ニュージーランドでホームステイする場合における、お土産(手土産)に
関する注意事項ご存知ですか?

ニュージーランドでのホームステイに伴う様々な注意事項はあらかじめ
知っておいて不要なトラブル・失敗は出来るだけ避けちゃいましょう♪


      スポンサードリンク

前回、機会が有りまして
「ニュージーランドでホームステイ その費用や値段に関する注意事項♪」
と言う記事を書かせて貰ったんですが

大反響が有って・・・っと言うのが夢だったんですが、それは無く 笑

それでも少なからず反響が有りまして、それならニュージーランドでの
ホームステイに関わる注意事項に関しまして、もうちょっと別の項目に
関してもご紹介しようかな?と思いまして

前回インタビューさせて貰った方々とは又違った、別の方々から聞いた
今度はニュージーランドでホームステイする場合のお土産(手土産)に
関する注意事項のお話しを紹介してみたいと思います

もしまだご覧になっておられない様でしたら、先に前回の記事

「ニュージーランドでホームステイ その費用や値段に関する注意事項♪」
の方も是非ご覧になって下さいね

ホームステイの受け入れ側であるホストファミリーの方々、又はその業界
に関わる様々な方々からインタビューした記事になってます

後、関連すると思われる記事:
■ 「海外旅行の手荷物制限、サイズ(重さ・大きさ)や個数で持込み禁止?」
■ 「ワーホリ・海外留学にパソコンは必要か?タブレット・スマホ代用は?」
■ 「社会人の海外留学 目的やメリットとデメリット 奨学金やその後の就職」
も良かったら参考になさって下さい

      ニュージーランド ホームステイ

ニュージーランドでホームステイ お土産(手土産)って本当に必要?!

ではまず最初に、ニュージーランドでホームステイする際に持って行く
お土産(手土産)に関する注意事項・・・と言うのも大袈裟なんですが
ともかくお土産(手土産)に関するお話しを少々

まずそもそも論で言いますと、ニュージーランドでホームステイする際
お土産(手土産)が要るのですか?という話しからだと思うのですが

賛否両論あると思いますが、ホームステイのホストファミリー側の意見
をまとめますと、基本は要らないと言う答えが実際は多いです

この要らないは、日本語の解釈が難しいんですが「欲しく無い」と言う
よりは、基本そんなに気を遣わなくてもOK、不要ですよ~と言う感じ?

例えて言うならニュージーランドはホテルに宿泊した後に枕元にチップ
は必要ですか?不要ですか?という事を思い浮かべて下さい
※ニュージーランドは習慣としてはチップ不要

けども、チップの元々の意味合いからすると、受けたサービスに対する
お礼・感謝・対価の様な気持ちの表現方法の一つだと思いますので

同じように考えると、お土産(手土産)が要る・要らない論では無くて

▲コミュニケーションの一環・きっかけとして考えたり・・・
(会話でコミュニケーションが万全で無い事を予期して?)

▲自身がそのモノを紹介したい・プレゼントしたい物だったり

▲普段からそういう習慣・価値観が有るのでホームステイに
 行く先だから特に!と言うコトでは無く、いつも通りの事での
 お土産・手土産を持って行きたいと言う事だったり

と言う事であれば、ホストファミリーの方々も勿論喜ばれると思いますし
私個人もソレは有り!と言う風に思います♪

こう言う事はニュージーランドに限った話しでも、ホームステイに関わる
ことに限った話しでも、ましてやお土産(手土産)やチップに限った話し
と言う訳でも無いのですが

とかく海外では日本から行く旅行客と、その周りの環境とに「悪い習慣」
と言うものが構築され、時代と共に改悪化される傾向に有ります

どう言う事かと言いますと、元々そんな習慣は無かったのにいつのまにか
費用が掛かる様な仕組みが出来上がってる事が往々にして有ります

もう少し噛み砕いて言いますと、例えばですがホテルやホームステイ等を
含むアコモデーション側も、旅行客側も、何もそう言う意図が無いのに

間に入る、旅行会社・斡旋業者・エージェントなどの方々が新たな収益を
得る習慣・仕組み・システムを作って利益を確保する、もしくは、経費を
削減すると言う事があったりします

本当にこういうものはお客さん側も現地側もいい迷惑ですが、ツアーでも
ホームステイでも何でもそうですが、何処かの会社を通してパッケージの
商品に申し込んでる場合、「これはそういうものです!」と説明されれば
どうしようもないですよね

まぁ話しが本筋から逸れて行ってるのでこの辺で止めておきますが 笑

少なくともお土産(手土産)に関しては、間に入る会社・人物が得をする
損をすると言う類のものでは無いのでご安心下さい♬

但し、こちら側のお土産(手土産)要・不要の考えとは別に
利用する斡旋した会社/エージェント/語学学校の提携先
であるホームステイが

いつもはお土産(手土産)を頂いてるような家庭だったら
ちょっと注意が必要ですよね
(いつもは有るのに今回は無いの?!みたいな・・・)
 ⇒ これも正に「悪い習慣」です 笑

そして、お土産・手土産は良いのですが、逆にホテル等の
チップの話しは・・・又、別です 爆
この話しはまた別の機会にでも・・・


      スポンサードリンク

ニュージーランドでホームステイ お土産(手土産)の心得・おすすめ

では次に、ニュージーランドでホームステイする際に持って行くお土産
(手土産)に関する心得と言いますか、おすすめとしてどんな物が良い
のか(喜ばれるのか)に関してです

私は今回、色んなホームステイのホストファミリーに正直な所を聞いて
いますので、よく語学学校や留学エージェントのホームページやネット
上のサイトに記載されてる様な

建前の話しやきれいごとを申し上げるつもりは有りません 笑

で、そう言った観点から申し上げさせて頂きますと、ニュージーランドの
ホームステイ先へのお土産(手土産)で、ホストファミリーの相手の方々
に喜ばれるモノを把握するのは・・・やはり難易度高いです♪ 爆

まぁこれは「真剣に考えるなら」という話しです

これは日本でも、普通に友達にモノを贈る場合にも同じ事が言える状況
を想像して貰うと判りますよね(ホントに喜ばれるモノを贈る難しさ)

更に言いますと、そう言った理由からも「ホームステイ先も過度な期待
はしていません」(友達でも無いし、文化も違う国の人が自分の欲しい
喜ぶものをくれるはずが無いと言う意味で)

更にもう少し突っ込んで言いますと、少し夢を壊してしまうような話しなの
かも知れないですが、現実問題、ホームステイとはビジネスとして成立
しているシステムです

ホームステイ先のホストファミリーは皆が皆フレンドリーで、滞在中の
皆さんの生活の事を気遣い、いつもやさしく接してくれる生涯の友人に
なれそうな人達・・・かどうかは当たり外れが有りますよね?

中には、ひどい事をするとか言う訳では無いのですが、ホームステイを
非常にビジネスライクに捉えている所も有ったりします

そう言った所には、お土産(手土産)が全く響かないと言う考え方すら
出来たりします。。。
(そう言う所は守銭奴でモノを貰う事が嬉しいのでは?ではなく・・・
 要は冷めてると言い方が正しいでしょうか・・・)

後は何年もホストファミリーをやってる所等、同じ様なお土産ばかりで
もううんざりとか・・・ 汗

正直な話しを聞いてると、だんだん暗~い気分になって来ますよね 笑

けど、大丈夫です、気にしないで下さい♪

先にもお話した通り、要はそんなこんなで、基本、ホームステイ先でも
過度な期待はしてないと言う事です(良い方に受け取って下さい!)

なので話しを戻しますが、上でも書きました通り、貰う側がそうなので
あれば、お土産(手土産)をあげる側も建前で贈る場合には、それほど
難しく考える必要は有りません(通常はこのパターンが多いです)

と言う訳で、以下は一般的なお土産(手土産)の候補の考え方です

[自分・日本が主体ベース]

▲自分が大好きな商品(何でも構いませんが、なにせ大好きな商品)
▲自分が凄く便利に思う商品(生活用品、キッチン用品など100均でも可)
▲日本らしさがただよう商品(デザインが日本風で有れば何でも)
▲日本にしかないと思える商品(デザインは関係無く物自体が、例:扇子)
▲日本で流行ってる商品など(世界に認識されてるに関係無く流行りもの)

この最初に挙げた、自分が大好きな商品と言うモノ・・・

正直な話し、このいかにも自己中心的なお土産(手土産)の選び方は実は
「功を奏する」ケースが多く報告されています

※これだから異文化は面白いですよね♪

では、何故この様な事が起こるのか?

ベースには今迄書いてきた通り余り期待していないと言う事が有ります!
(悲しいですが、まぁこの前提が有ればこそ「功を奏します」)

その上で「あなたの気に入りそうなものを持ってきました~!」ではなく
「これ、私が好きな物なんです!何故かと言うと・・・・・」に対しては
狙って外した感が無いんですよね(残念さが無い 笑)

ある人は、これは西洋文化が個人主義を尊重するからと言う、難しい説を
説明してくれましたが・・・私にはわかりません 爆

ですが、後でも書きますが、よくありがちな「ホストファミリーに■歳位の
男の子がいるので、世界的にヒットしてる■■のアニメキャラのグッズを
買って行こうと思います」で大失敗!・・・なんて事はざらに有ります♪

※ホストファミリーのお子さんが■■のアニメキャラが好き!と言う情報
 を入手してれば別ですけどね

まぁ上記のようなアイディアは色んな所で見掛けるのですが、一事が万事
それで喜ばれるかと言うと、実際はそうでも無い様です

と言う訳で、次は[相手が主体ベース]です

どう言うことかと言いますと、上で触れた通り、例えばホストファミリーの
家族構成(■歳くらいの男の子がいる)などを踏まえて、それ用のお土産
(手土産)を用意するという様な考え方のことです

これは家族の年齢を考慮する他にも、人数を意識してみたり家族それぞれ
の趣味に因んだ物にしてみたり、お父さんのお仕事絡み、お母さんの家事
に役立つなどいろいろ考えれます(ペット用品とかもアリ)

但し、上でも書きました通り、考えられてる様で実は大失敗!なんて話しは
良く有る事なので、表面的な作戦では失敗の可能性も有ると言う事です

例1:教育ママな家庭のお子さんにアニメキャラのおもちゃでヒンシュク
例2:アレルギー体質のお子さんにお菓子で残念な結果に
例3:高級すぎる食器で貰う側が引き気味に・・・

ここまで読まれたあなたは、では一体ニュージーランドにホームステイに
行く場合にお土産(手土産)どうすれば良いんですか~!!となっちゃう
かも知れないんですが 笑

結局、考えても判らないので気にせず選ぶ!と言う方法以外で意外と成功
している方法に、やっぱり事前調査と言うものが有ります

これは「お土産(手土産)に何が欲しいですか?と直接聞く!」と言うコト
では勿論、決して無くって
 汗

実際にニュージーランドに渡航する前に、積極的にホームステイ先の方々
とコミュニケーションを取っておくと言う事です♪

お土産(手土産)の調査はこちら側の隠れた目的ですが、この、渡航前に
事前にコミュニケーション取っておくと言うのは実際のホームステイ生活
を送る上で結構大事&良い方面に働きます

ここでは長くなるのでその件は触れませんが、例えば相手の環境にも依り
ますが、スカイプ通話をしてみるとか、もっとオーソドックスな方法でなら
手紙を送ったりでも構いません

色んな意味で良いと思えれるんですが、今回の記事に関してで言いますと
こういった渡航前のコミュニケーションを取ってる最中にいろいろと情報を
入手しておくとともかくそれ程お土産で外れる事は無い様です♪

と言う訳で

今回は前回に引き続きまして、ニュージーランドでホームステイする際の
注意事項・心得と言う事で、持って行くお土産(手土産)関しまして

実際生徒さんから挙がっている声や、受け入れ側のホストファミリーの方
そして業界に関わる方々からお聞きした内容を紹介致しました♪

まぁ現実問題と致しまして、日本にも色んな方々がいらっしゃるように?
ニュージーランドのホームステイ先にも様々な家庭が有ります 笑

別にニュージーランドが良くも悪くも特別と言う意味では無く

今回はお土産(手土産)がトピックでの紹介ですが、記事を読まれると
お判り頂ける通り、渡航前には見えない・判りづらい事って色々有ると
思われます

ただ「何事も準備万端で行くのが本当によい事か?」と言うと・・・
色んな考え有りますよね♪

まぁお土産(手土産)に関しましては、失敗してもほとんどダメージの無い
失敗と言えますので、是非前向き、積極的に考えて頂ければそれで問題
は無いと思います

今回の記事を読まれた皆さんが、ニュージーランドでのホームステイで
お土産(手土産)に関する注意事項・心得について少し予習が出来た!
と感じて頂ければ嬉しい限りです☆


      スポンサードリンク