れます!

3.海老江地区野球場(海老江グランド)
 淀川河川敷

もはや穴場とは言えない程に有名になってるかも知れないですが
一応は穴場スポットの定番?と言われています 笑

※但し、ブルーシートを置きっぱなしにして、無人で場所取りをして
 いても巡視員に撤去されるそうなのでその点ご注意下さい

4.本庄公園

淀川花火大会の会場から距離感が微妙で意外にそれ程混雑しない
公園だと思います

但し、最寄駅の地下鉄御堂筋線、中津駅は大混雑カモ?

5.梅田スカイビル

梅田スカイビルも、もはや穴場とは言えないですかね? 笑
上から見る場所の定番スポットと言う方が正解かも


 

6.阪神姫島駅
 淀川河川敷

淀川花火大会の会場から距離感が微妙で意外にそれ程混雑しない
この辺りから河川敷に降りても人は余り居ないので、落ち着いて
見る事が出来ます

7.スーパー銭湯『あるごの湯』周辺

淀川河川敷・・・では無く何と神崎川河川敷なので、ハッキリ言って
離れて見ますが・・・快適です

花火鑑賞後はお風呂にゆっくり浸かる事も可能です 笑

8.LUCUA (ルクア)

大阪駅北側のノースゲートビルディングにある超有名ファッションビル
10階と11階から花火を見る事が出来ます
混雑次第では入場制限もアリも・・・今時のビルからの観覧では常識?

日常的に当たり前の様に人の多いスポットなので穴場とは決して
言えないのですが、上からと言う点でおすすめ出来る場所ですね

9.「日本ペイント」大阪事業所のビルの前
 淀川河川敷

結構有名になってると思いますが、意外に好みの判れる所なのか
実際に行く人が集中しない穴場スポット

番外編:淀川花火大会を車で見る場所・スポット

毎年ごく一部の方から支持される淀川花火大会の鑑賞方法の一つに
花火を車で見るスポットと言うモノが有ります

「どれだけ離れていて花火が小さくても構わないから」

「音が遅れて聞こえる・・・どころか聞こえなくてもOK」

一見それってどうなんですか?と思われる方も多いのかなって思うの
ですが、やっぱり価値観は人それぞれなので

人混み無し、車内に二人だけの空間、飲む・食べる・音楽もお好みで
と言う雰囲気の優先順位が高いと、車で見るスポットを探される方が
居るのも判る気は致します

但し、これが中々情報が無くってですね 汗

竜王山山頂

何とここから同日開催の神戸の花火大会、奈良で行われた花火大会
京都で行われた花火大会(ほぼ光だけ)と、淀川花火大会の計4つの
花火を同時鑑賞する事が出来るんだそうです♪

何だか新しい鑑賞方法と言える気も致しますし、「花火は可能な限り
近くで大きく」って言うこだわりが無ければ、一度試されても面白い
かな~って思います

このスポットも含めて車で見る場所となると
「山頂系」は、ほぼ候補に挙がって
来るのでは?と言う気がします(例:生駒山)

そう言う観点ではビル屋上の駐車場等も有り得ますし
その場合は距離ももっと近寄れます

       淀川花火大会 花火 大阪

と言う訳で今回は

淀川花火大会でのおすすめ観覧場所を有料席と無料の穴場スポット
とに分けて2017年版としてして紹介致しました♪

花火大会もここまで規模が大きくなって来ますと、本当に場所取りと
言いますか、ゆっくり見る&落ち着いて見る場所を探すと言うことは
至難の技だと思います

私の超・個人的な話しになりますが、こういう規模の大きな花火大会を
見た後で結構マイナーな花火大会に出掛けたりします
(何発か正確に覚えてないですが打ち上げ総数も1万発以下の規模)

そう言う所に出掛けますと、大した人混みも無く、本当に近くでかなり
大きな花火を鑑賞する事が出来ますし、何となく落ち着いた雰囲気で
「風情がある・趣を感じる」と言った感じにもなります

ですが、例えば花火の種類だったり?何発上げるのかもそうですが
やっぱり「物足りなさ」と言うモノは確かに有るかも知れません

結局の所、どちらも【無い物ねだり】なんですが 汗

有難い事に、日本では全国各地で本当に規模の大小を問わず様々な
花火大会が開催されています(夏の限られた期間にはなりますが)

もしチャンスが有る様でしたら?、是非、淀川花火大会を初め、色々な
花火大会に出掛けられて、その花火大会ならではの愉しみ方を満喫
される事を期待していま~す☆


      スポンサードリンク